癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

1160.
GOD様
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2007/07/24 14:33

私の父がステント留置をしました。胃ではなく、直腸です。本来は、胃より上部でないと、保険でステント留置ができないのですが、ドクターが、「このままでは胃がんより腸閉塞で先に死んでしまう!日本の保険制度はおかしい!!」とおっしゃって、(直腸にすでに転移していたので。)留置となったのですが。・・・
父の場合、諸刃の剣になりました。・・・まず、キチンと所定の場所に留置されているか、確認しながらなので、それに体力が必要な事。(これは、体力のあるうちでしたので問題なかったのですが・・・)。父も幽門狭窄による嘔吐に襲われたのですが、直腸にも狭窄が起こり、ステント部からの痛みに襲われた事。こちらが父を苦しめました。「腸が痛てぇ〜」「ケツ痛てぇ〜」(患者本人が江戸っ子なもので・・・。ごめんなさい。)と、うめいておりました。
でも、患者本人は、今、体力勝負なところだから、ご家族の方に先に説明が行くとは思いますが、今の状態の説明、何故、ステント留置がお母様の場合出来ないと言うのか、その説明責任があると思うのですが。・・・
私の父は、千葉大学医学部附属病院での実施でした。
本当に、ケース・バイ・ケースで、私は医療関係者でもなく、おまかせ状態で、父の場合は、余命半年、99.9%
助かりません、あとは、QOLの向上のみ、です、といわれての、ステント留置でしたので。
はたして、有効な意見と情報となり得るのか、自分でも、今、悩んでおりますが。・・・

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1159.
ゆい様
投稿者 : てつ投稿日 : 2007/07/23 21:04

ゆい様
昨年、膀胱癌で全滴手術を受けました。
大丈夫、パウチを付けた生活にも慣れました。
膀胱が温存出来れば良いのですが、再発し易い性格の癌と言う事も有り、後の事を考えると早期の決断に迫られます。情報は沢山手には入ります。
先ずは、日本オストミー協会へアクセスしてみて下さい。その他の検索は、オストメイト、ストーマ等。
術前の抗ガン剤治療の様ですね、そろそろ1クール目の治療が終わる頃。
躊躇して予後を悪くしないように、医師と良く相談して下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1158.
膵臓癌→門脈に浸潤
投稿者 : 愛母家投稿日 : 2007/07/20 00:08

昨年元気印の母(62)が突然病魔に倒れました。
膵頭部癌ということでした。
手術では、胃の下から5分の1、十二指腸全て、胆管、胆のう、膵臓半分を摘出しましたが、がん細胞が門脈にすでに浸潤しており、これは取ることができませんでした。
4ヵ月間の入院中に20キロ痩せ、昨年8月末に退院してから更に10キロ痩せてしまい、長時間座っていることもままならなくなってしまいました。
ジェムザールを隔週で投与していたのですが、胃潰瘍や体調不良を起こすようになり、また、半月前の検査(CT)では、門脈の周りのリンパなど周辺組織への転移・再発が認められました。また、腹水も溜まってきており、しわしわに萎んでいたはずのお腹がパンパンに張ってきてきています。
このような状態の中、医師からは、もう抗がん剤治療はやめましょうと言われました。(体調を維持するのが精一杯なのが正直なところですが、)しかし、やはり、このまま再発が進んで死に向かう姿をただ手でこまねいて見ている気にはなれません。
副作用の弱いもので、何か、対抗手段は無いものでしょうか?特にタルセバについての情報をご存知の方いらっしゃいますか?
本当に母は可愛い人で、死なせたくありません!!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1157.
治りたい
投稿者 : とっかちゃん投稿日 : 2007/07/05 11:33

一年前に乳癌の施術を受けました。
その後、転移しないようにと治療薬と証した高価な点滴を一年間打ちました。
術後のケアは点滴のみで、一年後にペット検査を受けましたら、背骨に転移していました。
目の前が真っ暗になり、先生の言われるまま治療を受けて来たのに、その言葉に唖然としてしまいました。
今となると何故もっと術後のアフターケアをしてくれなかったのかと悔やんでも悔やみきれません。
同じような症状でお悩みの方で、良い方法が有ったらお聞かせ下さい

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1156.
許せません。
投稿者 : たか子投稿日 : 2007/07/01 23:26

先日、父がガンでなくなりました。
病院の対応に腹が立ってしょうがありません。
手術もできない末期だと宣告されたのに、余命もきかされずに、これからの治療方法の説明があったので、少しは希望が持てるのかと思っていましたが、入院は2週間後で自宅待機だといわれました。
その間他の病院を紹介してくれる事もなく急変するとどうしたらいいですかと聞いたら、救急で運ぶしかありませんと、しかしここの病院は救急がないので、受け入れる事はできませんといわれました。
やはり予感は的中しどんどん父の様態が悪化し、病院に連れて行っても何の処置もしてくれず、あまりに私達がお願いすると、実は別の処置方があって、とてもリスクが高いので、私達には勧めたくなかっただのといい始め、そんな事は事前に家族に説明し、私達が決める事ではないかと先生に疑問を持ち始めました。
医者は常に最悪の状態を言わないといけないのではないでしょうか。
その処置をしない事には父は助からないので、お願いする事になり3日後に入院をしましたが、既に肺炎にかかっていました。
あまりの事なので、先生につめよると、肺炎は家にいても病院にいてもなるものだと言われました。
開いた口がふさがりませんでした。
他にも疑問点があって質問しましたが、家族の気持ちを考えた答えは微塵も見られず、時には馬鹿にしたような笑いもあり、わからない事を聞いてるのに信じられない態度でした。
様態が悪化して病院に連れて行った時の何の治療もしてくれなかった言い訳は、他にも患者がいるし、特別には出来ないといわれました。
今思うとあの病院を紹介されたのが運命だったのか、先生に縁がなかったのかと、色々自分を納得させようと努力していますが、早く入院させてくれてたら肺炎にかからなかったのではないかとか、本当に悔やまれます。
父は肺炎で亡くなったのですから。
こんな医師は許せません。これからガンと戦って行く人たちがかわいそうです。
県では有名な病院です。
どうか何か参考になるお返事をお願いいたします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1155.
ありがとう、じいちゃん
投稿者 : こゆき投稿日 : 2007/06/30 05:50

こんにちは。
ここに投稿するのは二回目になります。今年のお正月に胃がんの宣告をうけた祖父が、26日の朝、亡くなりました。
偶然、祖母の誕生日の前日が命日となりました。
私は仕事で東京に居た為、連絡を受けて妹と共に実家の新潟へ飛んで帰りました。

入退院を繰り返していた祖父は、今月の頭に主治医からあと24時間と余命宣告をうけたことがありました。
そのときは祖父が入院してから、何度目の帰省だったのか。。。覚悟して帰省し、24時間つきっきりでおりましたが、その日は皆がお見舞いにきて刺激があったせいか、持ち越してくれました。

本当に我慢強く(我慢しすぎるくらい)、面倒見がよく、人に迷惑をかける事を一番嫌う祖父にとって、寝たきりで毎日モルヒネによる副作用と闘い、痛みとも闘い、うまくしゃべることもできなくなっていく闘病生活は、本当に辛かったであろうと、、、心が痛みます。

祖母と母が交代で毎日付き添い、24時間体勢でずっとそばにいてあげました。

仕事を大切にする祖父は、モルヒネによって意識が朦朧とする中、『俺の事はいいから、仕事は休むな』と、いつも言っていました。私もお見舞いに行くたびに言われました。

さすがに死が近づいていた頃は、自身で悟って複雑な心境だったようで、イラつきを隠せなかったようですが、、、最期に心臓が止まったとき、目をつむって、両目から一筋づつ、涙を流したそうです。

きっと、無念さと、看病に専念してくれた皆への感謝の涙だったのでしょう。

ずっと24時間態勢でつきそった高齢の祖母と、仕事、パート、病院を行き来して走り回りながらも祖母を支えた母には、本当にお疲れさまでした、と言いたいです。祖父が亡くなった悲しみが大きいですが、もう、くよくよするのは辞めました。

いっぱい泣きました。連日泣きましたが、あまり悲しみすぎると、祖父に怒られそうで、、、今度は、残された祖母と母を私たちが支えていかなければなりません。祖父が安心していられるよう、精一杯、できる限りの事をしていこうと思います。


じいちゃん、ありがとう、おつかれさま。

もう、我慢も心配もしなくていいから、ゆっくり休んでね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1154.
膀胱癌
投稿者 : ゆい投稿日 : 2007/06/26 02:15

はじめまして。すごく悩んでいます。
私のおばあちゃんが膀胱癌になりました。

とりあえず7月から、抗癌剤治療を行うらしいのですが、医者は膀胱を全部摘出するしかないかもしれないと言っていました。

膀胱を摘出したら、おなかに管を通して、袋をつけるみたいです。

そして、落ち込んでるおばあちゃんを見て、
私は嘘をついてしまいました。

『私の職場の人のお母さんも、膀胱摘出して、袋つけてるみたいだけど、めっちゃ元気なんだって』

すると、おばあちゃんは、袋つけたらどんな感じか、
違和感はないか、その人に詳しく聞いてきてと言われました。聞く人もいなくて凄く困っています。

誰かご存知の方、教えて頂けませんか??

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1153.
助けてください!!!
投稿者 : GOD投稿日 : 2007/06/19 23:58

私の母は胃癌です。主治医からはそれ以上詳細な事は言われていません。今現在、腹膜炎であるそうです。体力的な問題で手術、化学療法はできないそうです。胃幽門部狭窄により、水分のみの状態です。金属ステント留置術をして欲しいと言いましたが、100%できませんと言われました。現在、末梢点滴により300キロカロリーの栄養しかとっておりません。このままでは、癌が進行するより先に餓死しそうです。金属ステント留置術を行っている病院を教えてください。ちなみに、リンパ節転移なし、多臓器転移なし、いきなり腹膜炎でガン性腹膜炎とは言いませんでした。なんだか意味が解りません、とにかく餓死しそうです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1152.
ヒロキ様
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2007/06/17 23:59

私の父は、スキルス性の胃がん。54歳でした。でも、私が29歳の時の発病でした。嘔吐が激しくなって、個室に移動されました。その時にね。・・・
高校生の御兄妹が、お父さんの為に、日赤病院に、交代で泊り込んで看病してました。二人とも、地元の進学高校に居るのに、病院で勉強までしていた。・・・ついにお互い、話すことはなく、御兄妹のお父様は帰らぬ人になって、親戚の人に連れられて、病院を去っていったんだけど・・・。
この2人には敵わないと、思った。偉いと思った。
だけど、心配になった。学校に無事、行ける様になれるかな・・・。大学に通えるかな・・・。
そして、燃え尽きたりしてしまわないだろうか・・・。
お父様の看病しているだけで、ヒロキ君のお父様は、十二充に分かっているよ。
お父様に負担を、・・・なんて、心配しなくていいんだよ。高校生なんだもの・・・。
正直、大変な事がしばらく続くかも知れない。バイトとかして、生活の一端を担わなければ、ならないかも知れない。
たぬたぬの旦那さん(悪性繊維性組織球腫で右の骨盤を手術した本人ね。)は、実は、母子家庭なの。バイトもしていたし、夜学の国立短大にも行ったし、授業料は自分で全部稼いでいた。
胃がんで死んだうちの父も夜学の工業高校に行っていたし、(やっぱり、祖父が病気で他界したんだ。)私も働きながら大学に10年かかったけど、自分のお金に卒業した。・・・
今は、本当に辛いと思う。けど、絶対ヒロキ君の糧になる!!人の痛みが分かる人になるし、働きながら勉強した人は沢山いる。しばらく、ガッツなんて湧きもしないけど、時間が掛かっても湧いて来ると思う。
今、看病しながら学校に行っているんだもん。
だけどね。無理したら、心が折れるから、その時は、独りで、こっそり、ガーガーと泣いてしまうといいよ。
そのままで、いいんだよ。お父さんに奇跡が起きます様に。・・・

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1151.
本当に絶望的なのか…
投稿者 : yuka投稿日 : 2007/06/11 21:58

はじめまして。
私の父は、腹膜播種です。一昨年、アカラシアという食道の病気にかかり、その時胃癌にもなり、手術しました。そのあと退院し、すっかり痩せてしまったけれど元気に生活していたのですが、5月末ペット検査したところ、腹膜播種と分かりました。腹水もたまっていて、お腹が痛いようです。現在入院し、抗癌剤治療中です。「何もしなければ3ヶ月、長生きはできない」と医者の言葉に、母は絶望的になり情緒不安定になっています。父の病気も心配ですが、母の方が倒れてしまいそうで、心配です。娘の私には何ができるのでしょうか?
ご家族が癌になってしまわれた皆さんは、どのように家族で乗り切ってこられたのでしょうか?
私に力を貸してください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1150.
腫瘍マーカー
投稿者 : ryoma投稿日 : 2007/06/11 06:23

5年前に大腸がんをわづらって手術除去した友人が、腫瘍マーカーだけずっと異常値なんです。しかし転移が見当たらず、3ヶ月に一回の検査を5年も行っているんです。がん細胞はなくても腫瘍マーカーが出ることも あるのでしょうか?タバコは吸わないですし、数値も5をウロウロしているという不思議な値が続いています。どなたか教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1149.
再発の不安
投稿者 : きらきら星投稿日 : 2007/06/09 13:42

皆さん、苦しい状況で懸命に生きてる様子に頭が下がる思いです。
ところで、先日 坂井泉水さんが亡くなりましたね。彼女も子宮頸がんで、肺に転移して療養中の事故でしたが、私も彼女と同じ子宮頸がんで拡大子宮摘出手術を昨年の1月に受けました。
西洋医学的には後遺症は心配ないと言われましたが、疲れやすくて年中だるい状態です。8年前からうつ病の治療もしていますが、今回の冬場の鬱状態は本当に苦しくて辛い思いでした。
気分が上向きになってきた頃から腰痛で、歩くのも苦しい状態になり、またうつ病も再発です・・・
整形外科では骨に異常なしと言われ、接骨院にも通いましたが改善せず、今は鍼灸院に通っています。
腰痛は婦人科がんの再発かと心配になり、先日再検査してもらいました。
身体のあちこちから悲鳴が聞こえてきそうです。
どうすれば再発の不安を和らげる事ができるのでしょうか?初期のがんでしたが、真剣に悩んでいます。
良い方法、アドバイスがありましたら教えて下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1148.
肺&脳 何か良い知恵を!
投稿者 : S.T投稿日 : 2007/05/30 22:46

初めて投稿します 私の父が去年8月に 肺ガンの手術をしました 咳が酷く 中々治らない為 地元の総合病院にて 検査した所 肺ガンとの事でした 癌の大きさは8センチ位だったと思います 幸いにも 当時はほかの所には 転移はなく 専門病院での 治療をすすめられて ガンセンターにて 外科手術にて癌を取り切りました 術後の検査で リンパ節への転移も無く そして 術後9ヵ月目の定期検診にて 頭への転移が見つかり 様子をみながら ガンマナイフをすすめられています 肺ガンは脳へ転移しやすいと聞いてはいましたが ホントなんですね 今後 頭だけで癌が落ち着いてくれれば良いのですが 首から下に転移したら おそらく抗がん剤治療になると思います 抗がん剤治療も患者に必ず効果が有ると言うなら 試しても良いと私は思うのですが 患者や その家族の話しなど 様々な所から話しを聞くと あまり効果が無いとの話しの方が多いような気がします 抗がん剤を投与する事によって 効果も無く 逆に患者の体力を消耗させて癌の増殖の手助けになってしまうのでは?等と考えてしまいます 今書店でも免疫力を高めて 癌を治す などの本を良く見掛けますが 患者の声がまだ聞こえてこないのも現状です?実際どうなのでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1147.
免疫療法
投稿者 : マリー投稿日 : 2007/05/29 22:13

主人が一昨年の9月に大腸癌になりました。25歳でした。医師に抗がん剤治療をすすめられましたが本人が『毛が抜けるのが嫌、なんでそこまでするの』といって拒否したため抗がん剤治療はしませんでした。
昨年5月に再発しました。当初通っていた病院に色々設備がととのっている大学病院にうつることをすすめられました。そして、病院をかわり手術を受けました。
余命20ヶ月と宣告されました。主人の両親が本人には言わないと決めたので本人はいまだに知りません。
もちろんまた抗がん剤をすすめられました。本人はまた拒否したのですが、医師にも協力してもらいなんとか説得して治療を受けることになりました。
でも4回くらい受けた頃に、副作用がしんどいと言って病院に行かなくなりました。
主人の両親も私から行くように言ってと押し付けられる始末…。
がんこな主人は、今もしんどいらしいのですが副作用のほうがしんどいと言って…なってない人間にはわからないと言われる始末で…。

そこで、友達に聞いたのが樹状細胞療法でした。
保険はきかないけど、副作用もないし末期でもできると聞いたのですが…
樹状細胞療法を受けたことある方いらっしゃいますか?色々教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1146.
夢先
投稿者 : 京子様、かおりん様投稿日 : 2007/05/26 12:58

こんにちは.
私の知人も肺がん3a期で手術しましたが、脊髄や脳などに転移して色々な治療を受けました.
脊髄も脳も放射線照射で症状は消えました.
1度は職場復帰も出来ました.
ただ肺にも再発して治療打ち切りとなり緩和医療に移ったのです.
オキシコンチンが中心でしたが最後は張る痛み止めとなり、それらの併用で痛みはかなりコントロールできます.
ただ呼吸困難と食欲減退、身体各機能を奪われていくのは緩和医療でも止められません.
介護保険の世話になりながら(今年から60歳未満でも末期がん患者に適用されます)往診医などと連携して最後の数日前まで自宅で過ごす事が出来ました.
色々な治療法や介護法があると思います.
よく話し合って後悔の無いように過ごしてくださいね.
つたない文章ですが私の経験を書いて見ました.失礼します.

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1145.
陽さん
投稿者 : RT投稿日 : 2007/05/21 15:12

放射線治療に携わる職種である、診療放射線技師の卵であるものです。
3月に書き込みをされているので今も見てらっしゃるかわかりませんが、疑問とされていることについて自分がわかる範囲にて回答させていただきます。

乳がん=テレコバルトによる治療
という考えというものが、自分には最初わからなかったので調べてみたところ、昔はそういうものだったようですね。
テレコバルト装置というものは放射性のコバルトという金属からでる放射線(γ線)を用いて治療を行うもので、エネルギーの強さなどが変えられないものです。
現在ではこの装置自体がどんどん減少傾向にあり、もはや古い装置ともいえます。
ライナックという装置はγ線と性質の似たX線を用いるのですが、このエネルギーは調整が可能なもので、放射線治療といえばライナックを用いると言っても過言ではないかと思われます。
実際私が見学させていただいた病院でも乳がんの患者さまの術後の照射はよく行われていましたので、特に珍しいケースというわけではないと思います。

こんなもので安心していただけるとは思いませんが、少しでも役に立てればと思い書き込みをさせていただきました。
乱文乱筆失礼しました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1144.
肺がんから骨、肺に転移
投稿者 : 美b,Minako投稿日 : 2007/05/20 10:22

発見後、まずは、手術で、リンパに転移ありだけどそれも取り除けた。手術できたのでラッキーですね。で、2年半で、転移、痛みが激しく、放射線治療をし、抗がん剤の点滴治療をし、その後、イレッサを服用しました。副作用も下痢、皮膚異常、乾燥、脱水ぐらいでした。でもCEAの数字が上昇し始め、約1年目で、TS−1を服用し始めました。また、違う副作用が少しながら出ました。今のところ、吐き気、倦怠感、イライラ、服用してすぐ薬の影響かどうかわからないが、月はじめにあったのに2週間くらいしかあいていないのに生理がきたりしました。ものわすれがひどくなりました。まだまだ、高校2年の子供がいるので、頑張ります。でも、皆さんもそうかもしれないですが、生きる力(夢)をもって毎日、病気と話ながら病気とケンカしないで、生きていこうと思っています。気分のいい日は、手芸、読書、作文、メール、おしゃべり、好きなことをさせてもらっています。ただ、医療費がかかり、まだ、仕事もできず、母子なので福祉の力をかりながらの生活なのですこし、制限がありますが、そのなかでも、できる楽しみをさがし、考え、同じ生きるのなら、病気であることを忘れるぐらい、自分なりに楽しんで生きていこうと思います。でないと、苦しんだり、悲しんだり、くよくよしても、自分も悲しいけど、周りも悲しいと思うから。楽しく過ごそうと思う。(^^)v

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1143.
天国で楽しく・・・
投稿者 : 夢先案内人投稿日 : 2007/05/18 15:16

頑張っていた知人がとうとう逝きました。親不孝者様の言うとおり抗がん剤の治療はせず(いうか、希望したけれど出来なかった。痛み止めなどの薬のみでした。
2月になって脳の転移のため右手足が動かなくなり,入院して放射線全脳照射をしました。最後の治療でした。奏効して手足が動くと喜んだのも束の間、食事を受け付けなくなり,体全体が弱っていきました。
介護保険の申請・認定・業者と契約ケアプラン作成と慌しく過ぎ、放射線治療後2ケ月を自宅で過ごし、呼吸困難で5月4日最後の緊急入院、5月10日血圧急低下心停止となり永眠いたしました。
仕事一筋,終わればビール1杯カラオケが趣味でした。
優しい人でした。愚痴も言わず弱音も吐かず、運命と受け止め生きてそして逝きました。
遺骨は故郷のお墓に納めるべくお兄さんが連れて帰られました。
再発癌は本当に難しい。
もっと生きたい、生きていて欲しい。
日本中いえ世界中にそんな思いの人が沢山います。
どうぞ医療者の皆さん政府の方々有効な対策を一日も早く確立していただきたいと思います。
今はまだ辛くて悲しくてすべて虚しいです。
でも、皆さん希望を捨てないで!!きっとその先に未来が拓きます。
とりとめのない文章で失礼しました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1142.
はじめまして
投稿者 : rei投稿日 : 2007/05/16 13:17

私は癌と共存して2年5ヶ月になります。
最初の手術は直腸癌で肝臓に転移で両方を切除する事になりました。半年後に肝臓と肺に転移が見つかり、別々に手術を受けました。もう大丈夫と思ったらまた半年後に両肺と肝臓に再発してました。
主治医が開業の為、交代した事もショックでした。せっかく医師との信頼関係がうまくいっていてたので次の医師に慣れるのに半年かかりました。開業した元主治医のところにも話を聞いて貰いに行く事も出来てるので少し安心です。
今、私は手術は出来ません。元々貧血と血小板が少ないのが抗がん剤でかなり低くなってしまい輸血も何回もしてるのです。治療も1ヶ月に1回できたらいい方です。生理の出血だけでも輸血が必要なんです。生理を止める注射も月1回受け、白血球を上げる注射も2週間ごとに、体の中でがん細胞が育っていくのを黙って見てるしかないのは辛い事です。
ストレスが良くないと言われてもストレスだらけそれでも家族の為にいつも笑顔に!少しでも楽しい事だけ考えて明るくしてます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1141.
甲状腺癌術後の放射線カプセルについて
投稿者 : さよっぴん投稿日 : 2007/05/15 23:01

はじめまして。この間、甲状腺癌で全摘術を受けてもうすぐ1ヶ月になります。周りは、甲状腺癌なんて手術すればもう終わりだよ!と言って簡単な事を言っていたので私もその気になってそうだね!と簡単に思っていたのですが・・いざ手術を受けたら、当日はもうー苦しくて、痰はでるし喉は異常に乾くし・・・長い夜でした。今考えるとぞっとします。もう二度と全身麻酔の手術は受けたくありません。ですが、今後放射線カプセルを飲んで治療(再発予防)をする予定と言われています。私にとって始めての事なので不安でいっぱいです。副作用とか・・・。Drは何にもないよ!と言ってましたが、なんかありそうな感じもしない訳ではありません。経験した方、どうぞ教えて下さい。お願いします。まだ色々な症状で悩んでいます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ