癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

980.
はじめまして
投稿者 : ぶんこ投稿日 : 2006/09/07 00:06

数日前から癌のリンクを辿ってこの掲示板を読んでいました。愛する家族への思いや葛藤や動揺は同じなのだと心から思い、書き込みさせて頂きました。実父ですが、進行性の直腸癌の手術を7年前にしました。4年前に再発、転移が判りました。抗がん剤と放射線での治療で薬の利いていた時期もあったそうですが、今年の3月、定年してまもなくに入院、退院を繰り返して、とうとう、6月に主治医から家族が呼ばれて、癌の典型的な末期だと。肝臓と片方の肺への転移と腰椎にまで転移しており、腰の骨の一部が癌で侵食されて無くなってその部分に癌の細胞が入り込み腰の骨の役割を果たしてると言われました。父の生命力と癌の生命力の互角の闘いだと...。今の抗がん剤では、きっぱりと治らないと。抗がん剤をやっていても延命的なものでしかなく、特に、腰椎挫傷は簡単な動作で起きるとまで言われ、時間の問題で腹水や吐血も何時起きてもおかしくないと、月単位の命だと告知されました。何時、急変するか判らない癌の爆弾を抱えています。短い時間かもしれないけど、家族と出来るだけ楽しく過ごして下さいと...。その話を聞き、かなりの動揺と葛藤の連続でした。どうして?!直腸癌の手術後、見事に仕事へ復帰し、予後の経過も良くて、再発や転移しない為に頑張って来た父。そんな父に既に末期で余命の少ない事を告知は、出来ないと母と判断。父には、その件を告知をしていません。ひたすらに前向きで希望を捨ない父です。医師もが認める位の父の強靭な生命力に体がが付いていかないと日増しに感じる事が多くなりました。弱くなってる父の姿を見るのは切なく辛いものです。そして、不信に思う父にずっと嘘を付き続ける罪悪感はたまらないものです。6月中旬、父が退院しました。自宅で安全に過ごせるようにとケースワーカーや看護士や医師のアドバイスで介護用の歩行器や浴室の椅子など揃えました。気を揉んだり、心配したり、沢山、笑ったりしながら、、どうにか、3ヶ月頑張ってくれてる父ですが、痛みと抗がん剤の副作用に関しては、日を重ねる度に増しているように思うのです。実は、私も働いており、休日と平日の夜間しか父の様子を知りえない部分も多く、頑張り屋さんで我慢強い父が不憫に思う事が多く、痛みや不調を家族へ訴えて、抗がん剤の治療以外で再入院になりたくなくって、痛みに頑張ってるように思える父だって勘ぐってしまったり。母も父の世話や看病で一杯で倒れないかと心配もあり、前が見えていなくって今後の父の為に色々と相談したくても頭が一杯らしく先の事すら考える余裕も無いと感じています。緩和ケアのある総合病院ですが、父の性格を思って、在宅の色々や介護保険を含めて、短い時間なら、なおさら、出来るだけ父の好きなように過ごさせてあげたい。母の負担を少なくしたいと思っています。
癌という病気と闘う本人の辛さは勿論ですが、支える家族の気持ちや心労や葛藤は言葉に出来ませんよね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
979.
ささめさんへ
投稿者 : さはら投稿日 : 2006/09/05 23:33

診ているささめさんや、お父様の辛さよくわかります。お父様の痛みが早くやわらぐことを祈っています。痛み止めの座薬も点滴での痛み止めをありますよ。
信用できるはずの医師に相談しにくいというのは一番の問題ですね。私の母も迷いましたが、セカンドオピニオンをし、最初の先生に戻り、在宅医療の先生にと担当は替わりました。
何か言われれば、私が文句を言ってやる!訴えてやる!くらいの勢いで私から先生に話はしました。(お世話になった病院は快く紹介してくれました。)
ささめさんの場合、お父様があまり動けない場合、今から転院は辛いかもしれませんね。そして、情報やセカンドオピニオンという事も最近のためお母様も難しいのかもしれませんね。それならば、ささめさんが頑張るしかないと思います。きついかもしれませんが、大切な命が掛かっているんです。
看護婦さんでは、分からない、言ってはいけないことなどあるので、直接先生と納得いくまで話をするしかないと思います。先生と病院にはその義務があるのですから!夜でも話がしたいと伝えれば大体の先生は時間を合わせてくれると思います。
納得できないのならば、救急車などで転院先まで送ってもらう事だって可能ですよ。可能な限りお父様やご家族の肉体的不安はもちろん精神的不安を少しでも取り除いてください。
長くなってしまいましたが、身体を大事にして(無理が必要な時もあると思いますが)頑張ってください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
978.
こみこみで検査です。
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/09/05 23:05

今日、外泊が終了となり、病院に戻りました。
とりあえず、外泊2時間で転んだ時の足の甲は、取り合えず、大丈夫そうで、近いうち、入院治療の総括として、タリウムシンチ検査を行う(骨折してれば、シンチで判るし・・・^^、とかで。)そうです。
幸い、両足温存となっても、機能障害は致し方なく。
介護用のお風呂椅子や、トイレの手すり、階段の踊場に、松葉杖の相方を、昇り切ってその相方。もう片方分は、元々設置してあった手すりで、ゆっくり昇ってました。右足を自分で動かせないので、一緒に入って、持ち上げてました。
でも、私も、発病当初は、ドクターから、1人で、入浴しないよう、言われていたので、お互い様^^。
お互い、いたわりあいながら、生きていこうかね〜、と感じました。しかし、まずは、私が体力と気力を回復せねば・・・><。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
977.
大腸ガン ステージ4
投稿者 : 奈落の底投稿日 : 2006/09/05 19:10

2年前に大腸ガンでステージ4と言われた。 今は薬で治療していますが、最近便に血が混じるので調べて貰ったところ、しこりがあると言われた。 最近、おなかも痛い。 先生の話ではおなかは炎症をおこしており、再手術はできないと言われた。しこりは放射線治療か点滴で治療すると言われましたが、そんなもので抑えられるのでしょうか?また、放射線の場合は、ただれるとも言われました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
976.
意外と元気です!
投稿者 : うさぎ投稿日 : 2006/09/05 14:29

奥さんの癌は治りません。
体全体に転移しています。
癌と共存してください。
共存して元気に生活している人は世の中に沢山います。
・・ワクチン治療の手段も有ります。

ペット検診後主治医から言われた。
約1時間の説明だったが、頭の中では、余命3ヶ月〜1年と言われ涙は出る・体は震える・・・・

治りません・共存する方法を考えましょう。

初めて投稿します。男性53歳 妻が直腸癌 ステージ4
今年の6月12日に入院して6月21日に手術を行ないました。元気にヨガのインストラクターをして仕事もしていました。それが突然直腸癌と町医者に診断され紹介された大学病院に行き直腸癌の手術を行ないました。
私は妻の癌を何とかして治してあげたい、その思いで色々直す方法を探しました。
治りません+共存してください、と言われた時は気が抜けた思いでした。今の世の中で癌を治せる薬は無いと、「奥さんの癌は4年から5年体の中で共存していました。奥さんは共存できる人です。」と、手術中、・・ワクチン投与、抗癌剤を開始しました。
退院は8月3日、朝6時に抗がん剤を飲み、近くの公園にウォーキングを毎日行なっています。
体重は落ちましたが今の所元気に毎日を過ごしています。1ヶ月経過し、だいぶ元気になりました。まだ和式のトイレには入れないと笑っています。
家族の愛・協力・励ましで少しずつ元気になっています。妻は全身に転移していることは知りません。
妻の完全復帰は、又ヨガのインストラクターに戻る事です!
前向きで・良く笑い・スポーツ好き・ペットを愛し・海が好きな妻です。私は妻の横で一緒に笑いサポートして行きます。
皆さん癌は強敵です。体に閉じ込めて活動出来ない様にしましょう。
妻の言葉から『病気はお医者様・命は神様に』お任せします。
癌と共存しようとしている夫婦より〜

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
975.
ストロベリーさんへ
投稿者 : こばたろう投稿日 : 2006/09/02 05:55

いつも、投稿して頂いてありがとうございます。
昨日、術後1週間で、病院へ様子を見に行って来ました・・・おかげさまで経過は良好で何よりでした
。 今は歩行の練習をしていますが 顔の様子を見てビックリ致しました、左右全く別人の様に変わってしまっているのです 本人はまだ鏡を見ていないのでわからないと思いますが しかも、手術をした方の目がまばたきをしないのです 愕然といたしました でも本人にはそんなことは一切言わずに会話を楽しんでいました。上顎癌の患者さんの8割がそうなんですって?!
目の下ぎりぎりまで切っているため色んなものを手術時にさわっている為なんですって。
まあ、今後多少は良くなるとは思いますが 主治医曰く、上顎癌ほど残酷な病気(癌)は無いそうです!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
974.
外泊できました!!
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/09/02 01:22

一応5日までですが、病院から会社に直行、挨拶したら、スロープで、豪快に転んでしまい、右足の甲が、腫れてます。一度通院して、レントゲンで確認する必要がでてきました。問題なければ、外泊続行できますが、足の甲の骨折はさけたいな〜−−;
でも、調子が良ければ、来週から再来週にかけて、ポートを抜いて、退院になりそうです。通院した時にリハビリの予定ですが、まずは、足の甲、かな。^^;

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
973.
さはら様へ
投稿者 : ささめ投稿日 : 2006/09/02 00:35

返信ありがとうございます。

とても痛々しい文を書いていますね、私。なんだか申し訳ない気持ちです。
リザーバーというんですか。鎖骨の近くからの点滴入ってます。
痛みは主に腹水で腹が大きくなった時に起こるようです。膀胱はとても痛いようです。尿毒症なんでしょうか。
基本的に熱が出たら座薬を入れて下げる状態で、痛みに関してはあまりやっていないようです。
寝れないのは、寝てばかりいるので体が落ち着かないせいもあるようでした。
日によって痛みは随分違うようで見ているこちらも困惑してます。痛みのない時もあるようですが、そのかわりというか、先日から熱ばかり出るようになりました。
腫瘍熱なのでしょうか。

本当は先生に色々聞くべきなのですが、先生とうまくいっていないためよくわかりません。
(説明は母のみ。私は働いているので病院に行けるのは夜。忙しい先生とは滅多に顔をあわせることもないのです)
痛みに関してはなるべく看護婦さんに言うように本人に言っていますが、遠慮してなのかあまり言おうとしませんし呼ぼうとしません。
セカンドオピニオンさえ、先生の機嫌を損ねるのを恐れて口にしませんでした。
先生には「腸閉塞の疑いありと言ってましたが本当は腸閉塞です」と家族の自分まで騙されたことがあるので、ちょっと信用しづらくて・・・。

すみません。なにを言っているのかわからなくなってきました。
貼る痛み止めもあるんですね。看護婦さんに聞いてみます。ありがとうございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
972.
ささめさんへ
投稿者 : さはら投稿日 : 2006/09/01 07:28

ささめさんのお父様と違うかもしれませんが私の母は子宮癌から腸へ転移があり腸閉塞になり最期の3ヶ月かんはほとんど食べれませんでした。リザーバーという点滴を鎖骨の近くからいれるものをしていました。
最初は腸までイレウス管を入れていましたが、それでも吐くようになり喉の違和感に悩まされ一度とることにしました。そうしたら管を入れていたときでも吐いていたので抜いてから吐くことは本人がとても楽だから管を入れないと言い本人の意思を尊重しました。それから最期の1ヶ月は自宅医療になりましたが、家に帰れたことでホッとしたのか吐いてしまいますが、食欲や笑顔がたくさんでたりむくみがスッキリしたりと楽しい時間を過ごせました。
あと、痛みで寝れないとありましたが、緩和ケアは何もされていないのでしょうか?私の母はデュロテップという張る痛み止めを使っていました。痛みで体力はなくなります。今は癌の痛みはほとんど無くせます。見ているほうも辛いのでぜひ先生に相談してください。とにかく痛みがなくなることが第一だと思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
971.
こばたろうさんへ
投稿者 : ストロベリー投稿日 : 2006/08/31 20:05

お母様の手術が無事に終わり何よりでした。
頬を削る手術と移植の為の手術を同時にされたのは何よりだったと思います。
既に一般病棟に移られたとのこと、順調に回復されておられるのでしょう。
暫くは術後の痛みがあるでしょうが、一日一日確実に回復へ向かっているのですから、けして焦らずに見守ってあげてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
970.
オカンへ
投稿者 : まっきー投稿日 : 2006/08/31 10:44

1年前にオカンを子宮頸癌で亡くしました。
まだ57歳なのに・・・。早すぎるよね。

数年前から体調が悪いと言ってたのに病院にも連れて行きませんでした。そして数ヶ月ぶりに会った時は顔が真っ白になって浮腫んでいました。慌てて病院に連れて行くとすでに末期でした。病院に行く時もオカンは、「更年期障害だから大丈夫だよ♪」と言っていましたね。もしかしてあの時癌って分かっていたのに、強がりであんなこと言ったのかな?
普段から病院嫌いの性格で健康には人一倍気をつかっていたのに・・・。あのとき程神様の不公平を恨んだ事はありません。
俺は医療関係者なのに、なぜ早くに気付いてあげられなかったと思うと、今でも自分を責めてしまいます。

でも大学病院に入院してからは本当に頑張ったね。
痛いのが一番嫌なオカンだったのに、抗癌剤や尿管ステントを頑張っていました。「絶対治す!」って言ってたもんね。

ある日先生から「もし余命がなければ何をしたい?」って聞かれたときの顔は今でも脳裏に焼きついて離れません。「大丈夫!絶対治るから」と言ってもあまり 信じていなかったね。余命1ヶ月を悟っていたのでしょうか。

一時退院して親父やみんなで旅行出来たのは本当に良かった^^ 温泉に行きたいって言ってたもんね。家族旅行は20年ぶりだったね。なんか皮肉なものです。

亡くなる1ヶ月前から自宅で療養をしました。
最期はみんなに看取られて逝きました。
呼吸が止まっても意識ははっきりしている聞いていたので、ずっと手を握って話しかけたね。
元気な頃よりも手が痩せ細ってて辛かったよ。

俺は幼少の頃はずっ〜と母親っ子でした。
近くに行くにも後ろを付いていましたね。
今でも人には言いませんがオカンの事がすごく好きです。だからなんであんなに早く天国へ行ってしまったのか。俺が迷惑をかけ過ぎたから病気になったのか。
今でも辛くて辛くて・・・。

一番の後悔が余命の告知をしていなかった事。
オカンの性格上、それを言ったら生きる元気をなくしてしまうんじゃないかと家族で話した結果でした。でも間違っていたのかもしれません。自分の命は知る権利があるものね。
遭えるのなら一番にそれを謝りたい。
「ずっと嘘をついててゴメンな!」

1年経ってようやく人に話せるまでになったので掲示板に書き込みました。心のリハビリは永遠に続くのでしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
969.
ひのとり様へ
投稿者 : 親不孝者投稿日 : 2006/08/31 00:12

返信が送れてスミマセンデシタ。昨日、29日にお袋の妹、叔母さんが来てくれ、少し元気になってくれました。確かに、今まで食べられていたものが急に食べると、戻してしまう様になったりする食べ物が出てきたり?戸惑いました。ポカリスエットに塩や、ハチミツレモンを試してみようと思います。今日は、姪っ子を連れて行ってご飯を食べさしたら、いつもより沢山食べてくれ、嬉しく思ったところでした。ポカリスエットと、ハチミツレモンは、ぜひ実行してみようと思います。貴重なアドバイス、本当にありがとうございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
968.
たぬたぬ様へ
投稿者 : 親不孝者投稿日 : 2006/08/30 23:47

仕事が忙しく返信が遅れてすみませんでした。とても参考になり実行しようと思います。昨日から、お袋の妹、叔母さんが来てくれ少しは、元気になりました。俺も、少しがんばる元気も出てきたところです。そんな時に、こんなアドバイスがもらえ、とても嬉しく思います。本当にありがとうございます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
967.
大腸がん末期
投稿者 : ささめ投稿日 : 2006/08/30 22:00

父が大腸がん肝臓転移末期です。
腹水にがん細胞が散らばり、腸閉塞にもなっているとのこと。
出続ける腹水をイレウスで取っています。
入院してから点滴のみ。なにも食べれていません。ほぼ丸3ヶ月間なにもです。 足は骨の厚みしかなくなってしまいました。
トイレが辛いということで(かなり激しい痛みがあるようです)膀胱にも管が入りました。
トイレは自力で行くこともできません。
水もろくに飲めません。
時折熱を出して寒がっています。(今日もそうでした)
先日肝臓が機能してないといわれました。
ずっと気持ちが悪くて眠れなかったのに(体が痛かったり痛みで寝ていられなかったり)、昨日から寝続けています。
寝れるだけましだと思っていたんですが、これは本当に危険だという意味なんでしょうか?
でも私はまだあきらめてない。
人は点滴だけでどれくらい生きれるのでしょう。
この状態でもなにか手立てはあるのでしょうか。
腹水で戦い中の方、教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
966.
ストロベリーさんへ
投稿者 : こばたろう投稿日 : 2006/08/30 20:29

ありがとうございます。8月25日に頬骨・頬の筋肉等を切除し腹直筋を移植して現在はICUから一般病棟に移り今は鼻から管をいれ胃までダイレクトに栄養が行く様になっております。お腹がかなり痛むようで咳・痰をきる時はかなりしんどい様です。顔の状況はやはりまだ腫れていますので何とも言えませんが、 かなり医療技術の進歩でかなり復元されています。 しばらくすると、点滴等も全てはずせると思いますが まだ、放射線が20回あるようです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
965.
親不孝者さんへ
投稿者 : ひのとり投稿日 : 2006/08/29 02:27

大切な人が日に日に弱る姿を目の当たりにするのは、そりゃあパワーが要ります。自分を責めたり、焦ったり、へたりそうな気持ちを奮い起こしてはまた凹み・・・自慢ではありませんが私はその繰り返しでした。
「俺のせいで末期がんと診断」って、細かな事情は分からないけれど、どうか今だからこそ目の前のお母様をお母様の人生をしっかり見てあげてください。診断されてから3年もの間、治療に耐えて踏ん張っておられるのです。今だって・・・
薬等医療的な事は分かりませんが(父は原発病巣からの肺転移だった為治療法が異なるので)、食事は無理強いせず(お互い気持ちの負担になってしまうかも)お母様のペースに合わせて見られては?ただ飲まず食わずは良くないので水分補給はしつつですが。私の父の場合はポカリに塩を溶かしたものとかはちみつレモン、調子のいい時にはチョコとかゼリーをほんの少し食べてました。薬のせいか味覚や嗅覚が変わっていて、以前は食べなかった物を欲したりしてました。
親不孝者さんがついきつく言ってしまうのもお母様が心配だからこそですよね。どうか自分を責めないで現実を受け止めて、決して諦めないで笑顔でいてください。冷静でいる事も大切だと思います。難しいけど、だけどやるしかないです。
生意気言いましたがどうかお許しください。役に立たないかもしれないけど・・・そうそう、あなたは親不孝者じゃないですよ。FIGHT!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
964.
私だけじゃない・・・と思って。
投稿者 : 猫好き投稿日 : 2006/08/28 21:27

昨年5月直腸癌と診断され、早期だから大丈夫と簡単な手術を受けました。細胞検査の結果、最悪とまで言われ、人工肛門を薦められましたが、死ぬほど悩みました。年齢は関係ないとは思いますが、44歳、離婚して4年、次の人生を考えていたとき・・・。結局、2ヶ月半後に別の病院(大学病院)で腸をつなぐ手術を受けました。退院が明日という時、主治医から、リンパ節転移、5年生存率60%と告げられました。でも、パートにも復帰しなければ生活がなりたちません。退院後、5日目には仕事に出て、その後、経口抗癌剤を飲み、6週間後の血液検査と6ヶ月のCT検査を経て今日まできました。私には成人した娘と息子、実家には母親がいますがそれぞれ別居していることもあり、2回目の手術できれいにとれた・・・と話してあるだけです。少し痩せましたが、見た目は普通なので、今はばれていないようです。全ては自分のためです。周りに気遣いされることで、心まで病人になりたくないから、思い切り、突っ張って、強情に生きています。たぶん、余命半年告知されるまでは、そうしていくと思うし(ばれなければ)、主治医にもお願いしてあります。今は、寿命に全てをまかせていこうと思っています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
963.
大阪周辺で
投稿者 : りゅう投稿日 : 2006/08/28 12:08

お袋が癌との告知を受けました。
腹水からの数値?で判断されたそうですが、まだどこにあるのか発見できていません。
検査に装置の都合?で木曜日まで掛かるそうですが、対応が遅いと感じているため、他の病院に移らせようと思います。
内容にもよると思いますが、関西周辺での良い病院があれば教えてください。
本やインターネットで調べていますが、本当に良い医者を見極めたい為お願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
962.
親不孝者様
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/08/27 16:28

病気は、誰のせい、って事、ないですよ。(主人の母は、そんなこと、言うんですけど、宗教的な側面から言うてるだけで。)
タバコ吸わなくても、肺がんになるし、(主人の高校時代の恩師がそうでした。)逆な方でも、ピンピンしているし。・・・
遺伝的なものは、子供からは、親に影響できないでしょ^^?
病気は、ある意味、平等で、不平等なものです。だれかが悪い、なんて、考えると辛すぎます。ね^^。
末期がんっていっても、自覚したときには、実は末期でした、って事だってあります。早期発見で、早く処置しても、がん細胞の面構え(っていうのがあるんですって。)が悪くては、手の打ち様がなかったり。
時代とともに、手の打ち様が発見されたり。

だぁ〜れも、悪く、ないですよ。・・・

がんって、そうゆう病気なんだと思います。

父の時も、伯母(父の姉)が、サプリメントを、とにかく服用しろ!!
(伯母は、そういう個性の人なのですが。)っていって、
『姉ちゃんの気持ちは、わかるんだけど、飲めねぇ〜んだぁ。〜』って、いってました。
気持ちは、お母様、解っておいでだと、思いますよ。
体力、つけにゃ〜って。・・・
とろっとした、刺激が少なくて、栄養のある、物を一口ずつ、ゆっくり、おはなししながら、お口に運んで、差し上げては如何でしょう?
時間を親子で、かみ締めて下さい。気持ちが、楽になりますよ。
親不孝じゃないですから、ね^^。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
961.
苦悩キムパ様
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/08/27 01:15

私は、父、娘1人の時間が長くて、(実母は3歳で、再生不良性貧血で他界。継母は小学2年の夏、自宅で自死しました。)妹の方がかなり先に嫁いだので、父・娘時間が8年くらいありました。立場が少々、違いますが・・・。
余命、告げられると、辛いですよね。孤独なうちに、泣けるだけ泣くのが、いいかも知れない・・・。のかなぁ。いつも泣いていました。
そのうち、奥様のご看病で、忙しくなり、病院も緩和ケアの病棟に移るかも知れない。病院によりますが、付き添い簡易ベットに泊り込む事になるかもしれない。・・・今は、体力を温存して下さい。
びわの葉のお茶をのんでみる、とか、すぎな茶を飲んでみる、とか、(高いものでなく、手作りの看病)。たぬたぬが、父にしていたのは、びわの葉を焼酎に漬け込んで、茶色になったのを木綿(晒しの布みたいなの)染み込ませて、茹でて温めたこんにゃくに巻いて、さらに焼けどしないように患部(胃)や、足の裏をぬくぬく温めてました。嫌がったらやめてました。
民間療法、ですが、時間が共に過ごせるし、自分は『これをしているんだ!!』って、という事実は、父が他界した今でも、ほんの少しだけど、自分を支えてくれている様に感じています。例え、1人よがりでも、口実かもしれないけど。・・・
参考になるかどうか、・・・。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ