癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

1140.
はじめまして
投稿者 : はるか投稿日 : 2007/05/11 13:54

初めて書き込ませていただきます。
実家暮らしの娘(20代後半)です。
父(50代前半)のガンで色々思っているところこのサイトにあたりました。
父が2年前くらいに原発不明の扁平上皮ガンになりました。
手術はしにくいということで放射線治療をして退院をし、
日常生活が送れるくらいになりました。(会社にもいっていました。)
しかしここ半年くらい(退院からは1年ほどたったところです)の抗がん剤治療の副作用などで具合がずっと悪そうで、家で療養しています。
今回の検査の結果としては肝臓への転移のような状況のようです。

父が具合が悪いとなると母も非常に不安定です。
最愛のだんなさんが具合が悪いことのつらさもわかります。
でも、私も父が心配で母も心配です。
健康ですが老齢で介護が必要な父方の祖父も一緒にいます。

やさしくしなくてはならないのはわかっているのですが、
祖父に関しては父も少ししっかりしていただきたく
母も気持ちを強く持ってほしい。
そんなふうに思ってしまう冷たい娘で自分が情けないです。

たまにお見舞いに来るときにやさしくすることはできます。
毎日は難しいです。
私も仕事があるし、実家も出たくて結婚もしたいと思っていましたがなかなかそういう段取りにならなさそうです。

ここのサイトで当人も家族の方も仲間が多いことを知ってほっとしました。
ありがとうございます。またきます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1139.
さあ〜ちゃん様
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2007/05/10 02:23

病院に、精神科はありますか?また、ソーシャル・ワーカーさんとか、いらっしゃいますか?
精神科は、患者本人でなくでも、かかる事ができます。
主治医に相談すれば、院内で紹介してもらえるかも知れません。抗がん剤の副作用の説明を受けたかと存じますが、神経がカリカリしてしまう事もあるそうです。主人の時も、少しそんな事がありました。抗がん剤での嘔吐のコントロールの為に、胃で効くタイプのと、能でコントロールする薬とがあるそうです。私が、精神科で処方されていたのが、ゾロゾロと・・・。
がん友達が出来ると、気持ちが共感出来て、少し落ち着かれるやも・・・。主人は、お友達を作ろう、という
タイプではありませんでしたが、がんセンターは、がん患者ばかりなので、『自分だけじゃない』のが、本人が乗り越えられた一因かも知れません。院内に『患者の会』があればいいですね。
私もそうですが、一生ケアが必要そうな病気をすると、孤独感に襲われます。私の場合は、義母から、宗教にはげまないからだ、と強要されましたから、余計でした。
化学薬品嫌いの一族でもありますので、精神科の薬は毒だ、自然療法にしろ!とも強要されました。子供に悪影響だ、ということで。(子供を産む機械じゃないんだぞ!!)うまく、仲間が出来て、お互い愚痴がこぼせるといいですね。
保健所の精神相談も一案です。保健婦さん(看護士として経験を積んでからでないとなれない専門職です。)を紹介してもらえるといいですね。万が一、お父様がお母様に手をあげる事があるようなら、警察の手を借りてしまうのも、必要かも知れません。民事不介入ですが、取り押さえるのは、得意ですから。お母様が怪我をしては、苦しみも増えます。
まずは、主治医に相談してみて下さい。・・・

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1138.
はじめまして。
投稿者 : ヒロキ投稿日 : 2007/05/10 02:00

はじめて書き込ませてもらいます。
僕は17歳の高校生です。
父の胃癌が発見されてから、もう3年が経ちます。
まだ43歳の若さです。
3年の間父は癌と闘いながらも頑張って生活してきました。
僕も絶対に治ると信じていました。
しかし、先週の土曜日に発熱して以来体調も急激に悪化し、母から言われたのですが、 医者にも「もう良くなることはない」と言われてしまいました。
たぶん今も不安で不安で仕方がないと思います。
2日前には涙も流したと言っていました。
何もしてやれないのが悔しいです。
父に負担ばかりかけた自分のせいで父が癌になったかもしれない。
そう思うと辛いです。
何とか笑った顔が見たい。
あと何日生きられるかわからない。
何かしてあげたい。
もうバラバラな文章ですいません。
今日母にその事を聞いてから涙が止まらないし、 誰に相談もできるわけでもない。
もう落ち着かないので、 癌のことについて調べてたらここにたどり着いたので書き込ませていただきました。
今一番辛いのは父なのに・・
でも書いたら少し落ち着きました。
何とか楽しませるとういか気が紛れるというか そういう物がないのか考えてみても、 もう一人では立ち上がれないし、 トイレに行くのが精一杯な状態なのでもちろんテレビも見ることも出来ないんです。
何か方法はないものかと考えています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1137.
この決断で正しかったのか?
投稿者 : 無力な息子投稿日 : 2007/05/08 14:06

3月末に実家の父が、深夜下半身麻痺をおこし、救急車で病院をたらいまわしにされ、結局循環器病専門の病院に入院。当初は3年前の脳梗塞の再発かと思っていましたが、CTを撮ると脳腫瘍が見つかり、手術を前提で検査を進めると先ず胸椎への転移、そして肺、肝臓の転移が発見された。
その病院では、整形・呼吸器外科の専門医が居ないため、胸椎、肺と転移が分かる度に、専門医のいる病院へ、俺が紹介状とレントゲンを持って診断を依頼。整形・呼吸器外科共に手術は不可と言われ、最終的に脳腫瘍を取ることも不可能と主治医に宣告され、ホスピスを紹介される。但し絶対条件として、本人への告知が必要との事で、主治医と共に本人に告知、そしてホスピスへの転院を受付してもらったものの、本人への告知から既に1ヶ月以上経過するも、未だホスピスの空きがでず。最初は気丈に振舞っていた本人も、痛み止め中心の治療で、日々意識混濁状態。息子の俺と、自分の弟との区別もつかない状態。
こんな事なら、主治医に背いても告知をせずに、ホスピス以外の手段を選ぶべきだったのだろうか? 正直辛い。
  神様がいるのであれば、どうか安らかな最後を迎えられるよう、今は一日も早くホスピスへ転院できる事を祈る。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1136.
泣きたい気持ち
投稿者 : tetsu投稿日 : 2007/05/03 21:42

先日、母が肺癌からの脳転移がわかったと書き込みをしました。まずは、励ましの言葉をかけてくださった方には大変感謝しています。とても励まされました。

退院をしてから1ヶ月半で再び入院となってしまいました。やはり頭が痛いということからです。服用していたイレッサは副作用で肝臓機能の低下が見られ止めざるをえなくなりました。そして医者からはとうとう聞くにつらい話が出てきました。余命という言葉がついに出てきてしまったのです。
現在、頭の内圧を下げる点滴をうっていますが、2週間ほどまでしかもたないとのこと。それ以後はがん細胞が脊髄を通り呼吸不全になると言われました。そのためMRIでもう一度検査を行い全脳照射が可能か結果を待たなくてはなりません。不可能なら最悪の結果。可能であっても根治の可能性は無い上、痴呆や麻痺などリスクがあります。
今日は5月3日。つらくて我慢できなかった父が連休中には言いたくなかったがと泣いて話してくれました。連休が終わってから話そうと一人で抱えていた父の言葉に涙があふれました。大事なことだから話してくれてありがとうと。

癌の告知も脳への転移も母は知っていますが、今回のことを母は知りません。病院での母は、笑って話しているし、天気がいいから自分のシーツを干しといてほしいとか・・・。

つらいつらい闘病の話をよく聞きますが、今の母を見ると癌であることも目前に迫っていることも感じられません。
長々と書いてしまい申し訳ありませんが、私はあきらめたわけではありません。母の病状が回復することを願っています。
全脳照射について詳しい方がいらっしゃるなら、いろいろ教えてください。よろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1135.
ニシ様へ。
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2007/05/03 00:50

ありがとうございます。
主人の親族(特に女性陣が。)は、論理を超越している考え方をする事が多々あり、特に主人の母が宗教的に偏り(『因縁』が云々と言うやつですね。)があるので・・・。あと、主人は親族の長男であり、期待がかかっている事、偏食が激しい事があり、『嫁が病気にさせた』、という考えが発生しているのです。(好き嫌いを治さないのは嫁のせい、宗教にきっちりハマらなかった嫁のせい、など。)
宗教と病気について問題が発生するのは、実は案外すくなくないのではないか、と考えています。
本人が望み、そこで、気持ちが清算され、生き方の指針に、病苦においては、死に臨む(誰もに、必ず死は訪れるから。)有り方の基盤になるなら、それは尊重されるべきですが、押し売りは、・・・。いかんですよね。
てんかんが発病した頃、頭痛にやたら苦しんだ事があって、車に乗せられ、お清めらしき儀式に引きずられて行ったのは苦痛でした。だから、主人の時は若干の鞍替えをして、押し売りしてきたので、『んなの、合点がいかねぇ〜よっ!!』と叫び、お膳に片足上げて勧進帳を斬ったので、主人に怒られました(やり過ぎたーー;)
そこまで、やらないと、ダメなのです。
でも、切り替えはキチンとしています。それ以外の事は
義母に、噛み付く事は、ありません、かな?!(笑)

大学病院、がんセンターの入院中、結構おじ様・おば様達に結構可愛がられた経緯があり、お互い情報交換しておりました。その感覚の延長で書き込みさせて頂いております。やたら、場数だけは、踏んだので。・・・
父も、ひょっ、と隣りの人を手伝う感じの人でした。
その気質を受け継いだだけのこと、です・・・。
なぁ〜も、なぁ〜も・・・、です。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1134.
癌と戦う全ての方々へ
投稿者 : 春を愛する人投稿日 : 2007/05/02 22:44

子宮癌で子宮全摘出した彼女が居ます。手術は成功したのですが、数年後、肺に転移してる事が発覚しました。最初は手術で肺に出来た癌を摘出するはずだったのですが精密検査の結果、血管にまで腫瘍が出来ていて手術不可能って言われました。それを聞いたとき俺は頭の中が真っ白になって、ずっと一人で泣いてました・・・子宮癌が発覚した時に、こうなる事も全て受け入れる覚悟はしてたけど、愛する彼女が生きれる時間に限りがあるって思ったら涙が止まりません・・・。30代前半で普通の人の半分も生きてないのにって思いました。でも、もし彼女の命が限りあるなら、その残された時間を一緒に笑ったり悲しんだり一緒に過ごせたらって前向きに考えるようにしました。手術不可能って言われて半年になります、抗がん剤の副作用が、キツくても彼女は生きる希望を捨ててません。むしろ手術できないって言われた時より元気になってます!血管に出来た腫瘍も半分の大きさまでに小さくなってます。俺は、彼女の癌が無くなるって信じてます! 病は気からって言うように、毎日笑ってれば癌も無くなるはずです。
癌と戦ってる方々へ
生きる希望を捨てないで!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1133.
癌、第4の治療法
投稿者 : 横野投稿日 : 2007/04/29 13:14

わが国では、第4のがん治療法は免疫療法とされているが、欧米や中国では直流電気を通電して低下した膜電位を回復させるという治療法が第4の治療法として定着し始めたようです。末期の方のがんもこれによって消失したという論文が多く見受けられます。日本では、二例ほど報告されていますが、この治療法についてご存知の方はおられませんか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1132.
化学療法を受けるべきか困っています。
投稿者 : Qちゃん投稿日 : 2007/04/28 15:02

母が、大腸がんになり手術をしたけど、半年たって、転移していることがわかり、医者から、化学療法を受けることを進められました。でも、母は70歳で激やせしており、小食です。化学療法に絶えられるか心配です。でも、何もしないのも心配です。今、呉にある国立病院(がんセンター)に通院しています。違う病院にもいってみたいのですが、どこか近くにいい病院を知りませんか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1131.
絶望的です
投稿者 : りん投稿日 : 2007/04/28 15:02

はじめまして・・・
やはり胃癌腹膜播種・・・手術は無理なんですか・・
まだ32歳・・・
只今、抗がん剤投与中
神様、彼を連れていかないで下さい

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1130.
狭間で
投稿者 : ともち投稿日 : 2007/04/28 08:28

はじめまして、昨年の11月に母がすい臓がんと診断され、余命4ヶ月と宣告されました。今日まで、何度か危ない時期がありましたが、母もがんばっています。いつもは、母の世話を私の姉と父と三人で面倒を見てきましたが、私の一人娘が卒園、入学の時期を迎え、残り少ない母との時間を過ごしたいと思いつつ、それ以上に初めての学校生活に必死の娘の面倒もちゃんとみてやりたいという気持ちがあり、ストレスがたまってしまいました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1129.
免疫療法終わりました。
投稿者 : けん投稿日 : 2007/04/26 13:04

また2ヵ月ぶりの書き込みです。大腸がん・ステージW腹膜播種・手術から半年が経ちました。
体調は・・・普通です。最近また便が細くなったような。
免疫療法6回が終わりました。それを受けて4月17日にマルチスライスCT検査を受けました。昨日その結果を聞きに言ったのですが・・・良くありませんでした。肝臓・肺等臓器への転移は見られないものの、腹水が増加しているとのことです。便が細くなったのも腹水で腸が圧迫されているせいではないかと。腫瘍マーカーは「8」程度であまり気にしなくてよいとのことでした。
正直がっかりしました。その一方でさすがは難病、そう簡単ではないか、とも。
早速来月から次の抗がん剤治療にはいることにしました。「フォルフィリ」なる薬で、2月まで受けていた「フォルフォクス」と同じく今主流のものなんだとか。免疫療法はしばらくお休みです。
本音は、抗がん剤投与には抵抗があります。いずれ効かなくなることを考えると、もっと永続的に取り組める方法はないのかと。
でも、退院以来 玄米菜食はもちろん、日々の運動や岩盤浴・睡眠などにも気を配り、免疫療法も試みたのですが・・・。
また、悲しい気持ちになってきました。いったいいつまで生きられるの???
一昨日は娘の6歳の誕生日でした。また彼女の誕生日を一緒に過ごすことができるのか。
あー仕事にも身が入りません(この投稿は会社からしています)。やれやれ。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1128.
下咽頭癌で放射線治療で癌は消えましたが
投稿者 : 阿部投稿日 : 2007/04/26 10:21

癌は治りましたが水も食事もとる事ができなくなりこまっております、気管の方に入り肺炎をおこすため胃ろうで栄養剤をとっております。普通に食事がとれるようになりたいので直せる病院を紹介して頂きたいと思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1127.
1106さん
投稿者 : R投稿日 : 2007/04/23 17:51

私の父も肺気腫と診断されてから5年後に扁平上皮癌になりました.現在65歳です.

やはり肺気腫という病気の性質上手術はできませんでしたが,放射線治療と薬物療法を併用するという形で治療を開始してから半年間が経過しています.
放射線治療に関しては,SMRT「ガンの箇所に多角的に放射線を照射して治療する方法」を選択しました.

肺気腫の状態を考慮し,放射線照射回数は大きく制限されましたが,その治療効果は,原発20%に縮小,転移箇所3箇所いずれも消滅といったものでした.

現在は放射線治療の制限回数を終え,化学療法のみに移行しています.

追記として,私の父の場合は放射線の副作用から低温肺炎をおこしましたが,これは治療前から医師より説明がありました.安静にして体力回復を待ちながら化学療法を続けていきます.
辛いお立場,お察しいたします.
何かご参考になれば幸いです.

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1126.
膀胱がん手術
投稿者 : カロみ-お投稿日 : 2007/04/13 15:58

膀胱癌摘出手術を一ヶ月前にうけました。
検査の結果筋肉まで癌がいってるので再度今月24日に膀胱一部切除と言うことで手術をします。
前回の時は放射線治療と7日間抗がん剤を投与しました。
1ヶ月過ぎた現在も夜のトイレが1時間置きでぐっすり寝ることができません。
膀胱が小さくなったら排尿がどのようになるのか心配です。58歳女性

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1125.
大好きなお父さん
投稿者 : かおりん投稿日 : 2007/04/04 01:09

初めまして。書き込み失礼致します。
私の父は、一昨年の年末の会社の健康診断で要細密検査で再度検査した所、肺がんのVb期と言われました。医師には56歳とまだ若いので抗がん剤と放射線の両方した方がいいと言う事で去年3月あたりから治療を始めました。その結果癌巣は抗がん剤、放射線治療が合ってたのか、頭髪が抜けるだけで嘔吐もなく小さくなっていったようでした。それから自宅療養になり父も元気になり、仕事に復帰出来るかな?と言う所で、胸部の痛みと痰のからんだ咳をするようになりました。今我慢するならちょっとでも早く痛み止めもらったら楽になるんなら薬もらいに行こうか?と日曜日だったので救急外来で診てもらいました。その結果、胸水が溜まっていて、その水が普通は白いらしいんですが血がまざっているのか赤かったので、急遽入院になりました。その日は一気に胸水を抜くと萎縮してる肺がびっくりするので1リットルだけ抜きました。次の日もその次の日も抜いてもまだ少し出るので輸血と止血剤を投与しました。結果、胸水は止まったのですが、3週間前、母が見舞い、帰ったすぐ後に痙攣を起こしたそうです。意識が無くなって行く中で、ちょうど向かいの患者さんの奥さんがいらっしゃったので奥さん!!呼んで!!と声を出したそうです。お陰でなんとか意識も戻りホッとしたのもつかの間、左手に痙攣があると言う事は脳があやしいらしくそのまますぐ脳のMRIをとりに行った所、脳に転移がみつかり、肺にも再発したと言う事でした。脳の方はまだそんなに大きくなく1箇所だったのでガンマナイフで治療しました。それから、医師の皆さんで話し合いの結果、今すごい元気やから今また抗がん剤で体力失うしこのまま治療しない方向で行きますか。と言われました。そう言われてから1週間がたちます。つい最近までは1日置き毎に母と交代で仕事帰りに顔を見に行ったり日曜日は母と二人で行ってるんですが母と二人の時は大丈夫なんですがいざ1人で行くとなるとおそらく泣いてしまいそうで今は1人で行けずじまいです。ちょうど今日母が、やっぱり痛みが出てきたみたいやわ。と言ってました。そんな話を聞くと父の事を思うと辛いです。母と二人して泣いてしまいました。これから緩和ケアなどに頼る事になると思います。母とどうしたらいいかわからず、本を読んだりしています。緩和ケアについて詳しい方いらっしゃったら教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1124.
ありがとう。
投稿者 : ダブルM投稿日 : 2007/04/04 00:18

私は5年前に、ある大学病院で乳がんの手術を受けました。術後の抗がん剤治療に耐えられず、治療からにげました。薬の副作用の辛さより、劣悪な治療環境が私から治療を遠ざけた理由です。
病室は暗く、汚く、臭く、看護婦が事務的に業務を遂行する。病気を治すというよりは、死期を待つ患者がうける終末治療を受けている感覚でした。

2年前に体調の不良を感じ、ある大学病院に駆け込みました。予約も紹介状もない私を受付の女性は優しく対応してくれ、先生も快く診察してくれました。そこで現時の担当医に出会いました。
先生は逃亡暦のある私に、副作用の弱い錠剤の抗がん剤を勧めてくれました。しかし、薬の効果はあまりみられず、昨年末に2度目の手術をうけました。
その後先生に通院による抗がん剤治療を勧められたとき、以前の暗い記憶が甦りましたが、先生を信じ治療を決心しました。実際に治療をうけると、以前のイメージは払拭されました。病室は明るく、清潔。看護婦と薬剤師による病人の立場に立った心のケアも行き届き、以前の治療ではもてなかった(がんばって病気を治そう)という意欲が芽生えました。
薬の副作用は辛く、くじけそうになることもありますが、自分にとっては最適・最高の治療環境の整った今通院中の病院で闘病を続けていきたいと思います。先生並びにスタッフの皆様、これからもよろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1123.
すっぴんさんへ
投稿者 : ステラテラ投稿日 : 2007/04/03 23:02

ついこの前の3月に,私も主人を癌で亡くしました。自覚症状がなく,1月の中旬に腹痛で救急車で運ばれ,最初は腸閉塞程度と思っていましたが,検査を重ねるうちに,1月末に大腸癌と肝臓への転移も分かり,急いで手術をしましたが,膀胱への浸潤も著しく,手がつけられず,そのまま閉じられました。その後,抗がん剤治療に期待をしましたが,肝臓の状態が悪く,治療が出来ないまま,緩和ケアを行いつつも,3月20日に他界しました。癌と分かってから,わずか2ヶ月足らずです。
私も,あれがいけなかったのかな?とか,いろいろ自分を責めますし,緩和といっても,やっぱり最後は痛がるようです。私も,主人に緩和をするとの約束をしましたが,嘘をついたと恨まれているのでは,と胸が苦しくなります。
同じような,気持ちの方がいるのだと知り,なんとも上手に言えませんが,こういう終わり方をするがん患者は私達の夫以外にも,たくさん居ると思います。すぐには難しいですが,お互いに,自分を責めることなく,前を向いて歩いて行きましょう!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1122.
脳への転移
投稿者 : 京子投稿日 : 2007/03/30 14:00

父が昨年10月末に肺ガンといわれ、胸水をぬく治療から始まり、抗がん剤、放射線治療をしました。抗がん剤は効果が認められませんでした。放射線が終了し退院していましたが、先日通院の際、脳に点々と影があり再入院しました。症状としては両手足のしびれ(麻痺)、物忘れ(痴呆症みたいな感じ。名前などはわかりますが)現在はむくみをとる点滴、来週からは脳への放射線治療が行われます。今後どのような症状が現れ、最悪な場合(放射線の効果がでない場合)余命はどれくらいと考えていればよろしいですか?回復の見込みはありますか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
1121.
転移性骨腫瘍についてゆうこさんへ
投稿者 : なべ投稿日 : 2007/03/30 11:15

骨に転移しやすい癌は、肺癌、腎癌、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、前立腺、肝癌、乳癌、甲状腺癌の順です。これくらいの臓器を徹底的に調べるには、もしその病院が癌の診断治療で現在の日本の標準レベルの技術と設備を持っていてそれ相応の患者さんが集まっている病院であれば、やはりそれくらいの日数はかかるかもしれませんね。あるいはそれ以上かかるかもしれません。
ところでPET-CTはお受けになられたのでしょうか?PETも100%ではないですが切除部位の再発診断やリンパ節転移の診断、そして原発巣発見への手懸りにはなりうる可能性はあると思います。もちろんやってみないとわからないですが。
私の妻は45歳で胃癌stageVbで膵臓への浸潤性の転移ありです。今年の1月に胃全摘と脾臓全摘、膵尾部切除、胆嚢切除しています。まだ受け止められなくて独り泣いてばかりいます。妻の今後の事、仕事の事、子供達の事、これからの事で頭がいっぱいでおかしくなりそうにもなるけど、頑張って支えていきたいと思っています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ