癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

820.
こんにちは
投稿者 : funapi投稿日 : 2006/05/12 11:45

掲示板を見るたび、一口に「がん」って言っても、組織型、ステージ等々その方その方なんだなぁ、もっとオーダーメードの治療はないのかしらなどと思う最近です。

○ まー君、ももあさんなど経口抗がん剤で悩む方へ
  私もTS1つらいです。副作用がでない方もいるようですが、でる人にとってはつらいですよね。一番ひどい時は、食欲不振・吐き気の上、舌は荒れるし歯茎や歯までしみるようになり、無理してでも食べられないということもありました(無理して食べると結局戻すし)。今もお米をあまり受け付けず、この場合バナナを代用しています。あとは、色素沈着(左指の爪だけが黒く変色)。幸いにも私は腸関係は大丈夫ですが(これはおそらくアロエジュースのためだと信じてる)、昨年の入院前からすると、8キロやせちゃいました。4キロくらいやせたときはダイエットなんて冗談も言ってたのですが、さすがにまずいです。でも、薬の量を調整したり、薬を飲む期間を調整したりはできるので、がんばりましょうね。
○ JINNさんへ
  その後お父様はいかがですか?抗がん剤を別の人のものと間違えて、薬は同じで量が違うだけだから大丈夫みたいな趣旨の説明をする医者に怒りを覚えました。抗がん剤は、その方の体重と身長から計算された体表面積で量が決定される(私はそうでした)と思うのですが(そういうタイプの抗がん剤でなかったのかもしれませんが)…。もっとお医者さんには気を遣ってほしいですよね。
○ 「じい」さんへ
  復職→休職とお疲れ様でした。私も転移がなければ今頃は復職していたと思うので、人事でなく感じます。いつ復職できるか分からない休職を続けるのは不安ですし(休職があるだけでもありがたいのですが)、経済的な事情等も考えなければならないですしね。でもでも、またいつか仕事に戻れるまでには快復して体力もつけて、仕事したいですね。
○ 最近気になったニュース
  大阪大学の研究、WT1がんワクチン、大阪大学のHP以上の情報がほしいです。どなたかご存知ありませんか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
819.
どうすれば?
投稿者 : 助けたい投稿日 : 2006/05/12 03:37

始めまして、56歳の女房が大腸癌と診断される6ヵ月前ごろ、朝、起きて度に足が痛くて大変少し浮腫みが有ると独り言を聞きながら、もう年なんだからと冗談をいって笑っていました。それが診察を受けたときは癌が肝臓まで転移、ステージIVの最悪な結果になりました。肝臓の門脈まで癌に侵され抗癌剤が利いて1年の宣告、あの時、どうして、妻に思いやりがいまの様になかったのか悔やまれます、どんなことをしても助けてやりたい気持ちで一杯です。現在、手術が終わり抗癌剤治療中です。どなたか、ご意見が頂ければお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
818.
私もがんばろう
投稿者 : さくら投稿日 : 2006/05/11 15:34

738のさくらです。皆さんの書き込み読んでいて私以上に頑張っている人がこんなに大勢いるんだって何だか初めて気がついたような気がします。初めての手術後「もって後2年といわれ」去年には来年の「お正月はたぶんない」とか厳しい状況であることをその時々に聞かされ続けたわりにはいま手術後5年経ちましたが、体は明らかに弱っていることを実感している今日この頃です。在宅酸素を使うようになってから、大好きだった旅行も行けなくなり、旅行どころか近所の買い物にも一人では出かけられなくなって、どうして良いのかわからない状況です。思い起こせば、がん告知のときから自分が頑張りすぎてしまったので、今更どうして良いのか解らないのです。主人は盲腸とがんと病気という分類で分ければ同じ病気なのに何が違うの?糖尿病の人とか一生付き合わなければならない病気と癌も同じでしょ。と言う人を相手にもう何を言ってもだめだと…。何だかとてもつらいです。 5月の連休中には階段から転げ落ち骨折はしなかったけれどあちこち痣だらけで、今も全身打ち身状態です。筋力も弱っているし、気をつけないと危ないですよね。ちょっと愚痴ってしまいました。また来週から抗がん剤始まります。頑張るぞ!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
817.
手術は、大成功だったけど・・・
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/05/11 11:26

問題は、主人の母です。手術にも、そもそも、医療自体否定しているので、その言動のコントロールに苦労しています。宗教に偏りがある、と云うのは、書き込みさせて頂いたのですが、根っこにそう云う考え方があるものですから、大変です。抗がん剤、と云う化学薬品も、「お〜、やだやだ!」、手術の説明の為、病院にてドクターから説明を受けます。不満や希望があるなら、そこで自分で直接言えば良いものを、自宅に帰ってから、「手術なんて、受けさせる訳にはいかない。X氏(今、通っている、自称『神様に御伺いが立てられる人。』)の所に行って、(以下、『』内は、、独自の宗教用語。)『神様にお詫びして、改めようよ!』、そうしたら、手術なんて、要らないから。」。「一生松葉杖なんて嫌よ!まだ35歳よ!!私には、耐えられない!!」。手術前は、自室に立て籠もるなどして、抵抗を見せました。当然、患者本人は、無視しておりました。手術が成功しても、ドクターに涙ぐみながら「有難うございました」と、言いつつ、どデカイ手術後をみて、「お〜嫌だ!!」。感染症の恐れがありますし、まだ、抜糸されていない足に「『神名を』唱えて、摩ると、傷の治りが早いから。」 術後抗がん剤治療が、来週から始まる、と伝えれば、 「もっと、回復してからにすれば、いいのに・・・。」 ・・・説明、受けたんです。手術で、散らばった、がん細胞を叩く為に行う、と。患者は、不安を抱えながらも、それを受け入れて頑張ろうとしているのに、陰で、ブツブツ、文句を申します。自分で、ドクターに言えば良いのです。発言権は尊重しています。宗教観の事だって、そうです。患者本人とは、違う意見の人もいる。きちんと、土俵にあげようとしない。そのくせ、色んな方から「凄い大変な手術だったのに、成功してよかったですね。」と、言われると、「本当にねぇ。皆様の『想い』の上にいるのよ、と本人に言ってますの・・・」と言う。・・・また、いずれ、宗教の鞍替えをするんじゃないか、今までもそうして来て、宗教感については信用を失くして来た、というのに、それに気付くどころか、さらに周りを台風の如く、巻き込んでいこうとする。  病気の看病より、その対応に苦慮しております。皆さんの周りには、その様な方は、おいでですか?どのように対応されてますか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
816.
食事のこと
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/05/11 02:50

胃がんや、腸の関係でなくとも、抗がん剤のダメージで、胃がぼろぼろになって退院して参ります。  我が家では、だしは、基本的に、ひく事にしています。 昆布は、5cmくらいに切って、1,2本。混合節(鯖節とかつを節がMIXされて入っています。木の皮みたいな方が楽です。)を、指3,4本分位。これで、お味噌汁3杯分くらいかな?お好みで。塩分の制限が、ある場合、だしが濃いと、塩分が薄くても、おいしく感じやすいそうです。  白菜、たまねぎ、キャベツは、白血球を増やす力が結構あるそうです。主人は、椎茸が大ッ嫌いなので、嫁は、影でこそこそと、干し椎茸や干し舞茸を、ミルサーで、微粉末にして、各種料理に愛と共に、注いでおります。(笑)  味噌を使われるお料理では、2種類混ぜると、美味しいです。たぬたぬは、普通の味噌に白味噌を使ってます。料理によって分量を変えたり。  玄米や、雑穀は、底力が出るそうです。流動食の方は、玄米を乾煎りにして、(玄米茶に入っている、あの香ばしい状態ですね。)そこから「おねば」に薄く、天然塩をかけて、召し上がると良いそうです。 抗がん剤の貧血と、普通の貧血は、タイプが違いますが、小豆が良いそうです。私は、赤飯好きなので、玄米に小豆を入れて、圧力釜で炊き込んでしまいます。米3に、小豆0.9、水は、4.5合位。ごま塩で、食べます。小豆粥は、今、レトルトとして、手に入り安くなってますね。 お茶は、民間療法の領域になると思いますが、びわ茶や、すぎな茶が癌に良いそうです。いずれも、漢方薬店にあるようです。びわの種は、苦〜いですが、ご飯に炊き込んで食べる方法もあるようです。栗みたいな感じだとか。旬のものですしね。我が家では、びわ茶を大量に買い込んで、「温熱療法だよ〜」とかいって、びわ風呂に入れておりました。難点は、浴槽の掃除が大変なことですが。(笑) もうすぐ、術後抗がん剤治療にはいります。今、ベットから自分で立てないので、ある意味では、術前より大変かもしれませんが、また、近所のホテルに泊まるかな、 とか、考えています。私にあまり、体力がない(鬱と、癲癇の薬を5年、あおって生活しております。30歳超えてからの発病でしたので、脳腫瘍の疑いがかけられました。) ドクターともご相談して、考えたいと思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
815.
べるびんさんへ
投稿者 : みみ投稿日 : 2006/05/10 22:50

退院おめでとうございます!! 私の父も大腸から肝臓です。ご心配お察しします。 闘病生活にて私自身の感じたことは「頑張らなくていい。思ったことを大事にしていこう!!」です。 ですから、ささいな生活での楽しみや代替療法など思いついたことを、お父様の体力負担にならないようにして行けたらいいな・・・と思います。 大切なお父様、どうか抗がん剤の副作用がなく効きますように!!ちなみに、私の父は副作用を心配してましたが髪が寂しくなっただけ(?)(もともと寂しかった?)で、食欲も変わらず・・・ですので、一概に心配しすぎないでいいかも?!です。 なんのアドバイスもできませんが、大腸から肝臓・・・と聞くと、人ごとではなく思ったもので。すみません。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
814.
明日父が退院します
投稿者 : べるぴん投稿日 : 2006/05/09 23:16

No.798のべるぴんです。 父が5月1日に大腸の手術を終えまして、明日10日に退院です。主治医の話によると、ここまでは順調に進んでいるとのこと。 ですがまだ、肝臓と肺には「転移」という爆弾を抱えている父。これからが勝負なんですよね。 以降は抗がん剤での治療を始める予定になっていますが、それと並行して漢方や気功などの代替療法もやってみようかと思案中です。 そこで、その方面で有名な○○病院に行ってみたいと思っています。幸いそれほど遠くない場所ですし、実家から徒歩で行ける圏内にクリニックもありますし・・・。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
813.
胃がんのステージ2
投稿者 : ドルフィン投稿日 : 2006/05/09 06:56

はじめまして。NY在住の者です。
私の婚約者が一ヶ月半ほど前に胃の不調を訴え、 検査の結果、胃癌だとわかりました。手術をし、抗がん剤治療(ものすごい苦しみだそうです)を4〜5回に受けたのですが、ステージ2まで進行していて、これから放射線療法も行うということです。
本やホームページを読み漁り、免疫療法について知りましたが、たくさんの情報があって少し困惑しています。
免疫療法は胃癌患者にとってどの程度有効なのでしょうか?また、どういう免疫療法が他の療法とともに行えますか?まだ34才のアメリカ人男性にとっては胃癌は珍しいようです。薬の作用と術後の胃の調子からか、食べたものが消化できずにしょっちゅう吐いてしまいます(私が作るベジタブルスープだけは吐かない)。この間は嘔吐物のなかに血がまじっていたそうです。食欲はあるのですが、何か胃に優しい、胃癌にきく、免疫力を高める食べ物、メニューがあったら教えて下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
812.
毎日が苦しいです
投稿者 : weather投稿日 : 2006/05/08 01:38

父の脳腫瘍がどんどん大きくなっていきます。
現在ガンセンターに入院しており放射線をあててもらってはいるのですが。日に日に体力も衰えていっています。今では一人で立ち上がることもできず話をすることもできません。毎日病院へ付き添っているのですがとても心配です。少しでも脳の腫れがひき父と話ができるのが何よりの願いです。どうか元気になってほしいそれ以外なにもいらない。そう思いながら毎日過ごしています。こんなつらい思いをしなくてもいい癌や病気のない世の中になってほしいですね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
811.
腸閉塞について
投稿者 : あきこ投稿日 : 2006/05/07 01:12

みなさん、はじめまして。 私の母についての投稿です。 私の母は今、53歳で2年8ヶ月前に胃癌の手術を受けました。しかし、手術後から今までにかけて、 万年、腸閉塞で苦しみ抜いています。 腸閉塞は手術で治るのでしょうか?それとも、このまま状況を見ているのがよいのでしょうか?腸閉塞で苦しみ毎日を家の布団の上で苦しんで泣いている母をみているととても悲しくなってしまいます。どなたか、どんな些細な情報でもいいので、今後のケアについての情報をください。お願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
810.
私はずっとこのサイトを開くんでしょうね
投稿者 : みみ投稿日 : 2006/05/06 22:40

3年半、病と闘った父が他界しました。もうすぐ一ヶ月経とうとしますが、まだ信じられません。足の付け根に患部が広がり、松葉杖を使っていました。コツコツ・・・という音。父の声。今にも聞こえてきそうです。
3年半、このサイトに支えられてきました。不安を吐き出し愚痴り、泣きながらこころの手紙を書いたり。このサイトがあって助けられました。
こんな私でも、どなたかの支えになれますか?
初めて手術をし、体力をつけるためになんでも食べるよう努力をして、癌の再発ばかり目をやっていたら、高血圧・糖尿で緊急入院をした。
食が細くなった時、ささみ肉やかぼちゃなどの野菜をカップスープの素でやわらかく煮て、ミキサーで潰したら飲みやすくなった(どろどろが苦手だったら、こし機でこす)。カップスープのメーカーによって、飲み易さが違うみたい。
腹部の腫瘍が広がり、足が弱って折りたたみ式の杖を用意したが、手首だけでは体重を支えきれず辛そうだったので松葉杖にしたら、動きやすくなり自分で歩くように頑張ってくれた。
本人が不安を口にした時、「たまたま病気が分かっただけ、先のことは誰もわからない。交通事故もある。年齢も持病も関係ない。」と話ました。父はどう受け止めたかは分かりませんが、私はただの慰めではなく本当にそう思っていました。
痛かったら、どんどん病院に相談(訴える)した方が良い。本当の痛みは先生にもわからない。強い薬になったら駄目だとか我慢しなくていい。痛みを取って、その人らしく生きることが目標。
後悔したくない。ささやかな楽しみを見つけるよう考えた。ベランダの横にベットを移動して、ベランダに寄せ植えの花や苺の苗を植えたりした。
こんなこと、皆さんもなさってるでしょうね。
私が必死だったように、皆さんも必死でしょう。
それでも、私に出来ることがあれば・・・と思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
809.
797おちさんへ
投稿者 : 賢次投稿日 : 2006/05/06 22:17

どんな情報でも良いとの事ですので書き込みを致します。 NO.769で私の腫瘍については書き込みをしています。薬も治療法もなく退院して4ヶ月経った頃、妻が「お父さん大阪に灸据えにいってみては?ガン細胞は43度以上の熱で死亡するから・・・」とひょんな事から私に言いました。 その頃の身体の状況は骨盤の中の腫瘍が大きくなり、膀胱を圧迫して尿が出にくく、手で下腹を押してやらないと最後まで出ない状態でした。すぐに大灸を据えてくれるお寺(無量寺)を調べて2泊3日で九州から行ってきました。帰ってきてから10日位して尿の出がだんだん良くなり、腹を押さなくても良いようになりました。翌月のMRI撮影検査結果、骨盤の中の腫瘍が小さくなっていました。主治医の先生も不思議がっていられました。人それぞれ違いますが、お灸と言う温熱療法が私の腫瘍には有効に働きました。 良くならなくても進行が止まれば万歳です。お姉さんに合う治療なり見つかる様頑張って下さい私も祈ります。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
808.
TUKUTUKUさん順調ですか?
投稿者 : あんこちゃん投稿日 : 2006/05/05 22:47

十月に骨腫瘍とわかり十五回予定の抗癌剤治療が残り二回となりました。抗癌剤、手術、抗癌剤と既に八か月たちました。治療がすみ体調がもどれば義足でのリハビリです。しかし今までに入れてきた抗癌剤で体は弱ってきてます。白血球低下はもちろん肝機能、貧血まで悪くなっちゃいました。今退院が見えてきましたが、入院が長かったせいか家にかえることが不安です。抗癌剤いれなくなるとすぐ再発しそうで。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
807.
優さんへ
投稿者 : サッチー投稿日 : 2006/05/05 16:14

私の主人も昨年4月胃癌で全的をしました。 その時ステージ4と言われました。 腹膜に転移していて余命半年か、よくもって2年と言われてるのです。主人は腹膜に転移していることは知りません。申告の事ですが私が主人の性格を良く知っていますので、知ったら落胆が激しいと思い先生に絶対言わないように言いました。 申告して言い事と悪いことがあります。良いことは癌と一緒に戦っていけること。悪い点は自分はもう元気に成ったので抗癌剤はいらないと飲まないで酒は呑むし、タバコは吸うしで大変です。 半年と言われているのにもう1年越しました。 私は主人に聞いてみました。 もし転移したら知らせたほうがいいの?と聞いたら 何も知らんほうがいいと言いましたので言っていません。そのことも先生に伝えています。 でも転移してきて悪くなったら本人がわかるようになると先生は言います。 今は少しずつ元気に成ってきているのです。 優さんのご主人様と病気が違うので何のアドバイスも出来なくて御免なさい。 申告の事は私の主人の性格を考えての事です。 本当は申告して癌と戦うのが1番なんでしょうけれど 辛い選択です。まだお子様も小さいので大変ですね 優さんもお体を大切にご主人様を見てあげてください。 また投稿下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
806.
再度、休職
投稿者 : じい投稿日 : 2006/05/05 10:00

725・787で書き込みさせて頂いた、『じい』です。
副作用のきつさと職場の勧めで再度の休職となりました。直腸癌手術で器具をつけずに済んだのは何よりですが、ガスなのか小便なのか大便なのか判らず、もよおす度に大便用のトイレに行かねばならず、困ってます。意識は有っても出てしまってオムツとも手が切れません。下のことなので、精神的に痛いですね。再度勤務するにはやはり、せめてオムツくらいは外せないと自分が駄目になりそうで。精神的にゆったりする為に、無理から旅行でも行ってみようと思います。まだまだ、頑張らねば、家族もあることです。リンパ節転移だと抗癌剤じゃなく、プロポリスのほうが良かったりするんでしょうか。3期はまだまだ大丈夫らしいから、治療法を選び、社会復帰するようにします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
805.
☆優☆様へ
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/05/05 03:03

6年前、私の父が、スキルス性胃がんの発見時(正確には、自覚症状が、いきなり腹水で、そこからバイオプシーを行った結果、がん細胞の面構えが悪いので、余命半年です。直腸癌と、思われるが、これは、原発ではなく、どこからかの転移でおろう、と。1ヶ月原発を探しての、胃がん宣告だった訳です。)に、99,9%、半年で、亡くなられます、と私一人でまず、がん告知を受けました。
 当時のドクターは、随分、悩んでおられました。「僕自身には、ありませんでしたが、がん宣告をしたら、2年で4人自殺されてしまったんです。統計としては、少ない数では無い、と思うんです」。結局、腹水のコントロールの為にCDDPだけ受けましたが、副作用の説明で、胃癌である事は、父もみとねました。が、余命半年、については、54歳の父は、私が嫁いだ後は,とりあえず、残す事は無い(母は既に他界してますし、妹の方が、先に嫁ぎましたので)、余命半年を聞いたら、自分の人生の風呂敷を慌てて片付け始める性格でしたので、あえて、申しませんでした。少しずつ、下り逝く体調を自覚していた、と思います。・・・かと、おもいきや、今じゃ、町医者の整形外科がMRIみて、「腫瘍の疑いがあります。がんセンターに行ってください」。の時代。
 「答えの無い、永遠の命題だ・・・。」と、こぼしていらっしゃいました。主人は、気を強く持っていて、半月後に悪性の腫瘍です、と、この時も、一番最初に私に告知されました。(何故、いつも、私なんだ!!)事の次第や、治療できるから、頑張ろう、と、ひたすら、隠し続けた大変さ、は、主人もした(当時は、婚約中でした)ので、ぜーんぶ!!話してしまいました。
 ご主人様の体調が、思わしくない場合(がん、と、関係がなさそうな時を含めて)や、鬱や、落ち込んでいる時は、無理に、告知をなさらなくても、いいのかな〜、というのが、たぬたぬの意見です。ドクターも、悩んでおられる位ですから、変な事ではないと、思います。
 ただ、症例の少なさ故、東京近辺ですと、国立がんセンターや癌研病院に入院なさった場合、告知せずにいられるか。これは、難しいと思います。ま、とにかく、説明の嵐、同意書の嵐。当たり前だけど、周りは皆、がん患者。開けっぴろげ。斬った張ったの世界で、がん患者仲間つくってしまう方も、おいでです。主人は、パソコンと、本に浸ってます。ご主人のご性格と、体調を、奥様や、ご家族で、ご相談されてにては、如何でしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
804.
手術成功いたしました。
投稿者 : たぬたぬ投稿日 : 2006/05/05 01:48

仙骨にがん化が、診られるが、じん帯、右大腿部骨頭に、がん細胞は、おそらくないだろう、という事で、リサイクル・ボーン法での手術になった(人工股関節や、他の方法の場合は、待機している配偶者(私)と主人の母に連絡、骨盤半切に至る場合は、本人に考えてもらう為に、手術は、中断。・・・ 足や骨盤を外すのに、5時間、付けるのに、5時間、麻酔に1時間、お尻のガボッと開いた穴を埋めるのに、お腹の筋肉をきって、移植。なんやかんやで17時間の大手術になりました。しかし!!、右足、1回外して、付け直しているのに、術後管理室に通されたら、その右足首をクルクル回してました。
この、とんでもない手術の3,4日あと、また、手術だ、と言うのには、本当に頭があがりませんでした。
ちなみに、主人は、国立の大きな病院に入院、手術を受けましたが、よく言われる、医師への「袖の下」どころか、差し入れの、おむすび も、看護師さんが「首になって退職金がもらえなくなります!」と、お断りになられました。私も公務員時代があって、その当時の職場結婚した、仲間や、父上が元公務員の友人も、「国立の大きい病院程、絶対受け取らないよ!!」と、申しておりました。がん研究の募金がありますので、苦しくない程度に募金しようと、思っております。これから、ベットの上での、リハビリ、術後抗がん剤治療(これが、2番目の山かも?)が、控えておりますが、出来るだけ支えてあげたいと、思っています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
803.
772賢次様、775みみ様
投稿者 : 蟹の熊投稿日 : 2006/05/01 23:19

温かいコメントありがとうございました。すぐに高額医療費について役所に問い合わせてみたいと思います。 おかげさまで父の手術(声帯を半分摘出)は無事に終わりました。ただ合併症(糖尿病、高血圧、腎機能低下)があり、手術部位の炎症が治まらず、まだのどに穴が開いた状態で、そこから気道確保のためのチューブが出ています。咳、痰が激しく日々がつらそうな状態です。ただそんなでも腫瘍部位が取り除けたことで安心しております。 この掲示板を通して、声をかけていただき大変心の支えになりました。次は私が父の心の支えになりたいと思いました。また父の病が落ち着きましたら、この掲示板を通して他の方々の支えになれたらと思います。 有難うございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
802.
美味しい流動食を作ってあげたい
投稿者 : ソノーニャ投稿日 : 2006/04/30 23:41

初めまして。 癌と戦っていらしゃる方々や、ご家族のお話に勇気や元気をいただいている者です。 49歳の夫が今年の2月に食道癌の告知を受け、五月半ばに食道を全摘する予定です。今は自宅にいます。 一時は抗がん剤の効果で、食事が楽に通るようになっていたのに、この一週間は以前のように痛みが出て、食べ物が通らなくなりました。 ミキサーを使い流動食のようにして、調理していますが、流動食として美味しい物と言うと、悲しいかな、私にはレパートリーが沢山ありません。通販の流動食があることもネットでみましたので、試してみようと思っています。召し上がった方はいらっしゃいませんか? 今は少しでも多く食事して、手術に向けて体力を付けてもらいたいですし、退院してからも当分普通の食事ができないと思うのです。 とにかく美味しい物を作って食べてもらいたいのです。どなたかお知恵を拝借できませんか? それから、食道を全摘なっさた方の術後のお話もお聞かせ頂きたいのです。 替われるものなら替わってあげたい。と、言っておりましたら、夫が入院中に私が気胸になり、息苦しさが治ったら、今度は、空気を抜く為の管が肺に当たったまま二日半過ごすはめになり、ものすごく痛い思いをしました。 これから夫が病と戦うのだと、健康な私に神様が痛みを教えてくれたかのようでした。 余計な事を書きました。どなたか情報を戴けますか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
801.
はじめて書きます
投稿者 : 新太郎投稿日 : 2006/04/30 16:04

先日、胃カメラの検査の結果進行癌と言われました。 まさか、自分がと先生の言葉に驚愕。 でもこれから、前向きに戦っていかなければならないのも現実です。 だれか、いいアドバイスをいただける方はいらっしゃいませんか? 自分は今45歳です。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ