癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

960.
こばたろうさんへ
投稿者 : ストロベリー投稿日 : 2006/08/26 13:03

私の母も10年以上前に歯痛の症状から始まり、暫く歯医者に通っておりましたがそれでも痛みは増すばり。たどり着いた神経科で顔のCTを撮り初めて上顎ガンとの病名を知りました。
あれから10年60代だった母も70歳後半になり、振り返ってみると色々なことがありました、というか現在も進行形ではありますが。
最初は口の中からの手術でしたが、その後目に移りほって置くともう一方の目にすぐ転移するという事で目から歯茎ギリギリまで全て取りのぞきました。
退院後は自宅で空洞の頬を毎日消毒するのですが、そのさまはとても口に出していえるようなものではありませんでした。
その後数年経ちお腹の肉を移植し現在は以前よりは落ち着いたものの、目のない顔に慣れるまでは本人も大変だった事と思います。
たとえ手術が上手くいっても痛みはなかなか取れず、三大神経の一つといわれる三叉神経の影響もあるようです。
今は月一回外来で診てもらっており、口の中からかさふたや食べかすなど取り除いて貰ってます。
食べる時の痛み、また高齢ということもあって本当に少食で痩せてはおりますが、それでも助かった命を大切に出来る事は自分でやる生活を送っております。
こばたろうさんのお母様もこれから長い道のりですが10年以上経ち医療も一段と進歩したと思われます。
先生と良く相談しながらお母様にとって一番良い治療を見つけてあげてください。
お母様が私の母のように元気に回復される様祈って折ります。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
959.
苦悩キムパさんへ
投稿者 : さはら投稿日 : 2006/08/25 22:32

私の母も子宮頚癌の線癌で抗癌剤も効かず今年の6月に54才で逝きました。私の兄弟も独立し、父は仕事、性格的に無口で母の病状を(怖かった所為もありますが)ほとんど聞かず、私も話をする相手は病人の母しかいませんでした。病気が悪くなっていく様子は私にしかわからず誰にも言えず一人で泣いたりと正直かなり辛かったです。
ただ母はだいたいの病状を知っていたので病気のことこれからのこととか今しかできない!一緒に居たい!という思いだけで過ごしましたがとても幸せでした。自分でも頑張ったと思います。
奥様は旦那さんがそばにいるだけで十分だと思います。
また家族の不安も先生や看護師さんも十分に分かっています。母の病院は家族のケアも考えてくれていました。一度相談してみてはどうでしょう。また、母と同じ病室の患者さんの家族と仲良くなって話をする旦那さん同士もいらっしゃいました。病院で話かけるのは少し気がひけるかもしれませんが、同じ痛みがわかる人です。
無理しないで奥様との時間を大切にしてあげてください。私は母と過ごせた時間に悔いはありません。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
958.
俊くんのパパさんありがとう
投稿者 : 弱気男投稿日 : 2006/08/25 00:24

俊くんのパパさんありがとうございます。さぞかしお辛いでしょうね。察するに余りあります。同じ病期にかかったものしか分からない無念さ、言葉が見つかりません。抗がん剤の副作用の辛さも良く分かります。回数を重ねるに従って副作用も強くなりますし。しかし、最後まで諦めないで頑張りましょう。最後まで悪あがきしましょうよ。自分の生きた痕跡をしっかりと残しましょう。私は、俊くんのパパさんに勇気を貰う事が出来ました。本当にありがとうございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
957.
癌検査の病院
投稿者 : 弱気男投稿日 : 2006/08/25 00:15

東京の港区、品川区、千代田区、中央区では、国立がんセンターが良いのでは無いでしょうか。港区、品川区、千代田区、中央区ではありませんが、癌研有明病院も設備等も申し分ないと思います。あとは、東京大学医学部付属病院も癌の種類にもよりますが悪くないと思います。因みに私の癌患者仲間は、センカンドオピニオンとして上記に挙げた病院に行って正解だと言っていました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
956.
どうすればいいのか分からない
投稿者 : 親不孝者投稿日 : 2006/08/24 23:43

お袋を、3年前に、俺のせいで末期がんと診断され、抗がん剤治療、放射線治療をしましたが、あまり効果が無くイレッサを服用するようになり腫瘍の大きさも小さくなっていました1年半を過ぎた頃から、血液検査の腫瘍マーカーの数値が高くなり今年5月に入院し、抗がん剤治療をしました。退院し、1ヵ月半で、心臓に水がたまり再入院、水を抜きはしたものの、日に日に元気が無くなり、イレッサのサイド服用も効果が無い状態です。最近では、飯も食べなくなり、夕食時に病院に行き、口喧しく食べるように言ってやっとご飯を3口食べるのがやっとの状態、妹からは、「口喧しく言わず、食べたく無ければ無理に食べさすことは無い。」と言われるけど、食べてほしいのでついきつく言ってしまいます。これから先、俺はどうして行けばいいか分かりません、どなたか良いアドバイスがあれば教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
955.
家内の余命を主治医から聞きました
投稿者 : 苦悩キムパ投稿日 : 2006/08/24 12:34

私は61才、家内は54才。
家内は14年前に子宮癌、昨年3月に再発して放射線、今年3月から抗癌剤投与。更に7月から毎週抗癌剤(タキソール)したがあまり効果ない。
最近主治医との面談で余命を聞きました。
あまりのシヨックでこれからど対応すべきかを苦悩しています。
長男は独立、次男は仕事で帰宅遅く日常会話もする相手がいないので孤独な状態。
こんな場合の心の持ち方や家内への対応の仕方などでアドバイスがほしいです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
954.
検査前不安神経症に苦しんでいます。
投稿者 : ココ投稿日 : 2006/08/24 12:14

節目の検査前恐怖症候群中ココです。 去年の3月進行胃癌オペ後わずか1ヵ月後の外来で、取り除けたはずの癌細胞が細胞検査で若干残存の可能性あり、再オペを告知され、「えっ?悪いものは全部取れたから大丈夫!長生きできるよ。」ってICUでドクターおっしゃいましたよね?最初の胃癌告知の時よりショック。過呼吸に苦しみながらも2度目のオペを乗り越え、結果的に癌細胞残存全くなし、オペの必要はなかったとなり、またまた大ショック。オペの度、体重が減り、ダンピングが悪化、体重は17キロ減少でただいま158cm、35kg。術後半年後検診、1年後検診肝臓に小さな白い影があるものの良性でただの水溜り?の可能性でクリア、来月は1年半後検診、白い影が癌細胞化しているのでは?体重が増えないのは腹膜転移?肺が苦しい様な、肺に転移したのでは?不正出血、卵巣に転移?頭痛が、脳に転移したかも?来月の検査結果は絶対再発転移している。そう信じ込んでいます。そうやって自分を追い込んでいかないと聞きに行けない、診察室の重いドアを開けられないのです。もし検査結果が異常ありでも「あーやっぱりね。」って。すんなり受け入れられるはず。異常なしだったら?この上ない喜びでうれし泣きです。すぐに家族にメールしますよ。私はいつも検査結果の日は一人参戦!家族の付き添いを頑なまでに断ります。一人じゃないと誰かがそばにいると頼って甘えてだめなんです。付き添いを拒まれ、メールを待つ家族もさぞつらいでしょうね。私は頑固なかわいくない癌患者です。いつも私は検査の日が近づくと感情をそんな風にコントロール。なぜって?現実を冷静に受け止められるかっこいい自分でいたいから。

雅子妃はオランダへご静養?私も適応生涯。残された少ないエネルギー全部使って、一人旅に出てみました。行き先は東京から新幹線に乗ってわずか1時間半、空気のよい親戚宅ですけど。3日滞在、子ども達(といっても高校生と大学生)と愛犬が心配で。夫への感謝の気持ちが体中から溢れ出すほどなのに、どうやって感謝の気持ちを伝えたらよいか分からない程感謝の気持ちでいっぱいなのに「ありがとう。」どころか逆に八つ当たりする悪妻。子ども達と愛犬、年老いた親、友達、他人には特別優しくて、「一体何をどうしてあげれば君が喜んでくれるの?」夫の声なき声が聞こえてきます。
精神科のドクターにはいつも療養生活を見直し、体重を増やす努力を!今のままでは再オペにも延命化学療法にも絶えられませんよ。分かってます。痛み止めだけ入れて自然死させて下さい。

43歳、私はもう充分頑張りました。頑張りすぎて痩せ過ぎました。寿命が短いのなら人の心配ばかりしていないで自分の楽しいことをして自分のためにだけ楽しく生きなさいよ!ってよく周りの人に言われます。
私の楽しみだけに生きるって?私の楽しみって何?ショッピング、エステ?旅行?友達とランチ?コンサート?得意の料理?????
私の最大の楽しみは、、、子どもの成長と自立、そして夫の笑顔、楽しい語らい、愛犬と過ごす時間、家族団らん!
贅沢を言えば子どもが自立して、愛犬が天使になったら夫と二人で海外旅行をしてから天国へ旅立ちたい。そして家族の守護霊になってどんな時も絶対守ってあげるんだ。それが今の最大の私の楽しみです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
953.
自分のほくろが気になり、切除、細胞診の運びとなりました。
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/08/23 23:07

今度は、私が細胞診をする事になりました。
と、いっても、夏の暑さで首の汗をぬぐっていたら、ひっつれて、ひりひりして、ちと痛い。
『こんな所に(左頚部)ほくろ、あったっけ?』
(実は、いつも化粧をしないので、しみじみ顔、首全体を見ないのです。馬油塗るくらいしかスキンケアしないんです。不精なもので。^^;・・・)
ペンギンの様に歩く主人に、『骨か筋かハッキリして!!』と、病院に行かせた手前、自分も、白か黒か決着つけにゃぁ、と。・・・
局部麻酔で、『キチンと、』手術室で行うので、主人に同意書にサインしてもらいました。
私自身、22、3歳の頃、左上腕部に良性でしたが、腫瘍が出来まして。近くの外科に行ったら、少し待って、診察室で、切除されました。同意書どころか、説明なんて、ほぼ無いも同然。
ステンレスのトレイに簡単な手術の道具があって、上半身裸になって、緑の手術布をパサッ!!と広げて。
『こんなオーバーなんですか?!』
『じゃあ、どうすれば、治ると思った?』
『注射器で吸うとか、薬を塗って2週間様子を観ましょうとか・・・。』
『そんなんじゃ、治んないよ。』
親指の第1関節より小さめに切除して。
『じゃあ、がんの検査、まわしておくから。』
切るなたぁ、言わんから、説明してよ〜!!ですよね。
2度と、そんな病院にゃ行きません!!
主人の肉腫に比べたら、プチどころか、ミクロ手術ですが、説明書と、手術手順書と、同意書眺めながら、
『これがまともな医療だよね ーー;』と、当時の事を振り返ってました。
主人の気持ちを(ミクロな手術のくせに!!)体験する事になります・・・。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
952.
大切な・・・
投稿者 : ひのとり投稿日 : 2006/08/23 15:27

父が逝って早2ヶ月・・気持ちが宙ぶらりん、後悔と寂しさばかりがつのります。ホスピスに入院して1ヶ月間、転移病巣の成長スピードの早さに何も出来ず、苦しむ父を見てるだけでした。体の苦痛に伴う心の痛みにも対応出来る環境とは・・?私自身もがん患者として心に重い父の最期でした。
以前初期癌にも緩和ケアを取り入れるとの新聞記事を目にしました。治療と緩和ケアの両立が早く実現することを望みます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
951.
たぬたぬ様
投稿者 : あんこちゃん投稿日 : 2006/08/22 00:00

松葉杖は義足が出来上がるまで使ってましたが腕の内側が黒く腫れ結構疲れました。今は杖を使用してます。松葉杖は両腕がふさがり荷物がもてないことが欠点ですね。階段では使えないし。家の中と外用を分けないと汚いし。でも松葉杖を使うと上手にバランスよく歩けるのが不思議です。男の人は腕力があるので松葉杖を使ってもあまり疲れないようです。松葉杖を使う前まで脇のところで体重を支えることを知りませんでした。早く退院出来るように祈ってます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
950.
再発???
投稿者 : tukutuku投稿日 : 2006/08/21 12:32

CTやMRIでは、異常なしと言われていたのに、PET検査でおもわしくない結果が出てしまいました。先生いわく、再発なのか炎症なのか分からないというのです。病気の場所は頭頸部なのですが、痛みと腫れがあります。画像だけでは判断がつかず生検の運びとなりそうです。生検で悪性かどうかを判断するのが現時点ではベストな方法なのでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
949.
こばたろうさんへ
投稿者 : S投稿日 : 2006/08/21 11:47

重粒子線という治療方法があります。手術までの間お時間があるならば、どうかセカンドオピニオンに行ってみて下さい。千葉にある病院です。インターネットですぐ検索できます

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
948.
こばたろうさんへ
投稿者 : あんこちゃん投稿日 : 2006/08/20 07:44

私は35才の時に足の甲の骨に癌が見つかり片足を切断しました。その時に相部屋の女の子がお母さんと同じ癌で目から下が何もなくへこんでました。目には皮膚移植をし、肌色のふたのようなものでへこみをカバーしてました。部屋では明るく気にしてない素振りでしたが部屋から出るときは必ずサングラスをし顔をかくしておられました。私も義足なので出かけるときは長いスカートやジーパンです。歩き方が変なので義足とばれますが、やっぱり隠してしまいます。お母さんも顔だけにとてもショックだったのではないでしょうか。応援してあげてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
947.
謎の肉もとれました
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/08/18 03:03

あんこ様、ありがとうございます。
出へそっぽい肉も万全を期して手術室で摘出、本人も、気絶する事は、なく。・・・
1日、局部麻酔が切れて悶絶の顔となってましたが、(心臓より患部を高くすると、痛みが軽くなるのですが、股関節なので。まさか、逆さに吊るす訳にもいかず・・・。)
次の日には、けろっと、してました。
粘質液のドレーンも、4日目には取れ、月末にMRIとレントゲンで、問題がなければ、外泊が許可されそうです。
さて、松葉杖を当座利用する事になるのですが、いろいろなタイプがあるのですか?リハビリの状況に応じて、変化していくのですか?
利用されている方はどの様に会社に通勤されてますか?カバンとかは。どの様に持たれてますか?
本人は、電車通勤なので、キャリーケースが杖になるバックをさがした、というのですが、・・・。
『階段の下りはしんどいよ〜』と、説得中です。(私が病院にはキャリーバックで看病にいっています)
福祉用品の話にずれてしまいました。
ご意見賜れれば幸いです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
946.
弱気男さん頑張りましょう!
投稿者 : 俊くんのパパ投稿日 : 2006/08/15 20:09

私は去年の夏に肺がんの告知をされ医師より手術も放射線治療も不可能と言われ抗癌剤治療を4ヶ月治療を行ない無事退院しました。ところが今年の春腰に激痛が走り見てもらうと腰に転移していて放射線治療と抗癌剤治療を行いました。これで元気になったと思う間もなく心臓に水が溜まり再入院し癌が転移してました。私は現在37歳で妻と3歳の子供がいます。一時期うつ状態にもまりましたが妻ととことん話しをしました。いつ死んでもいいように身の回りの整理もしまた。みんないつかは死にます、早いか遅いかです。一日一日を大切に生活していきましょう。現在も抗癌剤治療をしてますが副作用がひどく逃げ出したい日々です。お互い頑張りましょう

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
945.
89歳で胃がん、温熱治療
投稿者 : 竹投稿日 : 2006/08/15 02:55

先日89歳の父が胃がんであるという事が分かりました。昨年から春ー夏になると食欲がなくなり、今年も同様の症状を示したため、胃カメラをのんだところ進行性の胃がんということでした。30年前に脳溢血で倒れて以来左半身不随、今回肺にも水があることが分かり(水を抜いての検査(一度のみ)ではがん細胞は認められませんでした)そして何よりも高齢という事で治療は行わない事を医師から奨められています。そこで高齢者にでもできる治療方法という事で温熱療法を考えているのですが、胃がんにも果たして効果があるものなのでしょうか?どのサイトをみても「胃がん」への効果について見事に言及がないのですが(食道がん、直腸がんには効果あり)どなたかご存知ないでしょうか?言われているように、がん細胞が43度で死滅するのであれば熱い飲食物を意識して採ればがんの進行がある程度押さえられるのではないかと単純に思ってしまうのですが。。。また特定の機器/温熱パック等を使って御自宅で温熱療法を実施されている方がいらっしゃればその使い勝手等お教えいただければ幸甚です。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
944.
癌検査の病院
投稿者 : 村越丈夫投稿日 : 2006/08/14 14:41

村越丈夫(むらこし たけお)と申します。57歳。
東京の港区、品川区、千代田区、中央区で癌の検査とその後の入院対応で良い病院ご存知でしたら教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
943.
あ〜 しかし今年は・・・
投稿者 : こばたろう投稿日 : 2006/08/12 10:21

初めての投稿です。
今年は後厄でもないのに本当に災難だらけです。
実は、私の母が今年70歳なんですが、今年の2月頃から右の歯・歯肉が痛いとの事で歯科にかかりはじめましたがレントゲンその他をしても特に異常が無いとの事で自宅で療養していましたが、6月になってもまだ痛いとの事で地元の総合病院に行きました。
結果は上顎癌との診断でした、本人にも告知を言いましたショックでした。何よりも顔と言う事で治療も
大学病院に転院して下さいとの事でさらにショック。
この病気はいわゆる、ほっぺが腫れて、涙が出たりする事で自覚症状が現れますが殆どの方が初期ではなくかなり進行した状況で病院へ行くそうです。
母もその様でした、結局 抗がん剤・放射線治療を終え今度手術ですがなにせ、右目下からごっそりえぐってしまうような手術で、骨も削ってしまうし お腹の筋肉をほっぺに持ってくるそうです。
かなり悩みましたが仕方ないのでしょうか?
そうこうしていると、私の会社の店舗が8月末日で閉鎖を宣告されWでショックでした!!
でもようやく、仕事の方は何とかなりそうですが 「なんで自分だけ・・・」神様はいないのかと声を大にしていいたいです。
母は今、手術に向けて自宅にて静養しております!
しかし、あまり聞かない癌だな!?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
942.
両親が癌発覚  その2
投稿者 : marimama投稿日 : 2006/08/11 23:26

実家の母が末期の大腸癌とわかり、手術そして抗癌剤と戦っている姿を見て本当に見ているほうも辛かった。末期までわからなかったので父には早期発見、早期治療と考え気の乗らない父を強引にドックに入れました。まさかの食道癌でした。半年の間に両親がどうして?なんで私ばっかり?やっと、うなされないで眠れるようになった矢先でした。難しい手術になると聞かされていたので私はより最先端の手術をしてくれる病院を色々調べましたが結局母の主治医に相談したところ『この病院は食道癌の専門の医師が居ないから別の病院の教授を紹介する』と言っていただいたので別の病院に転院しました。ステージ3で放射線治療と抗癌剤治療をし最終的に手術を受けました。普通は母が看病するのですが母も副作用で自分の事で精一杯なので私が2人を看ているので正直言って時々潰れそうになります。軽い鬱になっている時もあるでしょう。気持ちの浮き沈みはあるしでも、変わりは誰も居ない。母として、妻として、娘としていつか落ち着く日が来るのでしょうか?母はいつまで居てくれるのでしょうか?父は7月26日に首、わき腹、胸を切ったにも関わらず16日に退院予定らしいです。早く元気になって一緒に母を支えてもらいたいです。一緒に住んでいないので行ったり来たりが結構大変ですが悔いの無いように母にそして父自分も生きていきたいです

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
941.
両親が癌に  その1
投稿者 : marimama 投稿日 : 2006/08/11 23:09

はじめまして36歳、現在9歳6歳の娘の母です。実は実家の両親が癌の治療をしています。2005年10月頃実家の母から出血があるとの相談を受け婦人科を受診結果は異常なし。それなら痔?ポリープ?と大腸ファイバーを受けました。結果は大腸癌ステージ4肝転移あり余命2〜3ヶ月私一人で受け止めるにはつらすぎました。まさか・・・軽い検査のつもりだったのに。待合室には6歳の娘と母が待っています。泣いて出て行くわけにはいきませんでした。母はその時点では『おできが出来てるから大学病院紹介するから多分入院だって』とその程度しか知りませんでした。母を送り届けてから朝まで泣き通しでした。もっと早く気づいてあげていたらと後悔ばかりでしたが、次の日あっさりと医師からの告知が終わり、母も覚悟を決め『長く生きられないなら痛くない治療だけして下さい』と伝えていました。いつもなら気が強そうでもろいのに。そんな母の前では絶対泣かないと決めました。34日の入院後肝臓は多発の為切れないままでしたがストーマが付かないで済みましたので神経質な母には良かったと思います。9ヶ月経ちますが週二日の抗癌剤治療を副作用と戦いながら受けてます。生き続けてます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ