癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

1000.
ともこ様 ぶんこ様 たぬたぬ様
投稿者 : ささめ投稿日 : 2006/09/29 00:04

あたたかい励ましありがとうございます。

ともこ様。
書き込みありがとうございました。お母様が同じ状態とのこと。本当に他人事には思えません。
こんなことを言っては不謹慎かもしれませんが、今自分と同じようにともこ様も頑張っているんだ、と思うと少し心強いです。
寒くなってきたのでお体には気をつけて下さいね。
(私は早速風邪をひいてしまいました。うつさないようにしなければ・・・)

たぬたぬ様。
お父様だけではなくご本人もかなりの武勇伝をお持ちなんですね(笑)。半月病室泊り込みは本当に驚きました。(私は3日連続でへとへとでした)でもとても力強かったです。なんだか勇気づけられました。
ありがとうございます。

ぶんこ様。
癌は痛いせいなのか、使う薬が多いですよね。
薬は効くと嬉しいですが、戻れないところへ進んでいくのがわかってじわじわと怖いです。
薬や点滴が増えていくたび「これはなんですか?」「これは?」と聞くしかなかった自分がいます。
「痛い」と言われてもなにも返せなかったり、「大丈夫だよ」と苦しそうな顔で言われて、やはりなにも言えなくなったり・・・。
お父様には告知されていないのですね。(私は父から告知をされました。本人がハッキリと口にしたおかげで家族全員知らない者はない状態でした)
告知をしていないのは家族にとっても少し辛いですね。
先生との問題が早く解決して、いい道が開けますように。

私は大丈夫です。父はまだ生きてくれています。
個室を寂しいと嫌がっていた父なので、意識のあるうちになるべく沢山会いに行こうと思います。
安定しているように見えても全く水も飲めていないので、いつなにがあるかわからないし。
本当は病院から出勤できるといいんですけどね。体力、もっとあればいいのにな。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
999.
GOROさま
投稿者 : わけん投稿日 : 2006/09/25 22:51

私の母は胃癌で肝臓に10個転移しています。胃は2/3切除いたしましたが、手術後は抗癌剤により治療を続けてきましたが、経過が思わしくないので、先日、高度活性化NK細胞療法を行っているクリニックにセカンドオピニオンで診察してもらいました。結果は、抗癌剤とNK細胞療法の併用を薦められました。しかし、NK細胞療法をやるには抗癌剤を最低でも1ヶ月半は休止しなければならいということです。理由は採血した血液を培養するのに2週間必要であり、抗癌剤の休止期間に培養した血液を体内に戻す点滴を行わないと効果がえられないからです。(採血する時も点滴する時も血液が一番良い状態でなければ効果がないということです。)もしこの間に抗癌剤を投与すると正常な血液や細胞が弱くなってしまいうそうです。近々に主治医に報告するのですが、この治療法を行うにはどうしても主治医の了解が得られないとできません。抗癌剤の投与と血液の採取・点滴の日程調整や患者の状態を情報交換しなければならないからです。現在、家族全員でこの治療を行うか非常に迷っています。「1ヶ月半も抗癌剤を休止して大丈夫か。」とか「安全なのか?本当に効果があるのか。?」と不安ばかりです。うまくお答えできませんが、一度この「NK細胞療法」を行っている病院行き意見を聞いてみたらいががでしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
998.
ささめさまへ
投稿者 : ぶんこ投稿日 : 2006/09/25 01:23

こんばんわ

病状の悪化してしまったお父様をご心配するお気持ちお察しします。父も骨転移しており、”痛み”との闘いです。沢山の薬を色々と重ねて使っておりますが、完璧に痛みを取るのは難しいようです。痛み止めや化学療法の副作用で両足が腫れあがり、動くのすら辛く歩く事や少ない階段の昇り降りですら、今の父にはかなり辛そうです。先週、いつもの抗がん剤で入院した折、腰の痛みの箇所を検査した所、新たに癌が見つかりました。リスクを覚悟で放射線の治療をし、やっと今週、自宅へ戻って来ました。入院した頃に点滴で痛みや他にも痛み止めを併用しておりましたが、もっと完璧に痛みを取る薬に変えたら寝たきりになると言われました。医師から退院時に痛みと上手く付き合いながらその痛みの薬の副作用とも上手く付き合いながらと...実際は、かなりの痛み止めを併用しており、通院や入院の度にその薬の種類は増えてます。その薬の色々な副作用を抑える薬も増えてます。最近は、幻覚も出始めております。横たわれば痛みが無いと言った父だったのですが、最近は、横になっいても痛みを訴える事が多くなりました。我が家は父に”癌の末期や余命の短い事”を告知していません。『明日になったら、元気になる、この前の薬がきくから、頑張るから』と話す父ですが、仕事もあり、中々思うように出来ない自分に苛立ちを感じます。末期の癌の爆弾を抱えており”急変”の場合にどれだけ対応できるか、父や家族の望む自宅でのサービスがあるのか?と検討しながら介護保険の申請をしようと思っております。

正直な所、医師との意志の疎通の難しさも感じており家族への医師の話しも一度きりでして、何とか、、、医師から今の父の状況や今後の事など相談したいと思ってた矢先に病院の都合?担当の医師が代わりました。あまり良い気分で無かったのです。

お父様を思うお気持ちはきっと伝わりますよ。癌で衰弱していく姿を目の当たりにするのはかなりお辛いと思います。何も出来ない自分への苛立ちもあると思います。きっと何をしても後悔や葛藤や動揺ってあるのだと思うのです。末期で残り少ない命でも何とか癌と共生して痛みが無くて穏やかに一日でも一緒に居たいと思っています。どうか、ご自愛くださいね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
997.
看病していれば、仕方のない事だと思います。
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/09/24 12:13

ささめ様。

看病している側も生身の人間。疲労が重なれば、仕方のない事。・・・それ程、病気のお父様の傍にいらっしゃった、と云う事ですから。ね。・・・

今、御家族総出で看病されている事は、例え、麻酔系の痛み止めで、赤ちゃんみたい、に、なられても、わかっていらっしゃる、と思います。
父の時は、モルヒネ(最後に使用。)した時、うわ言の状態にも関わらず、たまに話しに参加したり、(しかも、父と私と看護婦さんしか知らない、『担当のドクターの話し』)を、朦朧としてくれまして、私の肝を冷やしてくれました。
言葉は出ないけど、水を欲しがったり、最期は、「酒ぇ〜」と言ったり。・・・(末期の水は、ビール、と云うのが、父の最後の武勇伝です。・・・)

だから。お父様の前では、楽しいお話を、お父様とお話ししている様に、してあげて下さい。(不用意な話しはしない様に、と、父の時、看護婦さんから、注意を受けました。『意識があるから』と。・・)

今、肉体的にも精神的にも、お辛い事と存じますが、ささめ様が休める時は、休んで下さい。
共倒れをした張本人からの、(交代がいないので、病院で約半月、自宅に戻らず、病院に泊まりこんでました。交代が来たのは、他界する3,4日前。・・・)
お願い、です・・・。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
996.
両顎の下の大きいしこり
投稿者 : ふぐがお投稿日 : 2006/09/23 13:59

62歳です。 ある日顎の下にしこり。ネットで検索該当なしです。大変心配ですが何故で眠れない日がつづています。 回答をお願い申し上げます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
995.
ささめさん
投稿者 : ともこ投稿日 : 2006/09/23 12:56

はじめまして。

お父様に付き添う家族の方の心労は察するに余りあります。
お父様は母と同じ状態です。
自分からの表現は中々手段が限られていますが、こちらの話は必ずわかってくれています。
なので、退院したら暫く私の家で療養しようね、とか元気になったお祝いの旅行はどこがいい?とか、そんな話をしています。

話せなくても、手をつないで『ここ痛い?痛かったら手を握って』などと少しですが意志の疎通が図れる時もあります。

お疲れが出ません様に・・・。

生きていたらどんな事でも反省は必ずついてまわります。
そんなにご自分を責めていると哀しい表情になってお父様が心配されますよ^^

余りにもお父様と私の母の状態が似ていて、他人事とは思えず突然の書き込みを失礼致しました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
994.
病状の悪化
投稿者 : ささめ投稿日 : 2006/09/22 03:12

ぶんこ様、たぬたぬ様ありがとうございます。

たぬたぬ様、今回は活用できませんでしたが詳しいお話とても参考になりました。
こちらこそありがとうございました。

先日、父の病状は一気に悪化しました。
それまでは「死にそうなくらい痛い」と言いながらも、一日五分しか寝てないんじゃないかという状態でもまだ「父」だったのですが、(夢の中のできごとのように、話している内容が繋がらなかったり話が飛んだりしてましたが)先日痛みがひどすぎるのでと「麻薬系の痛み止め」(今までのものより3倍強いものだそうです)の座薬を使ったところ、寝たきりのような状態になりました。

今では赤ちゃんのようにまばたきもせず、じーっと目を開いている状態です。
声は「あー」や「うー」ばかり。
それでもたまに、言葉を言います。
今までどんなに痩せ細っても、どんなに痛くても、「まだいけるよ」と思っていたんですが、まさか一日でこうなるとは・・・。

先生は姉が色々と話をしてくれて(姉はとても気がきくしっかりした人です。忙しい人なので姉は今まで対応を母に任せていました)家族総出で必死に看病していることや父の急激な病状の変化もあり、だいぶ親身になってくれるようになりました。

寝たきりになっても声は最後まで届いているということなので、最後まで頑張ります。
でも、もっと元気な時に優しくしてあげればよかったな。
苦しみ続ける父を見るのに疲れて「もう帰っていい?」と言ってしまったことや「お願いだから寝てよ」と懇願してしまったこと。後悔してます。
一番寝たいのは、誰でもない本人だったのに。

こんなことになるなら、苦しみ続けているのを見ていた方がマシでした。
いい年してなにをやってるんだろう。
思いやりのなかった自分を反省する今日この頃です。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
993.
お袋が今日、退院
投稿者 : 親不孝者投稿日 : 2006/09/20 23:13

昨日、以前から言われていた、退院の条件で介護認定を受けて、訪問看護を受けるとゆうことで、担当医師、ケアマネージャー、訪問看護士、病院の介護支援室の室長、お袋の担当看護士を交えての今後についての話し合いがもたれた。主治医から病状説明があったあと、訪問看護をどうするか?介護ヘルパーをどうするか?を話し合い、訪問看護は、毎日家に来る。ヘルパーは、妹が仕事を休むと言うことで、訪問介護は、なし。俺の気持ちも話、「しんどいのを承知で出来るだけ家で過ごさせたい。」
お袋の今の状態は、体調が今日は良くても明日は分からない状態。
お袋も、家へ帰りたい意思を伝えたところ、体調を考えるよりも、思い切って退院する事を主治医から言われ、急遽、今日の朝退院となり、介護認定を受ける前に、あわただしく介護用品のリースを決め、家へ、配達してもらった。
そして、今日を向かえ、膀胱へは、パイプが入ったまま退院。
昼前に、訪問看護士さんがこられ、お袋と雑談、その時に入院中には見せなかった笑顔を見せてくれ、少しほっとした。
昼からは、家庭医の先生、訪問介護士さん、ケアマネジャーさんが来られ一日が過ぎた。
お袋、妹、それと俺三人とも疲れた〜。
これが、親孝行の最後の機会なので、お袋には、残り少ない人生をくいの残らないように一緒に過していこうと思う。
7月31日に再入院をして、昨日まで苦しい顔をするお袋を見ていると、投稿したいけれど書けなかった。
今日は、あの笑顔を見ると、今の俺の気持ちを書いておかないと、挫けそうな時に、自分の投稿を見て、今日の気持ちに戻って、がんばり続けるために投稿しました。
今晩からは、お袋の隣で寝ることにしたので、下に降りて寝ます。
最後に、自分に、親不孝者、これ以上親不孝にならずにガンバレ。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
992.
オヤジの症状
投稿者 : 息子投稿日 : 2006/09/20 19:33

2年の治療中の親父がいます。先日病院に呼ばれ母と自分と3人で先生のはなしを聞きました。
計7種類、15回の抗がん剤投与し、現在に至ってます。
病状としては先生の話しいわく、治りはしない。ただ今後の抗がん剤の投与続けるか、そしてあと数種類しかないということ、それがどうなるかは保証はもてない。
もしも、今後うつのがなかったら??? 弱まっていく父をみて、耐えられる体力あるか???
もう少し早くこうした場所で相談が出来ればと自分を後悔してますが、 今父の病状はガンですが、肺らしいという病名も原発不明ガンと診断されてます。マーカーが異常に上がり検査しても巣が見つからなく、肺 近くのリンパが腫れてるから細胞調べたところそれはガン化してるとの事。
その後抗がん剤うちつつ検査してると脳に転移して今は抗がん剤と放射線の治療をしてました。
また新しく治療が10月から始まりますが、お聞きしたいこと、アドアイスなどあればぜひおしえてください。
質問としては NK細胞の治療、もしされた方、試した家族の方などいましたら経験談えおお聞かせください。
自分のできる父への情報としてこのほかにもあればと思ってます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
991.
ささめ様、ありがとうございます。
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/09/20 01:04

幸い、主人は、IT関係の仕事をしてまして、『自宅に監視カメラを付ければ出勤扱いにしてあげるよ』と言われて(会社も、実験したいのかな?)まして。
病院にいても、帰宅してもパソコンばかりしてますので、(パソコンおたくが好きな職業に就いている、という代名詞の様な男です。^^;)
通勤時間が無い分、楽だと思います。ただ、仕事をすれば、ストレスが、発生しますから。・・・そこだけセーブしてもらえれば欲しいところです。
もう少しは、ゆったりしていたいです。お互い、猪の様な闘病、看病生活を送って来ましたので、私にも休養が必要です。
病気と、ぼちぼち付き合う事にします。
今度の通院では、障害者認定の、ドクター側の手続きがあるかも、です。どうなりますやら・・・。

医療者側と患者と家族の考え、意見、等々合わないと、歯がゆい事と存じます。良い方向に向かうといいですね。我慢するのも、体力、気力の要ること。
今は、ささめ様が倒れませんように、お祈り申し上げます。お力になれず、本当にごめんなさい...。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
990.
こばたろうさんへ
投稿者 : ストロベリー投稿日 : 2006/09/15 18:03

お母様順調に回復されているようで何よりです。
とはいっても隠す事の出来ない顔での手術、やはり術後の事がどうしても気になりますよね。
今は瞼が動かないなどの不安なお気持、お察しいたします。
しかし顔を動かせる様になると段々自分の顔になっていくものです、どうか焦らず、そしてお母様を不安がらせぬ様見守ってあげてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
989.
最愛の母が・・・
投稿者 : キドニー投稿日 : 2006/09/14 14:32

少し前から食欲不振と体重減少があり、胃カメラを勧めたところ胃癌と診断されました。ステージXでかなり広範囲に浸潤が広がっているとのことでした。本人へも告知され今は検査、検査の日々が続いております。母は69歳。今年の誕生日は病院で迎えることになってしまいました。父と離婚してからは幼い私達姉妹を必死で育て上げ、やっとこれから親孝行できると思っていた矢先の出来事です。
今のところ治療方も何も説明されていないのですが、どうやら腎臓にも転移があるらしいことが分かりました。
胃癌のステージX、腎臓転移でも何か画期的な治療法がありますでしょうか?誰か助けて下さい。お願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
988.
LAK免疫療法
投稿者 : すぬ投稿日 : 2006/09/13 23:55

ママは、6月から毎週して、先日亡くなりました。
LAKを楽しみに望みにしていて、メンタル面でプラスでした。
亡くなる前日のお昼まで、自分で少しですが、食事をしていました。
データとしては、現状維持だったようです。
体力不足で亡くなったようです。
他、免疫療法は、リスクはほとんどないようです。
まれに熱を出す人がいるとのことですが、2・3日でひくとのことです。
一番のネックは、保険適用外で、高額なことと混合診療が難しいことです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
987.
ささめさまへ
投稿者 : ぶんこ投稿日 : 2006/09/13 23:20

ささめ様の書き込みを見てほぼ同じ状況でたまらなかったりなのでした。
他の方が書き込みやアドバイスをしていた事と同じ事を思っていたり、勉強になったり、勇気を貰っていたり、と。ささめ様と同じ気持ちや境遇も少し似ていたりですが、、”本人の希望”をしっかり受け止めて先生との関係って大事だなって思って、、6月の始めに医師からの説明から何も聞いていなくって、、、入院の時しか聴けないですし。在宅で看病中は、外出がかなり厳しくって。明日、また、父が入院なので思い切って、、先生とコンタクトを取ろうと思っております。

再発や転移をしてる父ですし、手術後も見事に奇跡的に職場復帰して定年まで頑張ってきた父です。ささめさまと境遇が似ており、気になっておりました。どうか、お体をご自愛くださいね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
986.
命の通知表
投稿者 : まりりん投稿日 : 2006/09/13 16:08

夫の職場の健康診断。レントゲンに3cm大の影が写る。
すぐに精密検査が必要と言われ4日間の検査結果で肺がんと診断。
タバコは吸っていない。去年は定期の健康診断の他、PET検診も受けた。何も異常は無かった。
いきなり地獄へ落とされたような気持ち。
まだ人生はこれからと思っていたのに。
二人で毎日泣いた。
非小細胞肺がん、現在ステージU、移転無し、手術可能。
命の通知表ともいえる検査データを持ってがんセンターへ行く。手術待ちは1ヶ月。
この間にも転移するのではとても不安。
自宅から30分ほどの病院は、肺がん手術でも実績のある病院があると、わらにもすがる思いで受診。
結果、2週間以内には手術できるらしく、全てをその病院にたくす事にした。
発見から今日で2週間。この選択が良いのか、1ヶ月待つべきなのか、今はわからない。
ただ、かけがえのない夫の命を守りたい。
子どもたちにとって優しく、頼りになる父を失わせたくない。一日でも早く、病巣を切り取って命を繋ぎたい。
今日、入院した。
「一日でも早く手術の日が迎えられるように検査を頑張る」と夫。
私も笑顔で頑張らなくちゃ。
泣いてはいられないね、お父さん。
一昨日、夫が作った川柳
「妻のケア 告知されたの 俺なのに」
でも今日までは泣かせてね。
明日からは毎日、笑顔であなたの元に通うから。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
985.
・・・唖然。
投稿者 : 田舎っぺ投稿日 : 2006/09/12 18:49

一昨日あたりから、食べ物を飲み込む時つっかえる感じがし今日病院に行ってきました。胃がんの症状に似ていると医師に相談したところ見てみないと分からないとの事ですが、年齢的(26歳)に大丈夫じゃないかと言われましたが、ネットで調べる度に当てはまってしまい、不安を拭い切れず不信感はありますが後日胃カメラ(内視鏡)をすることになりました。
検査(結果)が怖いです。
スキルスだとしたら、治療はしないことにします。
初期(症状が出た時点で×)なら治療はしますが

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
984.
膵臓ガンでNK細胞療法
投稿者 : GORO投稿日 : 2006/09/11 21:35

母が膵頭部ガンステージWと言われました。
転移は無いようですが、ガンが動脈に絡み付いているらしく手術不可とのこと、今後は抗癌剤治療となるそうです。NK細胞療法も試してみたいのですが、どなた か治療中もしくは治療された方いらっしゃいますでしょうか?
どんな情報でも結構です。ご連絡願います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
983.
顔のむくみについて
投稿者 : ともか投稿日 : 2006/09/11 12:38

初めて書き込みさせていただきます。先月父が喉頭がんのため喉頭全摘手術とリンパかく清を受けました。術後一月になり,在宅療養中ですが,入院中より顔のむくみがひどくなり,時間帯によっては両目ともふさがるくらいむくんできます。 このような経験をされた方,なにかいい解消方法をご存知ではありませんか。枕の高さとか姿勢とかが関係するのでしょうか?どんなことでも結構ですので教えてください。よろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
982.
本人の希望
投稿者 : ささめ投稿日 : 2006/09/09 00:40

たぬたぬ様、さはら様、ありがとうございます。

やはり先生との話が大事ですよね。
私としては転院させたいですが、父は家から近い今の病院がいいらしいです。
先生は父が元気なときは言い返したりすると腕に針を入れた状態でぐりっと注射器を回したりとかしていたようですが、今はないらしいです。
ただ先生と父の意思の疎通は未だあまりできていません。
偶然二人が話をしているところを聞きましたが、言葉は上滑りで横で聞いてる私でさえ、本心がどこにあるのかさっぱり分かりませんでした。
でも父は先生のことを多少信頼しているようでもあるのです。だから父の希望が今の病院にい続けることなら私は耐える方がいいのかな、とも思い・・・。

本当は転院しなくてもいいから、先生にもっと親身になってほしいんです。
先生には先日「父は具合が悪くても遠慮して言おうとしないからできれば気をつけてみてほしい」とお伝えしたのですが、「そんなことお前にいわれなくてもわかってる。余計な素人が口出しするな」という内容の返答をいただいてしまいました。

自分的には転院したいのですが、父は多分、満足に起きれもしない今の状態で身辺がごたつくのは嫌だと思うのです。なので・・・。
なんだか色々難しいですね。
先生にもう一度話をしてみます。

あと、ちょっと気になったので別の話ですが、
癌で手術をした後はできればしばらく働かない方がいいと思います。
もし叶うならぜひ一年ぐらい好きなことをしてゆったりしていてほしいです。
父は会社に復帰して癌が再発しました。(別の方も復帰した直後になりました。仕事で受けたストレスが多少関係しているのではないかと思います)
再発すると治療はとても厳しくなります。
早く元の生活に、と思うかもしれませんが、焦らないで体をいたわってあげて下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
981.
ペインケアの事
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/09/07 01:45

癌研病院では、死=緩和ケアではなく、・・・
乱暴な表現なのを許して頂いて、・・・(実生活も、こんな感じの、たぬたぬ、です。)
『痛くて、治療なんか続けてられっかい!!』という、方針の下、まず、ペインケア。そして、気持ちを前向きにして、同時に治療する、考え方だと、TVで観た事があります。
ペインコントロールは、病院や時代によって、差がありますね。父(スキルス性の胃がん。息を引き取った病院)と、私自身のほくろの細胞診断は、同じ病院(診療科や規模は断然違いますが。)でしたが、私の時は、『痛くないはずですが、痛み止め、出しておきます』ですから。
絶対、がんの痛みの方が辛いのに、どうして、おざなりになるかな〜、と思います。痛みと共存できると、余命が長くなる、と、話しに聞きます。治療開始時から、ペインケアは、必要だと感じます。

ささめ様
公的な救急車(119)ではなく、民間移送サービス(車体は救急車と同じです)と云うのもありますよ^^。
東京消防庁では、フル出動で、パンク寸前、緊急でない場合には、民間移送サービスを紹介する事もあるそうです。(なんでも、緊急でない119番通報の方が多いのだとか・・・。)
費用は、かかる事になりますが、病院間移送が本業ですので、気兼ねなくサービスを利用出来る、という利点があります。(電話帳で探せますよ^^。)
セカンドオピニオン、ですが、父の時は、大学(教育機関)病院故の弱点、『土壇場の斬った張ったに弱い』(当時の担当医のお言葉を拝借すると)ので、QOLの観点から、転院を勧められました。(大学病院まで1時間、地元の病院まで車で20分。その大学病院と地元の病院は、医師が行き来してます。)
今は、大概、快諾してくださいますね。
主人の第1診察の先生も、『僕に出来る事があったら、お声をかけてください^^』と、おっしゃっています。
国立がんセンターは、今年の4月から、初診の予約を、患者ではなく、紹介するドクターがとる、システムになったそうです。そして、官・民病院から、がん専門修練医の先生が、診療に従事されてます。
我が家の、かかりつけ薬剤師さんは、自分のお父様を、すぐ隣りの病院には入院させなかった(その病院の薬を、調剤されているのに・・・です。^^;ちなみに、私の腕の腫瘍を説明なく切開した病院です。)、という笑えない現実もあります。・・・医療の垣根は以前よりは少しは低くなり、信頼できなかったり、納得いかない、さらには良い医療を、そして病状の変化により等々、選択の幅は広がって来ています。だから、遠慮しなくて、大丈夫です。^^。・・・
お父様もささめ様も、お大事にして下さいね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ