癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

1220.
うちの母が、いきなり癌性胸膜炎でした。
投稿者 : F11投稿日 : 2008/03/20 13:25

いままで、大きな病気を1回もしたことがない母(69歳)です。
というか、病気を120%馬鹿にしていたようでした。
しかし、今年に入って肺のレントゲンをとったら、いきなり片肺が真っ白で
癌のステージ4および腺癌で、余命数ヶ月と診断されました。
免疫治療をやってみようかと思っていますが、現状、抗がん剤で弱っています。
この2週間で、生活が180度変わりました。
癌は恐ろしいです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1219.
息子を救う為どうしたら良いですか?
投稿者 : とあ投稿日 : 2008/03/18 09:23

15歳の中3で首・脇の下・胸に悪性リンパ腫になり通院による抗ガン剤治療を行い消えたのですが、すぐに再発、現在は高校を休学して入院によるBEACOPP療法、いちお う自己末梢細胞を採取しましたが再発、現在は放射線治療のみ20回予定で行っている途中です。
その後、サルページ療法をおこなって自己末梢血管細胞移植を行う予定です。
主治医には難治性であると言われました。
まだ息子は入院の化学療法治療後の再発を知っていません。
主治医の先生に難治性と言われ真っ暗闇です。
主治医の先生にお任せしてますがセカンドオピニオンにも行ってみたら難治性でなくなるのではないかと悩んでいます。
もうセカンドオピニオンに行っても治療手段は同じ手段しか残ってないのでしょうか?
息子をセカンドオピニオンに行くことによって不安にさせてしまう事が心配でもあります。
息子を救うには私は何をしたら良いのでしょうか?
涙が溢れながらも付きそう息子の前で笑顔でいる日々で精一杯です。
息子を高校に元気にまた通わせたいです。
どうする事が良いのでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1218.
今の病院に不信感が・・・
投稿者 : けい投稿日 : 2008/03/14 21:34

はじめまして。
昨年7月に、人間ドックのPET検診で縦隔に陽性反応が出て、半年後に検査をする様に言われ、今年1月に大学病院で検査をした所、縦隔腫瘍と言われました。手術を勧められて、セカンドオピニオンでがんセンターに行った所、やはり同じ診断でした。
設備的にも整った、総合病院で手術をしていただこうと、検査を進めました。
今月中に手術との事で、入院日も手術日も指定され、入院の手続きも済んでいました。
それが入院前日、入院の時間を聞こうと電話した所、入院の予定は無いと言うのです。手続きもした事を伝えると、2時間近く待たされ、別の日を伝えてきました。検査も含め、5回通院しましたが、毎回、診察券を返し忘れる。採血の種類を間違え採り直し。CTの撮りなおし。など、トラブル続きです・・・
このまま、事務的なトラブルはあるけれど、執刀数の多いこの病院で手術をするか、別の専門病院に転院するか迷っています。ご意見をお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1217.
癌・・・離婚・・・
投稿者 : さつき投稿日 : 2008/03/09 18:48

義理の兄(姉の夫)36歳が、末期がん(精巣癌、再発癌、肺、腹膜、リンパ節、腎臓への遠隔転移)で、余命半年〜1年と言われています。義兄は、とにかく自分の死後の妻(姉)と子供(園児一人)のことが気がかりらしく、告知されてすぐ、「もう、辛い・・・離婚してくれ・・・子供にも今の自分の姿は見せたくない」と訴えたそうです。最初は、姉も「また、そんなこと言って・・・ずっと一緒にいます。だって家族でしょ!」と軽くかわし、真剣に取り合わなかったそうですが、最近になってまた「もう、お前は実家に戻ってほしい・・・頼む・・・楽になりたい・・・離婚してほしい・・・許して欲しい・・・」と、涙を流し訴えたそうなのです。
姉は「あの時の夫は、心から離婚を望んでいるかの様だった・・・離婚することで、精神的に楽になるのなら・・・楽になりたい・・・」と言っている様に思えたと言います。姉自身も精神的にも体力的にもマイってしまっていて、実家の両親も「もう2人(姉と義兄)とも十分頑張ったよ・・・帰っておいでよ」と言っており、義兄のご両親も「もう、本人が望むようにしてやってもらえないか・・・お願いします」と涙したそうなのです。義兄は自分の癌の再発が分かると同時に離婚届を用意していたらしく、かなり前から離婚を心にきめていたそうなのです。義兄の手帳(ノート)にも自分の死後のこと(葬儀のこと、姉と子供のことなど)や、遺言めいたことがたくさん書かれており、「結婚してくれてありがとう・・・もう、俺(義兄)のためにではなく、子供のために、自分(姉)のために、生きて行ってほしい。俺の分も生きてほしい・・・○○は(姉)まだ若いから・・・その時がきたら再婚してほしい」とか「・・・心の荷物を全て下ろして・・・最期を迎えたい」とあったそうです。
姉は「離婚することで、夫が楽になるのなら・・・」と離婚を受け入れると言います。
「離婚しても、私の夫への気持ちは変わらないから」といいます。
そういうものなのでしょうか?
近い将来訪れる「愛する夫の死」・・・その時の妻の精神状態や心理というものは、私には分かりませんが、姉の決断は正しいのでしょうか?
皆さんのご意見をお聞かせください。
どうぞよろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1216.
肺がん 再発
投稿者 : kumakuma投稿日 : 2008/03/07 00:59

私の父は5年前に肺がんを患い、手術で全部摘出してその後再発もなく元気に過ごしてきましたが、5年を過ぎて今日再発をしたことがわかりました。
ガンセンターでお世話になっているのですが、手術できる場所ではないらしく抗がん剤治療をしていくそうなのですが、本当にこの方法が最適なの不安です。
どうかどなたかアドバイスをお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1215.
悔やまれてなりません
投稿者 : あっくん投稿日 : 2008/03/06 23:24

6年前に父を大腸ガンで亡くしました。79才でした。突然の下血があり内視鏡検査でガンが見つかりました。開腹手術をしたところ、リンパ節や他の臓器には全く転移は無いとのことで安心していました。ところが、5日間くらいたったころ突然手術跡から赤黒いヘドロのようなものが吹き出してきました。看護師いわく「痩せている人にはよくあることです」と言っていましたが、それ以来父はものが全く食べられなくなり、3ケ月後に全身衰弱でなくなりました。29kgでした。その間ものが全く食べられないので点滴をやってましたが、年末になり「入院していても点滴しかやることがないので」と言われ、退院させられたようなものです。12月28日息を引き取りました。あのヘドロのようなものはいったいなんだったのか未だにわかりません。あれさえなかったら・・・・。そして6年たった昨年の8月、今度は兄も検便の潜血反応から内視鏡検査の結果盲腸の部分にガンがみつかりました。同じ病院です。「ごく初期ですよ、運がいいですよ」と言われ腹腔鏡手術をしましたが、手術後担当医に呼ばれ、「全く初見と違いました」結局リンパ節と肝臓に転移しており末期とのことでした。数日後兄と私は担当医に呼ばれ、「あなたのガンは最もたちの悪い低分化腺ガンでガン細胞が10日くらいのペースで倍々ゲームのように増えていく」と言われたのです。そこまで打ちのめすようなことを言うんでしょうか。そして運悪く腸閉塞になり20日後くらいから抗ガン剤治療が始まりました。フォルフォックスとアバスチンです。その後兄もだいぶ元気になり、1月の末に担当医にその後の進行の具合を聞いたところ「肝臓はだいぶ効果がありかなりガンは減っているが、骨に転移がある」と言われました。確かに画像を見ると私でも肝臓のガンは減っているのがわかりました。ところがその画像は2ケ月も前の画像だったのです。そしてそれから1週間後検査をしたところ、肝臓には抗ガン剤は効いてないのでフォルフォックスからフォルフィリに変えることになりました。その後は急激に元気がなくなり歩くのがやっとになってしまい、再び担当医に聞いた結果は「もう手の施しようもない状態です」5ケ月間抗ガン剤治療中、こちらから聞かなければなんの説明もない、そしていきなり「手の施しようもない状態です」ガンの治療ってそんなものなのでしょうか。それとも私たち家族の考えが甘かったのでしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1214.
かお様・おやじ様:生きるぞ!!!
投稿者 : けん投稿日 : 2008/03/01 19:12

こんにちは。大腸癌ステージW 腹膜転移 手術から1年4ヶ月です。
2月に入ってから急激に腹水が増加してきました。
以前は「水が溜まるくらい何の問題が・・・」と思っていましたが、実際は大変です。体型はまるで妊婦、普通の量の食事もお腹に入らない、張って痛い、夜も良く眠れないなどなど。とても辛いです。
とりあえず2L・1L・1.5Lと3回水抜きをしていただきました。直後は重石が取れたせいか、とても快調になります。でも1週間もすれば元通りです。
腹水の増加により、がんセンターからは「保険内治療は限界」とのことで通院を止めさせられました。現在は国内未承認薬「ベクダビクス(パニツシマブ?)」をクリニックで投与していただいています。1回25万円。いつまで払い続けられるか・・・。
先日幼稚園に通う長女・長男の発表会に出席しました。成長した姿とこれからのことを考えると、涙が出てきました。この先も二人の成長を見続けたい!!!
どんな手を使っても生き抜いてみせるぞ!お父さん頑張るぞっ!

かお 様
おやじ 様

書き込み拝見させていただきました。様々な状況で辛い思いをされていることと思います。
僭越ながら、罹患者として何かお伝えできればと。
1年少々、色々な経験をしましたが、感じるのは この癌という病を治すのは患者自身が、自ら直ろうと考え、いかに行動するか否か。そしてそれをサポートしてくれる周辺環境ができるかどうかだと勝手に思っています。
癌に関する情報は沢山あり、携わる医療関係者も沢山います。そこから自分に合うものを取り入れていけばいいのではないでしょうか。5年生存率という指標も様々な問題点から批判する専門家もいます(私も5年生存率は10数%です)。
治療の方針も様々です。私は治療に入る前に6人の先生に今後どうすべきか相談しました。皆さん大同小異です。現在も複数の先生の意見を聞きながら、自分が納得する方法を選ぶようにしています。
そんなことができるのも、その状況を許してくれる先生方に出会えたことや、情報を探してきてくれる両親・知人のおかげです。
癌治療は情報戦。どの病院にいっても同じでは決してないと思います。
是非大切な方に、色々な可能性があることを知る機会作りを助けてあげてはいかがでしょうか。
皆で長生きしましょう!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1213.
はじめまして
投稿者 : ツット投稿日 : 2008/02/24 21:08

うちの家内は2年半前に腎不全になり人工透析を始めました。
そして2年前、乳がんが早期ではありますが、発見され手術しました。
その後定期的に転移の検査してましたが、去年の暮れに肝臓、肺などに転移が認められ、最近1ヶ月ほどの間に腹痛、吐き気、発熱などの症状がひどくなり、先週入院しました。
担当医には経験上こんなに早い進行は初めてであり、入院時に助かる見込みがないようなことを聞かされました。
今回、インターネットで免疫療法についてはじめて知りました。
透析患者にも適用できるのでしょうか?
どなたかご存知の方おりましたら投稿下さい、お願いします。
何としてでも家内の命を救いたいのです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1212.
癌患者の家族です。
投稿者 : ヤス投稿日 : 2008/02/19 09:53

数年前から母は、ろほう癌です。
最初は甲状腺腫で10年前に手術しました。
その後、その場に癌が出来、その後調べたら、ろほう癌と診断され、毎年ヨード治療で○○医大に治療入院してます。
それでも今は全身転移し脳内の前頭葉にもあり幻聴に悩まされてます。
先日は医者に治療拒否されました。理由は幻聴でうるさいと言う理由です。同じ病気の家族の方話しを聞かせて下さい。
家は母子家庭母は75歳です。介護に辛いです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1211.
母が
投稿者 : 吾夜奈々名投稿日 : 2008/02/10 23:54

私の母が去年の春ごろから、胃の痛みに悩まされています。
胃カメラを飲んだところ、医師からはきれいな胃ですね!
と言われたみたいですが、また最近胃の痛みが現れて、胃が痛いときには、吐気がするみたいなんです。
でも食欲はあるのですが.…血便もでるみたいでこれって胃癌の症状ですよね?
背中も痛いといいいますしげっぷもします。
まだ私は16で何もわからないので、皆さんの症状など教えていていただけると幸いです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1210.
少しずつ....前向きに
投稿者 : さっちゃん投稿日 : 2008/02/10 23:25

定命様へ

そうですよ!その意気ですよ!
私も今何をしても感謝の心でいっぱいで日々心の中で今生きてるなあ〜って実感しています。私の場合ほんと34歳と言う若さだけあって他の患者様から見れば凄まじい回復だと思います。

今では、結構遠くの出張もこなせますし発症前の自分を知っているお客さんは僕を見てもう見た目普通の人と分からないよと言われます。普段趣味の車いじりも難無くこなします。

母も趣味だからと静観してくれていますが、時々あまり無理をしないでと言われる事もあります。

投薬としては、今はTS-1を服用していますが、もう既に14週目で医師もこれだけ続けていて未だ何も転移や症状の悪化のない人はいないそうで驚いていました。ご理解されている通り膵臓ガン自体あまり発症例の少ない病気は手探りで大腸ガンでよく利用される抗がん剤を使ったり悲しい話ですが医師もデータ採取に余念がないのでしょう。

自分は、偶然ですが医療関係の仕事をしていまして医療メーカーさんのCT,MRI,PETなどの為の冷水供給システムや空調工事を担当している設計者です。
ですので、患者様の気持ちも理解できますし自分の仕事にも役立ちますのでこの経験が多くの患者様に役立つ事ができればと思って日々努力しております。
お互い頑張りましょう!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1209.
悔やまれてなりません
投稿者 : にゃおん投稿日 : 2008/02/08 01:51

初めまして。今日このサイトを初めてみました。私の中でどうしても納得がいかないので、ここで少し愚痴らせてください。
実は父のことで今日、「肺がんで余命1ヶ月」と宣告を受けました。
昨年の8月から咳が続いていたのですが、総合病院や個人病院で「慢性気管支炎」と診断され、今年の1月までムコダイン程度の投薬しか受けていませんでした。
今年の元旦に首の痛みや肩の痛みがあり、公立病院で受診しましたが、「炎症」との診断でした。1月中旬に同じ病院の内科受診し、CTの予約を31日にして帰りました。1月24日より胸痛を訴え、25日に再受診したのですが、気管支拡張剤を処方されただけでした。その夜より背部痛、26日より腰痛を訴えたので、27日(日曜日)に主治医に電話で問い合わせたのですが、「呼吸器科の症状ではないから救急病院へ行くように」と言われました。救急病院で血液、X線、心電図、CT検査をしたところ、「胸水が溜まっている」とのことで、翌日主治医を受診するように言われて帰りました。
翌日私が付き添い、救急病院での血液検査結果を提示し、「LDHが高く、リンパ球が低いということが気になるのですが・・・」と主治医に話したのですが、「ALPが高いし、胆道炎か胆管炎の消化器系の病気でしょう」と腹部CTを撮って消化器科にまわされました。しかし、消化器科の医師は「消化器ではないですね。ALPが高い(1500)ので、腰か何処か整形疾患でしょう」と言って去りました。
Ns.が「もう帰っていいですよ。次回の予約もありませんから」と言うので、私が「疼痛が激しいのだから、もう一度診察をお願いします。」と食い下がり、やっと呼吸器科の主治医がきました。
私の方から、「疼痛に対して対処はないのですか」と言うと、「CRPが18だから、抗生剤点滴しますか?」と答え、「胸水の検査やALPの検査をしないんですか」と言うと「その検査が必要かどうかは私が判断します」と少しムッとして答えました。「食事の経口摂取がこの数日全くできなくなっていることに対しては、どう対処すればよいですか?」と言うと、「では1週間ほど入院しますか」と・・・。
結局その夜(1/28)から入院しましたが、おととい(2/5)まで、一日2回の抗生剤の点滴と、毎食後の鎮痛剤服用といった治療、血液検査・心電図以外の検査は行われませんでした。病状説明を求めたにも関わらず、1週間以上返事もなく。
そして昨日(2/6)突然の急変で(血圧が80/50)、やっと胸水の検査、CTを行い「肺がんです」と電話がありました。今日MRIを行い「多発性の骨転移があり、ステージ4の末期がんです。余命は1ヶ月です。」と・・・。
私が入院当日指摘した血液の異常値や胸水の検査を10日も放置していたのは何故なのか、納得がいきません。再三訴えている疼痛に対してもレトラック服用のみだったことも、納得できません。がんセンターへの転院を申し出たのですが、昨日からの急変により「紹介状はかけるけれど、移送できる状態ではない」との返事をもらったときには、情けなくて涙が出そうでした。「入院したときから癌だろうとはわかっていた」「呼吸器科は一人だから、なかなか大変で・・・」との言い訳もむなしかったです。では何故、急変する前に、入院した頃に家族に話してくれなかったのか、と怒りがこみ上げてきます。
疼痛緩和ケアをするためにも、がんセンターへ転院したいのですが、移送に耐えられる状態ではないとなると、今の病院でケアを受けるしかないのでしょうか。民間救急車を利用してもむりなのでしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1208.
すい臓癌について
投稿者 : かお投稿日 : 2008/01/20 10:23

友人が、昨年5月に膵臓癌の手術をしました。
医者によると、癌は全て取り除いた、とのことでした。発見時は、4センチ大の癌。
手術はアメリカで受けてます。なので日本の治療法とは少し違うようです。

術後、経過は良好。
ですが、ここ最近下痢等がひどいみたいです。

インターネットで色々調べてみたのですが、絶望的な5年生存率を目の当たりにし、悲観しております。

再発の可能性はあるのでしょうか?
生存率はやはり、出回っている数値のとおりなのでしょうか?
何か出来ることはないか、少しの希望でも見出せればと思っています。
よろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1207.
皆さんの意見をお聞かせください
投稿者 : おやじ投稿日 : 2008/01/16 23:50

昨年の2月に、弟が大腸癌の手術をしました。
手術後は、放射線を当てずに、抗がん剤治療を2〜3ヶ月し、飲み薬に変えました。半年後背中のリンパに腫れがあると言われ、放射線を当てずにそのまま飲み薬を続けていました。
その時に、弟の嫁に、余命宣告をしたそうです。
その後、別の病院で相談をするため、担当医に紹介状を書いてもらい、他の病院へ行ったみたいです。
その後の主治医と弟嫁の話で、「今までどうりの、飲み薬にするか、前の薬が効き目が良いのでその薬にするか、それとも薬をやめるか、急にやめると弟が変に思ってもいけないので、ビタミン剤でも出しますけど、如何しますか。」と言われたそうです。
今までの薬は飲んでいますが、12月の検査で、
「内臓には異常が無い(異常が無いの意味が分からない)
首のリンパに転移が見られる。」と言われ、放射線も当てずに飲み薬だけ。
先週、弟の家に用事があったのでそこで、弟の首を見てびっくり、その話を聞いて驚きました。
すぐに放射線を当てられるように紹介状を書いてもらい、明日別の病院へ放射線を当てるため入院。
いくら、主治医の病院に放射線の設備が無いからと言って、こんなことって考えられますか?
これを読んでくださった方のご意見が知りたくて投稿しました。
よろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1206.
がん
投稿者 : 美b,Minako投稿日 : 2008/01/15 08:56

初めまして、私は発症して、3年間誤診で放置、その後、肺癌とわかり、5年半前に手術しました。
そして、手術後2年で足の付け根に転移し、放射線治療し、肺にも転移があり、イレッサを服用し、少し落ち着いていました。
1年が過ぎたころCEAが上昇し、イレッサから薬を変更したが、副作用に耐えられず、体重も3kg減。
それで、もう一度、イレッサにもどり、抗がん剤も両方することになった。
それで、両立はやはり、少ししんどい。まだ、今も、落ち着かず、治療を続けている。
その間に、背骨にも転移し、腰痛があり、痛み止めも服用している。
そして、右目が少しないた後のような重さを感じる。そして、左首の付け根に小豆代のしこりがある。
それなりに、しんどいけど、週に2〜3日元気があるのでそのときには好きなことをしている。
とにかく今は、風邪ひきに要注意しています。みなさんもがんばっている。私も私なりに楽しんでいます。応援してくれる人とともに・・・。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1205.
あんこちゃん様、御確認を・・・
投稿者 :たぬたぬ 投稿日 : 2008/01/15 02:58

松葉杖をご使用の方がいらっしゃったよね、・・・と思い出し、書き込みしています。
今年の8月(前後する県もありますが)から、道路交通法の改正で、障害者用の「駐車禁止除外標章」の規定が変更になってます。
肢下障害4級から発給されていた(3級からの都道府県もあったようですが)のが3級の1以下は、対象外となり、今まで、発給されていた方は次回は3級の2以下は返納、ということになったそうです。(各県警のHPで、検索できます。)
上肢障害、視力、聴力障害の方にも(車単位から本人単位に発給になったので、家族の車、タクシーでも使用可能になりました)枠が出来たのは良い方向だと思いますが・・・。
しかも、駐車禁止除外標章の脇に自分の行き先、携帯電話などの連絡先を記入にて、掲示しないといけない、と。・・・
この、物騒な時代に、なんっつう事を要求するってんでしょ!!。
いつのまにか、変更されていた代物でしたので、お知らせした次第でした。・・・

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1204.
家族・友人等に伝えたいこと
投稿者 : のりっぺママ投稿日 : 2008/01/10 10:29

去年、私の父が大腸がんの手術をしました。大腸の約半分を切り取りました。幸い、人工肛門を取付けるということは無く、今は月2回くらいの病院通いで経過を診てもらっています。
もう、76歳。手術は成功し、癌細胞は転移されてないと説明を受け、本人も家族もほっとしていますが、ただ、以前と違い、体力がかなり落ち、大病をしたショックなのか、精神的にもおとなしくというより、何か生きる希望のようなものがない気がして心配しております。このくらいの高齢になれば、誰だって「死」を意識されると思いますが、毎日暗い顔をしている父を見るのがつらいです。かと言って、あまり心配しすぎるとうるさがれるし・・。
年明けには、私の子(父には内孫)に、「これからはしっかり勉強しろよ」とか「あまり兄弟喧嘩はするなよ」「お母さんの言うこと守るんだよ」とか、何かを悟ったように、言葉(メッセージ)と言います。
「余命」を意識し生活をするという、健康体の私にはなかなか想像できない心境があるのは確かだと思いますが、その気持ちをどうやったら励ましてあげれるか、難しいです。
もし、父の気持ち・心の葛藤を多少なりとも理解でき、その父に対し、家族としてどう見守っていけばいいか、アドバイスがありましたら、教えて下さい。
私が「健康体」という言葉を用いましたが、人の余命なんて分からないですよね。もし、文面で不愉快な言葉がありましたら、お詫びをさせていただきますが、結してそういう気持ちで投稿してない事をご理解いただけたらと思います。
また、一度は「死」を覚悟したからこそ「誰かに気持ちを伝える」という行為に対して何か意見・考えがありましたら伺いたいです。というのも、父は昭和一桁生まれ、自分の感情を素直に伝えることが苦手です。
ただ、伝えられずにいるよりは伝えることにより本人もすっきり出来るのかなと感じたので。
長々と申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1203.
前立腺がんの治療中
投稿者 : 宮崎の爺投稿日 : 2007/12/31 12:15

宮崎で上記癌の治療中、発見は14年前の12月、専門技術員として海外派遣のための健康診断で見いだされました。既に、右骨盤全体に拡がり国内旅行も止めるようにとの忠告でした。しかし、治療の効果がたかく、ほぼ10年近く小康状態を維持していましたが、3年前に歩行時に痛みがではじめ、最近は歩行困難な状態です。残された治療は疼痛緩和治療が主体となりますが、痛みから解放された状態で終えたいと考えています。現在64歳、勤務中の爺ちゃんです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1202.
ありがとうございます
投稿者 : 定投稿日 : 2007/12/30 20:14

さっちゃんさん みやあさん暖かいお言葉有難うございました。

インスリン投与、食事制限とはなりましたが、
何でも美味しいって食べれるし、職場復帰もできました。

病気する前までは、当たり前と思ってたことが
今となっては、全て有難いです。

食べれる、眠れる、働ける全てに、感謝です。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1201.
一難あってまた一難
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2007/12/30 01:14

病状としては、転移も無く、12月の骨シンチ検査も無事クリアしたのですが。ここで一騒ぎ。検査薬の放射性物質、タリウムは、カナダからの輸入だそうで、輸入が滞った、と。で、放射性なので、消費期限が短いらしく、今ある分で、やるのどうだの・・・。12月の予約の日に念の為、検査センターに電話したら、『輸入されてます』って云うんで、車ですっ飛んで検査に行きました。自宅が遠い人だったら、えらい大変な事になっていたかも、です。
もうひとつ、問題が出てきました。主人は下肢障害4級(右股関節機能全廃)なのですが、駐車禁止除外の標章(警察から出ています)が、今年の8月の道路交通法の改正により、下肢障害の3-1級からでしか発給されなくなり、主人も期限が切れたら返納となります。(御存知でした?)視力・聴力・上肢障害の方への枠が広がり、車輌ではなく、人単位の発行になりましたので、そのあたりは評価できるのですが、標章の隣りには、行き先、連絡先(携帯電話など)を、警視庁の場合B6サイズの紙に書いて、車に表示しなければなりません。この時代に個人情報を車に掲げよ、と、おっしゃる・・・。
警察庁、警視庁、千葉県警に問い合わせしました。
『今まで基準がばらばらだったのを全国統一にした』だの、『立っていられない人だけにした』だのおっしゃいますが。主人曰く「雨の日に松葉杖で傘もさせないって言うのに、何が歩行困難じゃないってんだっ!!」
特権じゃないのは理解しています。ただ、シンプルに、『足が悪いから車に頼らざるを得ないのに、なんで、そこを足切りするかね?』って所です。
黙って居る訳にはいきません。なにか訴えねば!!
また、がんばります!!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ