癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

460.
Tsutomuさんへ
投稿者 : きょう投稿日 : 2005/10/30 11:28

告知されるんですね。きっと大丈夫ですよ。
ガン告知って本当に難しいですね。自分がガンになった時は告知して欲しい。でも、家族がなった時は告知したくない。自分は告知を聞いても耐えられる、でも家族の人は耐えられないだろうから・・ 
誰だってガンと聞いたら落ち込んだりすると思います。でも、治療を受けるにはやっぱり本当のことを知っていないといけないと思います。その人の人生だから・・ 病気の事を知った上で、どのようにするのがいいか、病気になった本人が決めるべきです。
元気なうちにしておきたい事もあるでしょう。できるうちにできることをするのも大切かなと思います。
確かにご家族の方々もつらいと思います。私ももし父や母がガンだったらどこまで本当の事言えるだろう・・なんて考えます。
でもガン患者である私は本当の事をすべて知っていたいです。
Tsutomuさんもお母様と共に頑張って下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
459.
再発転移の可能性
投稿者 : ニッキ投稿日 : 2005/10/30 02:12

2月に上顎ガンの手術をした母に、再発転移の可能性が出てきました。
10月初めからの高熱、血糖値の上昇、リンパ腺のボコボコの腫瘍・・・急激に体調がおかしくなった。
金曜日の検診では、先生からまず「リンパにガンが飛んだ可能性があるので、細胞を取って調べます」とのこと。この日は、MRIの結果でガンであるかわかるのではないかともうドキドキでした。
1週間、結果がのびました。何でもなかったら、MRIを見て「異常なし」と言うでしょう?「異常あり」なんですよ、きっと。まだ細胞の検査待ちですが、私と母はもう再発転移したと思っています。ただ再発転移が早かった。1年はまだ大丈夫だと思っていた。こんなに早くしかも1ヶ月くらいでガンってできてしまうものなの?8月9月は本当に母は元気だった。普通に出かけ、旅行にも行ったし暑かったのにすたすた歩いていた。それが急に10月に入っておかしくなった。急にガンってなるのかなぁ?不思議でたまらない。
残念です。くやしいです。入院するのをあんなに嫌がっていた母が、また入院するかもしれない。でも再発転移だったらしょうがないんです。この現状を嫌でも受け入れて、あとは先生にお任せするしかないんです。

ガンというものは本当に恐ろしい。ガン患者とその家族を地獄の底に落とす病気だから。ここの掲示板に書いてる人は、みんな同じ気持ちだと思います。
誰だって健康で長生きしたいよ。人間は不平等です。若くしてガンになってしまう人もいれば、100歳でも病気一つしないで元気な人もいるんだもの。母はよく言います。テレビとかで元気なお年寄りを見ると「いいなぁ、この人元気で。ガンじゃなくて」って。こんな母がかわいそうでたまらない。いまだに私も思います。「何でお母さんガンになちゃったの?」って。
なんだかグチグチ書いてしまいましたが、一番つらいのは母。そして悪いことばっかり考えてしまう私。つらいけど、受け止めなくちゃいけないんだ。
なんでガンが飛ぶんだよ〜(怒)

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
458.
虹パパさんへ
投稿者 : sunlife投稿日 : 2005/10/29 13:00

ご返答ありがとうございます。
早速、教えていただいたサイトから、平岩先生に相談します。
ありがとうございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
457.
退院しました
投稿者 : みけ投稿日 : 2005/10/28 21:54

二日前に、母が退院しました。毎日がとても楽しくて仕方ないようです。
病気が治ってるのではと思う位、元気になりました。
でも発病する前みたいには戻りませんけど・・・毎日の抗癌剤の服用は続いております。免疫上げるために、毎日乳酸菌を1本と、アガリクス、D−12を続けています。病院に入院してる時よりも顔色も良くなりました。このまま上手く効いてくれればと思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
456.
治療の取り組み
投稿者 : 勉強中投稿日 : 2005/10/28 19:01

現在、姉が術後1年半で再発しないよう免疫療法に取り組んでいます。父も2年前に胃癌で亡くなりました。
高齢の父もガン検診でガンが見つかり、手術から抗ガン剤とお決まりの治療を受け最後は肺炎を併発してなくなりました。今では本当にこの治療法で良かったのかと思っています。体の不調からガンが見つかったのではなく、ガン検診で見つかったのですから、体力も弱い父にここまで濃厚な治療をする必要があったのか。他の治療法があったのではと今では思っています。ガンと共生させながらも天寿をまっとうさせる治療法があったはずと思っています。
私は仕事上で医師やサプリメント会社の取材が多くあります。父や姉の事があり必要以上に勉強しています。勿論、自分の将来・家族の将来を含めてですが。
投稿された方で治療までの時間について心配されている方がいらしゃいましたが、1ヶ月間の間にガンが進行するのではと心配されているのだとおもいます。大病院ほど検査から手術までの時間はかかります。よほど進行性のガンで無い限り。2ヶ月、3ヶ月という方もいらっしゃいます。その間なにをしていたらよいのかと不安になるのもあたりまえです。抗ガン剤から手術ということですから、抗ガン剤で腫瘍を小さくしてから手術をしようという事だと思いますが考えようによってはチャンスでもある訳です。
まず、早く進行するガンではないと言う事が分かります。本来は進行性のガンは少ないことを理解しておく事です。又、ガンの成長速度は以外とゆっくりです。ならばその間に十分なインフォームド・コンセントを受けるのも良いし、セカンド・ピニオンを使う事も出来ます。他に温熱療法、サプリメント療法など取り入れ免疫力を低下させないようにすることもできます。
まず、大きな総合病院だからといって医師にまかせっきりは良くないと思います。取り入れられる療法があれば今すぐにでも始めるべきです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
455.
sunlifeさんへ 平岩先生の件
投稿者 : 虹パパ投稿日 : 2005/10/28 16:50

http://2nd-opinion.eee.ne.jp/ をご覧ください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
454.
みなさん、ありがとうございます
投稿者 : Tsutomu投稿日 : 2005/10/27 20:51

告知を受けて、毎日寝られない日が続きなやんでいました。
なんとか治る方法はないか、調べているうちにこの掲示板にたどり着きました。涙が出ました。また励まされました。
いちおうは決断しました。告知しようと思います。ただ、白か黒かはっきりではなくグレーな感じでできればと、思っています。
つらいと思います。絶望、うつ、いかり、これから大変だと思いますが、母の強さを信じて・・・、くいのない人生を送って欲しいから、そして必ず生きるんだと言う気持ちを忘れないでもてるように、サポートしていきます。母を引き取ってがんばろうと思います。1%でも可能性があるなら、あきらめず母と、また家族とがんばります。
みなさんのおかげで本当に救われました、ありがとうございます。
皆さんも負けないでがんばってください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
453.
平岩正樹先生をご存知の方、いらっしゃいませんか?
投稿者 : sunlife投稿日 : 2005/10/27 14:00

運営者様、掲示板をご覧の皆様、はじめまして。

私は、癌発覚から2年が経ちました。
最近、緩和治療・共存療法と告げられ、自分自身これからの治療方針を決めるため、色々な病院を当たっている中、外科医、平岩正樹先生の主著を読み、是非、診察して頂きたいと思っているのですが、平岩先生の詳細等がわかりません。

この掲示板をご覧になられている方で、診察にかかられている方や、心当たりのある方がいらっしゃいましたら、詳細を教えていただきたく、こちらに書かせていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

最後に、運営者様、サイト運営ご苦労様です。
このような場を提供していただき、感謝申し上げます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
452.
心、体、死とか考えたり。。。
投稿者 : 青い空投稿日 : 2005/10/27 10:45

入院中には、見舞いに来てくれた友人を見送り病室へ戻りながら、あちらは元気な「普通の世界」へ戻って、病院の施設の中は普通でない世界なんて思いました。
でも、癌の治療が終わり、退院してから「普通の?」世界へ戻ることは、予想外の事ばかりでした。自分の体が、もう以前と全く違う事。価値観の変化。仕事を始めても、何のために生きているのかと自信喪失感、想像しなかった孤立感みたいなものさえ。何より時間は貴重だとわかっているのですが。。。

「青い空」を見上げて深呼吸、花の前を通って匂いを感じて喜び、小さくてきれいな物を見て感動して、気分がブランコのように揺れたりしつつ月日が過ぎてきたのです。

「体が元気なら、健康でさえいれば。。」と耳にしますが、そうでしょうか?病気だけが苦しいわけではありません。心が悲鳴を上げるのも痛み、辛いものです。幼い体で苦しい治療を受けている小児癌患者自身に加え、その家族の方々。事件の被害者の遺族の方たちの苦しみを。精神と体は切り離せないのですから。

「誠実さが一番、誠実!」と言った知り合いの言葉を私も心の中で同じく繰り返しています。死をずっと身近に感じて生きています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
451.
治療までの時間について
投稿者 : hn投稿日 : 2005/10/27 06:41

私の妻(43歳)が地域の健康診断で乳下部にしこりがあることがわかり、すぐ癌治療では有名な大きな総合病院にかかりました。
特に紹介状もなく、まずは急ぎ診てもらおうと一般初診からはじめましたが、触手診断、細胞摂取、マンモ、超音波で1週間後に悪性と診断され、リンパ節もしこりがあった為、全体的なMRI、胸部レントゲン、腹部超音波、肺機能検査、骨シンチ等検査を受け、その結果(リンパ節まで転移しているが、その他の臓器には転移がみられない)、今後抗がん剤を投与し、その後手術を行う治療方針が決定しました。抗癌剤投与の前に再度乳のがん細胞を摂取(性質確認の為)、心臓の検査等を行うようですが、結局、初診から治療(抗がん剤投与)まで1ヶ月余り時間を経ています。
非常に信頼できる医師、設備が整っていることは認めておりますが、治療までの時間をもう少し早く進めてもらえないかと考えるこの頃です。
治療までの時間はどの病院も同じようなものでしょうか?
1ヶ月という時間は、さほど気にしなくともよいのでしょうか?
特に年齢的には若いので進行が早いのではと心配になります。
(同病院では<心配はわかりますが、1ヶ月ですぐに進行することはなく、むしろ現時点では、詳細に検査して、その患者に適応する治療法を見出すことが大切>と言われました。)
本件につき皆様のご意見を頂きたく、宜しくお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
450.
余命宣告
投稿者 : 矢八 清蔵投稿日 : 2005/10/27 06:02

ほとんどすべての医師は、患者もしくはその家族に短く告げます。これは、現在社会では仕方がないことでしょう。
しかし、人の世には人知の及ばないことばかりです。唯一言えることは、人の心のもつ驚異的なパワーです。すべては、心の思うままになろうとします。もちろん、身体も、生活現象も!!
良い種ばかりを、心にまいてください。悲観論ではなく、楽観的に努力しましょう・・・共に。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
449.
TSUTOMUさんへ
投稿者 : サッチー投稿日 : 2005/10/26 19:27

私の主人も胃全適したときに腹膜に転移ありと言われました。もって年内、2年持っていいとこと言われているのです。
主人は転移してるのは知りません。今いい抗癌剤を1ヶ月3回の点滴と抗癌剤を飲んでいます。主人に聞きました。もし転移したら告知してほしいか、主人は何も知らないほうがいいといいました。
男の人と女性とでは違いますものね。。
抗癌剤を飲むのに本人がわかってなければやりにくいこともありますし、副作用も出てくるでしょう。
主人も今のところ悪い兆候は見られません。今はいい抗癌剤らしいのです。告知していいかどうかは本当に難しいと思います。お母様に少しでも長生きして頂きたいです。TSUTOMUさんこれから大変でしょうけどお母様の事大切に楽しく暮らさせてあげてください。
いいアドバイスも出来ないで御免なさい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
448.
余命宣告
投稿者 : 孫投稿日 : 2005/10/26 17:02

初めまして。私の祖父が胆管ガンで、もうあまり長くはないと言われました。
ここに来ている方で、NK細胞療法を活用されている方は、いらっしゃいますでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
447.
もう迷いません
投稿者 : キーコ投稿日 : 2005/10/26 11:34

蜂どんさん、マオさん、青い空さん
ありがとうございました。母に告知しなくていいのだろうか・・・?という迷いが、皆さんのがんを目の前にした人だからこその文章を読ませていただき、吹っ切れました。
母の為にこれがいいと迷いに迷って、母を思って決めた事なのだから、やはりこのまま告知せずできる限り我が家で過ごしてもらおうと思います。
家では、小学2年の次男以外は全員に伝えてあります。上二人の子供もまだ中3・小6ではありますがおばあちゃんが喜ぶ事、辛くない事、少しでも楽しい気持ちでいられるよう精一杯やってくれています。
受験生の子供や、小学生に酷ではないか?とも思いましたが、主人と話し合ってそう決めました。1番弱かったのは、実は私だったのかもしれません。
これから、痛みもひどくなるかもしれません。どんなふうになっていくのか、考えると不安で仕方ありません。
でも、痛みと戦っている母の方が辛いのです。幸い食欲もあり、食べる事ができているので少しでも体力・免疫力をつけてもらえるよう、母が喜んでくれる食事を作ってあげたいです。笑って接したいです。頑張ります!!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
446.
マオさんへ
投稿者 : miho投稿日 : 2005/10/25 21:38

マオさん、お返事ありがとうございます。
先週、弟が何を思ってか父に来年まで同居できないと話したようです。父に話す前に、皆で揃って話し合おうとしていたのに、話し合う前に父に話してしまい、父はとてもショックだった様で、私に退院しても1人なのかと不安がっていました。私達家族が居るからと安心させましたが、まだ手術が終わったばかりの弱っている父に何て酷い事を・・・と腹が立ちました。私も色々と悩みましたが、主人の励ましで父を支えようとよりいっそう思いました。気持ちを分かって貰える人が居てくれると思うと心が救われます。マオさんのご姉妹も家族があるからこそ親の苦労が分かるはず。お互いに思いやりのある生活を送りたいですね。

そして、この掲示板を読む度、皆さんの苦悩に胸が詰まり涙が出ます。前向きな姿に励まされます。
泣いてばかりいないで負けるもんかと強い意志を持たないと、何も変わりませんね。
辛くて泣いてしまう事もあると思いますが、父の為、家族の為に出来る事を1つずつこなしていきます。
月並みな事しかいえませんが、皆さんも頑張ってください!!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
445.
tomoさんへ
投稿者 : きょう投稿日 : 2005/10/25 15:03

私も奥さまと同じように胃、胆嚢摘出しました。
先生は退院時、主人に「再発したら早いから、好きな事をしたり、行きたい所へ行っておくように」と言われたそうです。私はその話を先生からではなく、主人から聞きました。はっきり言ってその時はショックでした。でも主人は「たとえ5年生存率が5%であろうが10%であろうが、その5%、10%に入ればいいのだから・・。99%助かると言っても残りの1%に入ってしまう人もいる。絶対助かる気持ちでいるように」と言いました。
人間何があるか、どうなるかなんてわかりません。
ガンになった人は、生き方、考え方、食事を変えなければまた再発したり、悪化したりすると思います。ガンはなった人が作り出しているのだそうです。
私は健康食品等、いろいろ試した結果、玄米菜食、波動情報水に行き着きました。再発による手術はしたけれど、今は便通に悩む以外、元気に過ごしています。
なによりガンになんか負けるかという気持ちはすごく強いです。毎日、お風呂で半身浴をしながら、ガン細胞をやっつけるイメージを頭に描いています。
話がまとまらないのですが、私の1番のオススメは玄米菜食、生き方を見直し、変えてみること、です。
tomoさん、つらいでしょうけど、奥さまをささえてあげて下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
444.
ありがとうございます。
投稿者 : トム投稿日 : 2005/10/25 13:08

Tさん、

アドバイス、ありがとうございました。その後、妻も食後、あるいは食中のしびれはかなりおさまってきました。
ただ、つかえること(詰まり)がまだ起きることがあり、様子を見て主治医に相談しようと思っています。

こちらに投稿されたメールを拝見していると、あらためてガン患者の方々やそのご家族の方々のご心労などが伝わり、胸が張裂けそうになる思いです。世の中、楽しそうにしてる人たちを見ると、正直もっていきようのない怒りにかられることもありました。
しかしもう後ろ向きな考えはやめて、前向きに、そしていつか妻とゆっくり振り返ることができるように、僕も皆さんを見習っていきます。

僕たちの経験はまだ浅いかもしれませんが、今後もし何かのお役に立てそうなとき、あるいはまた僕が求めたいときに投稿させていただきます。宜しくお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
443.
退院できそうです
投稿者 : もも投稿日 : 2005/10/25 09:22

大腸癌から肺、肝臓、腹膜に転移してしまった母を見守っているものです。
なんとか2ヶ月半の入院を終えられそうです。これからは抗癌剤治療をするときに短期入院する形になると思います。先生からの少しでも早く家での時間をとの配慮だと思います。
でも、実際の母の顔はとてもそんな重い病気を背負ってる顔ではなく、とても元気になってきました。もしかすると、丸山ワクチンを打ち始めて2週間がたち、免疫があがっているのではと思っています。1日おきに注射をしてもらうのですが、その日が待ち遠しい気持ちです。今の私の仕事は、母の好きな食事を病院に差し入れすることです。少しでもたくさん食べてもらって、力をつけて家族で旅行に行くのが今の夢です!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
442.
癌の本人への告知・非告知
投稿者 : 蜂どん投稿日 : 2005/10/25 07:36

患者ご本人の立たされている状況のなかで、ご家族はその選択を強いられておられると思います。
良い、悪いは、見も知らぬものが、安易に判断できませんが一つだけ言える事があります。それは、どちらかに決めたら、その判断に、家族のみんなが迷わず、確信を持って患者と接してしていくべきです。ご家族の動揺は自身なさは、患者を不安定な状況に必ずさせるからです。

TOMOさんへ:さぞ、驚かれた事でしょう!!
以前に投稿した私の欄も目をとうしてください。
癌の発症原因は生活習慣にあるといいます。それが引き金となり、細胞性免疫力が落ちた時、発症するといいます。その点をチェックして今後の生活を始めてください。
がん細胞は健康な人も毎日、生まれては消えていきます。それを身体が細胞性免疫系で処理しているからです。免疫力を上げる手段を調べてください!ただ、たちの悪いサプリメント等も多くでまわっております。
私は、あなたの奥さんと同じ状況で、今年の8月11日にOP(全摘出術)しました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
441.
参考になれば・・・
投稿者 : マオ投稿日 : 2005/10/25 01:00

青い空さん、キーコさん Tsutomuさん、mihoさん

青い空さん

ありがとうございます。青い空さんの投稿をみてまた涙がでました。みなさん、同じようにこの悲しみを乗り越えているんですね。私の今の辛さよりももっと、父がガンと告知されてからの方がずっと辛かったのだろうと思うと耐えられます。でもまだまだ涙はたくさんでそうです。正直泣かない日が本当にくるのかという気持ちです。

キーコさん Tsutomuさん

ご本人が本当に余命を宣告されることを望んでいて、残りの日を好きな事などをして過ごしたいとか願望がある方なら告知された方がよいかと思います。ただ私は父を見ていてやっぱり『病は気から』という言葉のように、気が弱くなっていき、体を蝕んでいったように思えてならないのです。
父は、先生もそれだけが救いだといったのですが、痛みが全然なかったのです。すでにはじめて病院へ運ばれた時には胸水がたまっていて、そうとう苦しいはず、今までよく普通に生活ができたとおどろかれたのですが、それならば病院にいかないほうが長生きできたのでは?などと今となってはですが、親戚一同思ってしまうくらいです。
抗がん剤は効き目もなければ副作用も脱毛だけでした。

ただ、離婚した母(私とは今でも仲が良いのですが)もお見舞いにきたりして、今回の父のことで色々を話しましたが、母は余命を宣告されたら長生きをしたくないので早くいかせてほしいとお願いされました。私はそれは嫌だといいましたが、自分の人生だから自分で決めさせてほしいと。
父と母の性格を考えると、もう一度半年くらい前に戻れても私は父にはおそらく告知しないと思いますが、母の時には告知はすると思いますし、母が本当にそれを望むのであれば、延命措置もしないかもしれません。とても難しい問題ですね。

mihoさん

私も3人兄弟で、上二人は結婚しています。私だけ未婚ですが、私は仕事もなるべく休んだりして父のそばにいたいという気持ちでした。同じように姉たちも考えているのかと思ったら違いました。
最初は理解できず衝突もしましたが、最後は姉たちも家庭や仕事の中で精一杯父を思っていたのかなとちょっとずつ思えるようになりました。

みなさん、最後まであきらめずにがんばってくださいね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ