癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

1200.
がんセンターに転院します。
投稿者 : けん投稿日 : 2007/12/27 20:15

こんばんは。大腸がん、ステージW、腹膜転移、手術から1年経ちました。
先日、1年間通いつめた調布の先生から、「新しい大腸がんの薬が認可されるらしいから、がんセンターに行ってみないか」と薦められ、初めてがんセンターに受診しました。
道を挟んで、向こう側は市場の活気にあふれて、こちら側は・・・あ、いけない。後ろ向きな考えですね。
センターの先生からは「今の腹水は異常な量です」と言われてしまいました。自覚としては、張る感じはあるものの、そんなに重症とは感じていなかったのですが。
認可されると聞いていた抗がん剤も延期とのこと。また、うまく使えたとしても、もって1年とか。
帰りの電車でまた泣いてしまいました。あと1年か・・・。
どうすりゃいいの????
今後の予想では、腹水の増加とともに栄養バランスが崩れ免疫力が低下、合併症により死に至るか、肺などでの胸水の発生による呼吸困難などにより死に至ることが考えられるそうです。
今はこんなに元気なのに。今日もおいしく食事ができました。今 会社の納会で盛り上がっています。
こんな日がいつまでも続けばいいのに。生きてるって最高です。
2008年が、また良かったと思えますように。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1199.
母の癌治療
投稿者 : モネ投稿日 : 2007/12/23 02:53

母は昨年10月に子宮頸がんと診断され、放射線治療をしました。完治したものと思っていたら今年6月肺に転移。抗がん剤治療に入りましたが腎臓機能の低下によりストップ。結果、骨盤内のリンパ節転移、腎臓転移と診断されました。その後TJ療法3クールしましたが効果なく、丸山ワクチンも11月から始めましたが進行が早く癌を止めることが出来ません。免疫療法も挑戦したかったのですが、放射線治療の後遺症で右足リンパ浮腫になり都内の病院まで行けず断念しました。抗がん剤でボロボロになった母の体では、もう何も出来ませんと匙をなげられました。今月に入り、脳への転移も確認されサイバーナイフ治療をしました。これも顔が変わってしまうからと言う事で気休めでしかありません。余命宣告も受けています。最近はコンチンを服用しており、言った事をすぐ忘れてしまったりで会話が成立しない時もあります。
今考えると、抗がん剤治療の前に免疫療法を試せば良かったと思ったり、無理にでも手術をすれば良かったと後悔しています。手術の結果、死期が早まったとしても今よりはきっと人間らしい生活を送っていたに違いありません。
日に日に弱っていく母を支えるのが辛く逃げ出したい時もありましたが、今はどんな時でもそばにいようと頑張っています。そして延命に向けて最後の足掻きで漢方と健康食品を買いあさっています。
医者の判断は正しいと思います。抗がん剤を否定するつもりもありません。でも本人や家族はもっと視野を広げて治療方法を考えてほしいです。ここまで治療して何今更言ってるの、なんて事沢山ありました。三大療法と併用できる代替治療もあります。癌治療は情報が全てです。集めた情報をどんどん先生にぶつけて下さい。先生と一緒に治療内容を決めることが大事です。
皆さん、どうか私のように後悔の残らないよう頑張って下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1198.
1188定命さんへ
投稿者 : みゃあ投稿日 : 2007/12/22 22:17

久しぶりにこちらの掲示板を拝見しました。するとうちの主人と全く同じ状況の内容でしたので、思わずおたよりを書かせていただきました。主人は現在44歳で、ちょうど2年前に膵管内乳頭性粘液性癌の手術をしました。定命さんのご主人と同じで膵体尾部切除、脾臓温存です。
病理の結果、リンパ節(N1)に浸潤が見られ、医師から、念のため抗がん剤をと言われ受けました。
当時いろいろ調べましたが、この病気に関する情報が乏しく、とても不安でした。
でもたまたま近くの植物園のような場所の一角にある図書館で、この病気のことが書いてあり、主人と驚きながら見ました。くわしくは覚えてないのですが、この病気は普通の癌などに比べると進みが遅く、生存率も高いとのこと。。。とても希望が持てた内容でした。その後は3ヶ月に1度くらいずつ検査をしてもらい、現在は半年に1度の検査になることができました。主人もとても食欲もあり、運動もできるようになっています。やはり検査結果を聞くときは今でも数日前から緊張はしますが、それでも毎日普通の生活が送れることにとても感謝の気持ちでいっぱいです!定命さんもまだ日が浅いので、とても心配かとは思いますが、同じ状況だった主人が元気に過ごしてることが分かれば、少しは気持ちも落ち着くのでは。。。と勝手な思いで、書かせていただきました。確かに不安になることはありますが、もっと苦しんでいる人もいるし、先のことなんて誰もわからないこと。。。今、生きていられることに感謝していきたいと思いながら毎日過ごしています。。。定命さんのだんな様も、元気になられることを願ってます。。。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1197.
何が出来るのか?
投稿者 : タイト投稿日 : 2007/12/18 00:50

女房が乳癌で手術を受けてからもう8年が過ぎようとしています。これまでの間にに子宮・卵巣を無くし、胸の筋肉に放射線を当て、そして骨への転移とリンパへの転移を聞いた。抗癌剤を何度となく変更し、錠剤(NR−450)と骨の抗癌剤に替わり、女房が楽に成ったと喜んでいたのだが、医者にマーカーが上がったので検査した結果、肝臓に転移しているとのことで聞きたくない宣告をされてしまった。全くだらし無いもので、どうして良いやら狼狽するばかり、癌は治らないのでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1196.
大腸癌患者の食事
投稿者 : さくら投稿日 : 2007/12/10 11:47

遠くに住んでいる父親が6月に大腸癌手術を受けました。胆嚢にも転移があったらしく現在は抗がん剤をどんどん増やされているそうです。その程度の情報しか教えてもらえません。ですが遠くても何かしてあげたい思いがあり、大腸癌患者の食事や食べていい物、主食はおかゆなのか白米なのか何も分からずいます。
食べていい物を何か送ってあげたいと思うのですが私に気を遣わせまいと父親は答えてくれません。
大腸は約30cm切除しています。食事等、食べていい物をどなたかご存知の方がいらっしゃいましたら是非お願いいたします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1195.
父親の癌治療
投稿者 : 笹パンダ投稿日 : 2007/12/05 17:00

はじめまして、自分の父親は、54歳で東北のはずれの方に住んでおりまして、現在、大学病院にて闘病中です。
病歴は、6年前に大腸がんと診断され、大腸の癌摘出、その際、肝臓とすい臓に転移しており、そこも摘出。
抗がん剤治療し、癌の数値が下がり退院。その後2年前に肺に転移が見つかり左肺上部3分の1摘出。その際抗がん剤治療は拒否し、自然治療?ノニジュースを飲み治療。今年に入りがんの数値が上がり、夏には、言語障害とリンパに転移していることがわかり、脳を調べたところ転移が確認、頭部をガンマナイフにて治療し癌は小さくなって言語障害のほうは一時落ち着く。その際抗がん剤ちりょうを再開する。最近になって、左脚部分の痺れがあり、頭部からの影響と考え検査するものの異常はなく、次第に歩くことも出来なくなり、ひどい痛みで入院することとなる。検査の結果、腰仙骨に転移があることがわかり、自分での排泄行為が出来なくなる。現在は、ブロック治療?腰骨を強化する点滴と痛み止めの麻薬?を使用しています。昨日痛みの方と熱のほうがひどくなり痛み止めの量を増やしている。
お医者さんには、余命1ヶ月と宣告され(家族だけ)今後、延命治療のほうに切り替えるか、温熱治療と免疫治療のほうにするかなやんでおります。ただ、温熱治療のほうの受け入れ先の方から、自力での歩行等が出来なければうちのほうでは受け入れられないといわれ、途方にくれております。何か良いアドバイス等ございましたら教えていただけますでしょうか?
お願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1194.
お互い頑張りましょう!
投稿者 : さっちゃん投稿日 : 2007/12/01 22:53

お久し振りに投稿させて頂きます。11/5投稿の定命様の投稿内容を見てまた投稿せずには要られない気持ちになりました。私は、二年前に膵ガンを発症し同年に手術し翌年の一月に職場復帰するものの僅か一ヶ月で 再発しています。
年齢は、現在34歳です。32歳で発症すると言うこの病気ではあまり発症対象年齢ではなく、ましてや確かにおっしゃる通りデータ不足で絶対的な処置は模索中の状態です。私の場合は、膵体尾部の約3/4を切除しております。再発当初から抗がん剤投与は、自分の中で決めており、最初のうちはゲムシタビンを点滴投与していましたが、副作用が激しすぎて自分の体質にあっていないので飲用カプセルのTS-1と言うものに変えて今に至ります。
このTS-1を使用してからは、気分が悪くなったりせずに普通に月一回の通院も母を車に乗せて通っているのでどちらが病人か見分けがつきませんよ。
職場の方々は、殆どの方が認知しておりご面倒お掛けしておりますが、見た目普通ですし凄い元気なので信じられないと言う人が殆どです。出張もこなし建築現場などで元気に工事監督もしています。まだまだ若いので参考には、ならないのかもしれませんがお力添えになれればと思いました。
幸い転移も全くなく趣味の車いじりで車の下にもぐりこんで作業もしたり楽しく過ごしてますよ!
でもただ一つだけ諦めているものが...結婚です。
私は、性格上自分の事より他人の事を考えて行動する人間なので結婚してからの嫁さんの苦労を想像してしまってからは諦めています。実は、つい先日まで永くお付き合いできそうな人がいましたが自分から辛くなり拒否してしまった感じです。それでもまだまだ人生は続きますので50歳で余命を考えるなんて言わないで下さい。そんな事言ったらあなたより一回り以上下の私はもっと短い人生を遂げなければならないんですよ?一緒にがんばりましょう!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1193.
TS-1で副作用
投稿者 : 元気投稿日 : 2007/11/30 10:24

どなたかに聞いていただきもし、アドバイスがいただけたらと、投稿いたします。非しょう細胞肺癌の治療で放射線と抗がん剤併用ということでTS-1を前もって20日飲んで放射線を4日やったところで定期の血液検査でなんとGOT,GPTの数値は700もあり、緊急入院で2週間治療(抗生剤点滴)してますが、熱と咳があり、肺炎の検査も以上なく胆嚢のCTも異常なく肝機能の数字はいまだに160くらいはあります。
肺癌のほうは、少し小さくなっておりますが、そろそろ熱がさがれば、放射線を再開しましょうと主治医は仰います。熱の原因は気管支炎で、免疫力が落ちてる(2500の白血球)ので治りごわいのかなと免疫注射をしたりと手探り状態です。どなたか、似たような経験はおありでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1192.
子宮頸がんについて
投稿者 : いくちゃん投稿日 : 2007/11/13 18:52

私は子宮頸がんで、全摘してその後の結果骨盤のリンパに転移していて、今放射線治療が始まりました。年齢も30代前半で何で私が・・と小さな子供の事を考えると気が狂いそうになりました。でも前向きに諦めず治療をして乗り越えようと思ってます。でも自分の病気の詳しい事がわからなくて、同じ病名で同じ治療されてたり、子宮頸がんの事詳しく知ってる方いたら教えて下さい。子供の為にももっと生きたい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1191.
アドバイスお願いします
投稿者 : yahco投稿日 : 2007/11/12 05:57

はじめまして。小一からの幼馴染が先日眼のリンパ癌と医師に伝えられたそうです。僕は本人からも彼の親からも聞いていませんが、僕の母が、彼の母親から聞いて僕に伝えてくれました。誰にも伝えないでほしいと、本人が言っているので、僕は知らないことになっています。彼は31歳です。僕は知らないふりでも彼に何かしてあげたいです。彼は今県内の病院に入院しています。インフォームドコンセント等個人のことに関して公共の場を利用するのは相応しくないと思うのですが、一人になると彼のこと、彼の家族を考えてしまいます。先出の様に何も知らされていない自分は、彼の為に何が出来るでしょうか?どなたかアドバイスお願いします。また31歳という若さの癌は、早期発見の場合いの生存率は、どの位でしょうか?よろしくおねがいします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1190.
喉頭癌です。教えてください。
投稿者 : ジョン投稿日 : 2007/11/10 20:46

先日、東京の大学病院で喉頭癌と診断されました。大分進んでいるようで声帯も切除するようなことをいわれました。どなたか安心できる病院と医師を教えてください。よろしくお願いいたします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1189.
戻ってほしい
投稿者 : Y.M投稿日 : 2007/11/07 12:35

8月に肺がんとわかってからまったくの別人になってしまった父。いまだに精神状態が落ち着かず、自分でも何をやっているのかわからない状態になってしまいました。病院で服から下着までを全部脱いでしまったり、幻覚を見るみたいで自分の父親が毎晩隣で立って見ていると言います。病院からもこの状態ではもう見れませんと言われていまいました。がんとわかるまで前までの父の笑顔をもう一度見たい・・・。父だけじゃなく、母も姉たちも私も、もう一度みんなで大笑い出来ていた日に戻りたい。何がこんなに悪いほうへ動かしているのだろう・・・。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1188.
再発の不安
投稿者 : 定命投稿日 : 2007/11/05 13:55

主人50歳が、膵管内乳頭性粘液性癌で、8月に膵体尾部切除、脾臓温存の手術を受けました。
病理の結果数ミリの浸潤が見られ、医師も、経過観察か、抗がん剤投与か、悩みました。
主人も、私も心配してる位なら、治療をと、抗がん剤投与を希望しました。
再発予防という目的でジェムザール投与を受けています。
なかなか、この種の病気の方と知り合う機会もなく、もし、この掲示版を通じてでも、色々お話したいななんて思います。
膵体尾部切除と言うことで、糖尿病併発。
これから、内科入院予定です。
幸いに9月頭に退院。10月から、職場復帰。
食欲落ちることもなく、本当に、病人とは、思えません。インスリンも術前から予告されてたことなので、これから、内科入院も前向きに、考えています。
医師は主人の腫瘍の類で、浸潤してる場合というのは、まれで、50人中4人位とおっしゃってました。
それに、胃がんとかとも違ってデーター不足の事もあり、抗がん剤がどの程度効果があるかは、分からないとの事。ただ、主人の場合は、数ミリの浸潤だから、大丈夫とは、思うけど、今の段階では、なんとも言えない。と。
ネットで、調べても、残った残膵にも、また、IPMNは、出来やすい、通常型膵癌を起こしやすいとか書いてあるのを見ると、不安な毎日です。
再発の事だけを考えては、辛いばかりだし、絶対完治と信じて、がんばるつもりです。
まさか、50歳で、余命を考えるなんて、夢にも思っていなかったです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1187.
母の胆嚢癌
投稿者 : ともこ投稿日 : 2007/10/30 08:11

母は一年2ヶ月前胆嚢癌で手術をし、抗癌剤の効く率が低い為自然療法や漢方に頼って闘病してきました。しかし一ヶ月弱前に病状が急速に悪化し腹水が溜まって入院し、昨日、あと一週間も危ないと医師に言われてしまいました。
私は非常に親離れしていなく、母が大好きなので動揺し母の前以外では何をしていても心ここにあらずの状態です。
母は医者から告げられたらしく諦めている様子がみえます。
奇跡の様な方法はあるのでしょうか?どうしたら心だけでも元気づけられるのでしょうか?
是非どなたか教えていただきたいです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1186.
ryomaさん■大腸ガン切除後の腫瘍マーカ値■
投稿者 : ゆりりん投稿日 : 2007/10/22 02:50

私の母も大腸ガン手術後、抗ガン剤をやめたら腫瘍マーカーがどんどんあがりましたが、CTでもPETでも何もみつからない、というのが続きました。結局異常値になってから1年以上経って、PETで腹膜播種ということがわかりました。ちいさなガンがたくさんという状態でみつけにくいもののようです。手術のときにはなかったのですが、リンパ節転移はしていたのでその後3年のうちにゆっくり育ったのだと思います。これは手術ではなく、抗ガン剤で治しましょうと言われ、来週から治療に入ります。治ると信じて、前向きに。まわりの支えがすごく大切だと思います。「信じる力」!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1185.
再発
投稿者 : masa投稿日 : 2007/10/09 15:18

放射線治療をしなかったせいかわかりませんが再発しました。子供もまだ小さくこれからお金もかかるというのに。。。蓄えもなく入院費、検査代、毎週2万近くのお金がかかりそのうえ小さい頃からの持病もあり保険にも入っていません。何か費用を軽くする手続きありませんか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1184.
友達のお母さんが…
投稿者 : としやす投稿日 : 2007/10/09 03:38

60歳近い僕の友達のお母さんが、肝臓癌で入院しました。お見舞いに行きましたが、手の握力もあり、体力もあり元気そうでしたが、診断書を見せてもらって絶句しました。癌の転移もあり『手術不可』『治療不可』と書いてありました。ある埼玉の大きな病院なのですが、
その病院は勝手に転院の手続きを勧め、転院先を聞いたら… 今の病院に転院した、前の病院でした。前の病院では『病気の事を考えたら大きい病院に転院した方がいいですね!!』と言われたので転院したのに、前の病院に戻されようとしてるなんて…
現在入院している大きい病院の言い分の言葉の裏を読むと
どの道、助からないんだから
ベッドの空いてる病院に移しちゃえばいいじゃん
なんて皮肉な言葉を想像してしまいます。
今僕が書き込んでいるのは、
何かしらの治療法や診察してくれる病院手を差し伸べてくれる医師を探しております。
病院同士のネットワークや大人の事情など…難しいことは重々承知した上でのお願いです。
今まだ体力のあるうちになんとかしないと本当に死んでしまいます。
病院が言う『手術不可・治療不可』は重く受け止めてます。でもすばらしい先生が診察したら希望の光が見えてくるかもしれません。
このまま治療もせずに前の『手に負えない』と言われた病院に戻されて、死を待つなんて嫌です。
可能性が0ではない限り、戦いたいと思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1183.
脳への転移
投稿者 : こぶた投稿日 : 2007/10/07 21:25

私の母(56)が今年の2月に子宮体ガンW期と診断され、7月に全摘出しました。肺にも転移しており、抗がん剤治療を9月前半までしていましたが、右手と右足の感覚が鈍くなり思うように動かせにくくなった為、神経内科でCTを撮ると左脳にガンが転移しているとのことでした。すぐに入院してMRIを撮り、大きさも小さいものではないそうです。
今は放射線治療を3回しました。まだ右手・右足が思うように動かず生活も大変です。全く動かないわけではないのですが、普通に動く腕が動かないので本人も、イライラしたり落ち込んでいます。
放射線は脳に結構効くほうだと担当医が言っておりました。元々、婦人科で入院した為説明した医者が専門ではなく婦人科の担当医なので少し不安です。
同じ病状の方はいらっしゃいますでしょうか?
なにかいいアドバイスや情報があれば、宜しくお願い致します。
やはり、脳の専門へ診てもらった方がいいのでしょうか? がん以外に糖尿病もある為がんセンターから総合病院へうつりました。
アドバイスや情報などを宜しくお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1182.
化学療法
投稿者 : ヤマギワ蓮投稿日 : 2007/10/05 17:12

はじめまして。
こちらの掲示板を初めて拝見し、皆様も私と同じような思い、それ以上に辛い方もおられるでしょうが、なんだか、少しほっとしたと同時に涙が止まらなくなってしまいました。

私の母(現在70歳)は三年前に大腸がんで手術を受けました。
昨年までは検査も良好だったのですが、今年になって子宮への転移が見つかり放射線療法をしました。一応小さくなったのですが、これからのことを考えると化学療法で延命治療したほうが良い、と医者から言われました。
その薬が1本10万円らしく、これからの戦いは体力と経済力、と言われました。

確かに経済力はそこそこ、なのですが、その経済力のお陰で高額医療費がどれだけ補助(?)していただけるのか心配です。
もしくは他に治療法がないのでしょうか?
なんだか、人体実験されているみたいで心配です。

それと、よく患者を笑わせたりすると免疫がアップする、ということを聞きます。
私は性格的に面白いことを言うのが好きなのですが、母の性格は捻じ曲がっているのか?文句しか言いません。
病気のせいもあるでしょうが、これから私は母に対して何かできることはあるのか、不安になっています。

最後に、伯母の話を少し。
伯母はすい臓がんで、発見された時は末期でした。すぐにがんセンターに入院になったのですが、最初は点滴などで体力も回復したそうです。
しかし、数日後には高熱が出て肺炎になってしまいました。恐らく、院内感染、ではないでしょうか?
しかし、死因には「すい臓がんによる多臓器不全」とかなんとか書かれていて、なんだか怒りを覚えました。
がん治療を売りにした病院だから、死因を肺炎とは書けないのですね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1181.
ガンの転移
投稿者 : 飯田投稿日 : 2007/09/30 21:34

乳ガンから、肝臓へ転移し、抗ガン剤を2年位続けていますが、今月の18日に、脳内に転移し、65ヶ程ガンが出来、今はサイバーナイフ治療に通院中ですが、体全体が、冷たく、特に足が怠く冷たいのですが、肝臓や腸関係を暖めたほうがいいのでしょうか?
現在46歳です。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ