癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

320.
tukutukuさんへ
投稿者:ストロベリー投稿日:2005/09/21 10:38

掲示板読ませていただきました。(私の事ニッキさんに伝えてくれて有難う)
手術を待っている間の今の不安は手術台に上がった時のそれよりきっと大きいのだろうとお察し致します。
今は体力を付けることに専念し後は先生にお任せすれば大丈夫です。

移植後の母のことを書きます。
上顎に移植したお肉が垂れ下がってくるというような事を心配されているようですが、母の場合は何年も経っておりますが最初からピンと張った状態でした。
色も当初はお腹の肉なので顔より白く違和感がありましたが今では顔の色と殆ど変わりありません。

医療の技術は日進月歩、10年近く前に行った当時とは異なり現代はより一層の技術向上がなされていると思います。術後は辛いでしょうが確実に回復していくのですから焦らずまたこの場でお会い致しましょう。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
319.
スヌさん
投稿者:ぎん投稿日:2005/09/20 23:49

初めまして。
私の母はC型肝炎から肝癌で現在年4回程塞栓術、その他の治療を受けています。
先日背骨、腰骨への転移が見つかり激しい痛みを訴えて緊急入院となり、現在放射線治療中です。
主治医は肝臓に関しては専門の方なのですがこのまま先のことを考えて不安になり、思い切って入院中に別病院でセカンドオピニオン、温熱療法を受けさせることを決め先週主治医に話し、全ての資料を出して頂くことと外出許可を貰いました。 温熱療法は放射線と抱き合わせで行うとより効果があるということで、現在週1回のペースで入院している病院から別病院に通っています。
セカンドオピニオンは今や常識です。
言いにくければ身内の方に言って貰うもよし、と思いますよ。
私の場合は気分を害されたらそれはそれ、そんな医師はこっちから願い下げ、という気分で挑みました。
私の知人は末期癌の息子さんをホスピス病棟で看取りましたが、入院は東京新宿区のK病院、しかし緩和ケアの指示は別の中央区のS病院から出して貰っていました。
病院も変わりつつあります。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
318.
ちびがんさんへ
投稿者:ゆう投稿日:2005/09/20 12:03

アドバイス本当にありがとうございます。
母は検査が終り、卵巣癌であることが分かりました。
家族みんな覚悟していたことなので、胃や肝臓には転移が無い(胃からの転移ではない)ことが分かり、ショックではあるけれど少しほっとしました。
セカンドオピニオンは先生の方から父に説明があったようで、大学病院へ行き、そこでも同じことを伝えられました。
勝手な印象で初め先生を不信に感じましたが、今はその先生を信じようと思います。
手術は早く、検査後の5日後(本日)に決まり、腹膜への転移の可能性があると伝えられており、転移ができるだけ少ない状態であるよう強く願っています。
こういう時は、神頼みしかないねと、(兄姉みんな別々の場所で暮らしているので)、それぞれお参りをしてお守りを買ってきました。
昨日は、友人の子供が誕生しました。生と死はとても身近にあって、今そのことを肌で感じています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
317.
スヌさんへ
投稿者:G-パパ 投稿日:2005/09/20 11:25

勿論当然の権利、Dr.は選択すべきです。
それから、私の場合は主治医からセカンドオピニオンを進められ某大学病院へ行きました、そしたら、そこで地域Dr.や学生の参考のため、Op.やデーターの公開もありうるので、気がすすまないならと、サードオピニオン(?)の 勧めを受けて、逆にそこが気に入り全部任せました。
1)口腔底のう胞癌切除・・・・・言葉不自由になる。
2)S状結腸癌・・・・・・・・・内視鏡下切除
3)上行結腸癌・・・・・・・・・腹腔鏡下切除
以上の如き経過をたどり、現在経過観察ちゅうです。
で・・・目下癌様と共存中(闘う事は止めました)
こんな生き方(死に方)如何でしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
316.
これでいい・・・のか
投稿者:はっつぁん投稿日:2005/09/20 9:17

初めまして。私の母(67歳)は、長年糖尿病をわずらっていて、きついインシュリンを1日4回打っています。 その母が、昨年11月に大腸がんと診断され、上行結腸の除去手術を受けました。
同時に肝臓にも転移し多数に散らばっているので、肝臓の手術は不可能だと言う事でした。

糖尿病の症状も悪く、普段から「早く死んで楽になりたい。」と口癖のように言う母は、初めての開腹手術を受け落ち込み、追い討ちをかけるように、術後の腸の動きが悪く絶食状態が約2ヶ月続き2ヶ月で体重が15`落ち、約4ヶ月の入院を強いられ「このまま、死ぬのでは?」と思い込んでいた様でした。

主治医の知る限りでは、「この症状で2年生存した人はいません。」との事。「延命治療も本人を苦しめるだけで、あまり効果がありません、後は今在るガンをどこまで押さえ込めるか・・・残りの時間、楽しい時間を持たせてあげて下さい。」と言われました。

主治医と私達兄弟で決めた結論が、「今はガンと戦える状態ではない、ガンの告知はしばらく母の様子を見てから。」と言うことで腸閉塞で手術をすると言う事と、「肝臓が弱ってるんだって、糖尿病があるからいろいろ病気でてくるんだよ。肝臓しっかり治そうね。(肝硬変になる可能性は伝えてます)」と本人を納得させ、口うるさく少し痴呆ぎみの父にも秘密にしています。(父に話せば母の耳に入るのは目に見えているし、母が「しんどい」と言っても思いやりの言葉も出てきません、逆に「早よ死ね」とののしります。本心ではないとは思いますが・・・。)

退院後、母は「腸の調子が良くなった、力が少しずつ出てきたみたい。」と喜んでいました。8月半ば迄はマーカーは安定していて、本人の体調も良かったみたいです。
しかし、その後いきなり体力が落ちだし、肝臓ガンの数値があがり、腹水がたまっているとの事。

兄弟で、告知すれば完全に生きる気力を失ってしまうと判断し、‘やはりガン告知はしないでおこう”と決めました、勿論父にも。14年前に長男を劇症肝炎で亡くしている母には肝硬変の怖さはわかっています。それで通すことにしました。

後、何ヶ月生きられるのか、体力の衰えは止めれないかもしれないが、できる限り苦痛を与えずに、好きな物をたべてもらい、笑顔で生きていけるように自然体で接して行くつもりです。 と、決意しながらもこれでいいのか?これが母には幸せなのか?父が一番の被害者、でも自業自得?私自身後悔しないか?と自問自答の日々を送っています。

今頃になって、遅いかもしれませんが、セカンドオピニオンを受けに行こうか?(母には内緒で)なんて考えています。
皆さんどう思われますか?色々な意見を聞かせて下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
315.
セカンドオピニオン
投稿者:スヌ投稿日:2005/09/19 20:31

どなたかセカンドオピニオンに行って、病院をかわられた方はいらっしゃいますか?
病院にもよると思いますが、今までかかっていた病院は快く出してくれるのでしょうか?

また、手術だけ他の病院で行い、抗がん剤治療やあとの経過は今までの病院で、ということも実際、医者の心情としてはいいものじゃありませんよね。でも、命がかかっているのですから、患者は医者を選ぶ権利はありますよね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
314.
和(かず)さんへ
投稿者:みけ投稿日:2005/09/18 22:39

奥様の病状ご心配ですね その後治療はどうですか。私の母も、奥様と同じ膵癌です。
肝臓にも転移が見られるとのことです。抗癌剤の治療も始まり、食事がなかなか取れずにいます。
免疫効果を挙げるためのものもとっています。
また今度の火曜日には、2回目の治療が始まります。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
313.
どうしたら
投稿者:みけ投稿日:2005/09/17 23:16

私の母が、膵臓癌です。手術はできないため、抗癌剤ジェムザ-ルの治療を始めました。
副作用からか、二、三日前から食事がなかなか取れずにいます。

まだ一回目ですが、二回三回と受けるうちに体力が落ちていくのではと思うこのごろです。
皆さんは副作用の乗り切り方どうでしたか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
312.
ニッキさんへ
投稿者:tukutuku投稿日:2005/09/17 17:14

ニッキさん、こんにちは。tukutukuです。最近、この掲示板にはこられていないのでしょうか?
今は退院しており手術の日まで家で過ごしております。 不安な気持ちでいっぱいなので何もしないより、何かをしていたいと思い先日セカンドオピニオンに行ってきました。

結果、今かかっている病院の手術方法で納得しました。腫瘍を取り除き、お腹の肉で再建する方法です。 お腹の肉は、多めにいれておかないと縮んでくると聞きました。
現在お母様はどんな状態ですか?
2月に手術をされているので半年は過ぎていますよね。義歯についてはどうですか?

もちろん傷が癒えるまでに人それぞれだと思いますが・・・。
食事やしゃべりは不自由ないのでしょうか?
上あごに移植したお腹の肉が垂れ下がってくることもあると聞きました。
セカンドオピニオンでも顔の変形については、人によって様々という理由で私が納得する答えは返ってきませんでした。ただ、元の顔にはなりません、というだけです。

300.のストロベリーさんからも質問がきているみたいです。可能であるならばお母様の状況を教えてください。よろしくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
311.
家族もまたつらいものですね
投稿者:にゃんこ投稿日:2005/09/17 02:23

みなさん、はじめまして。 皆さんの気持ちは痛いほどわかります。 私の母も2年前に肺がんの手術を受けました。 1センチで転移もなく手術だけで抗癌剤を使うことなく済んでいました。
ところが9月に入って手術をした近くに転移していたのです。これから色々と検査をしてから抗癌剤を使うようです。 動脈の近くなので手術はできないそうです。

もし手術をしたならば寝たきりになると言われました。 再発は10人に3パーセントの治癒率だといわれ、母も私も頭の中が真っ白になりました。帰りがけ母はパーマをかけていこうというので美容院へ寄りました。それが哀れでトイレで泣いてしまいました。
そして美味しいものでも食べようと言って和食レストランに二人で寄り食べましたが、なんの味もしない私に母は「美味しいね」と言いました。
私はにこっと微笑みましたが、顔が引きつってしまい目頭は熱くなるばかりでした。

23年前には父が肝臓癌で亡くなりました。その時は母が気管支拡張症と言う病気で咳をする度にもの凄い吐血でしたので、2人一緒に亡くすのかと思っていましたが、母は良い医師に恵まれ見る々快復し、23年間生きて来られました。 入院して早1週間が立とうとしています。

入院した日に看護師さんが色々尋ねる中に『現在心配事はありませんか?』と言う看護師さんに「何も有りません」などと答えるのです。私のほうが胃も悪くなり、病人のようになったのに、案外母は、割り切れるものがあったのかと思うほどです。
そして分かったような気がするのは、あえて私の方からあまり病気の話をしないほうが良いと言う事です。本人が一番辛いのに、輪をかけて精神的に追いつめれば、ストレスとなって死期を早めかねないと思います まず家族が前向きに考えなくては行けないと思うようになり、ネットで癌について色々なサイトを回りました。

現在の医療について書かれたサイトなどを見てもいまいち物足りなさを感じました。
それは読む立場の人にショックを受けさせない為に、治療方などまでは書かれているが、その後のケアとか最終的なものに付いては抜けて居るような気がしました。

父の時は1年近く病院で治療を繰り返し苦しんで亡くなりました。母には違った有る程度本人の意思に基づいた治療などがないものかと、医師とお話出来ればと願っています。
そんなときに石谷邦彦さんと仰る「がんが再発・転移した方へ」という本を見つけました。 読むのはとても辛かったのですが、読み終えた時に何故か自分の中に力が湧いて来たような気がしました。
所詮人間はいつかは死ぬものだし、どのように死ぬかなんて誰も分からないし、ならばただ不安で後ろ向きにだくだく過ごすならば生きている意味などないから、生きられるだけ生きて欲しいとだけ母に言いました。

母の方が私寄りも上手で、聞こえて居ないように「毎日ご飯が美味しいよ」ですって。励まされているのは私でした 負けないと言う気持が少しでも長く生きられる事ではないかとか、1週間のあいだに沢山の事を学びました。 長くなってすみませんでした。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
310.
副作用時の食事のとり方
投稿者 : ミケ 投稿日:2005/09/16 00:12

私の母が火曜日から抗癌剤の治療を始めました。膵臓癌です。
今日から、副作用が出始めてうまく食事が取れずにいます。血糖値が高いためインシュリンも使っています。何か良い食事法教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
309.
赤ちゃんへ
投稿者 : G-パパ 投稿日:2005/09/15 11:34

ご苦労様です、こんな言葉でしか答えられない自分がトテモ もどかしいです、私自身癌持ちなので、ご主人の"ためらう”気持も理解できますし・・・・・・ 現在はUFT−E顆粒で済んで居ますが、やがて貴方と同じ悩(家計を支えている貴女には及びも付きませんが)みが訪れるのでしょうが家族の事に思いを致すと気がおもいです。

でもひょっとすると一部は改善されるかも知れませんよ、チョッと前の新聞(朝日新聞)で混合診療が認められる法案が上程されるとか書かれて居りましたよ・・・・・・・ それから結論を避けているご主人を許してあげて下さい、同じ癌(持ち)マンとして気持が理解できますから。

貴女には尊敬と”頑張って”の言葉を捧げます。
頑張ると言うのは私は嫌いですが、これしか思い至りませんでしたので。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
308.
ちびがんさんへ
投稿者 : G−パパ 投稿日:2005/09/14 6:24

拙文は一般論のつもりでした。 貴方のご家庭の事情も知らずに書いた事(あくまでも 一般論の積りで)恥入って居ります。 お父上のご事情から最善の選択をされた事と思います。

それから、 私自身の事ですがそんなに冷静に見つめて 居る訳では有りません、悩んだり、悲しんだり、 大酒に逃避したりの末、親父としての威厳を 保とうあがいています。
癌は三種混合(口腔底腺様のう胞癌、S状結腸、 上行結腸)で、その上リンパ腺にも有る由、 マー”程々にしてくれ”の心境でつっぱています。 どこまでつずくやら・・・・・・

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
307.
しんどいなあ
投稿者 : 赤ちゃん 投稿日:2005/09/13 20:31

夫が直腸原発の肝臓・肺多発転移とわかり1年半です 共稼ぎで子供が受験期、また私の父が6年越しの脳梗塞・要介護度5とあってジェットコースターの日々です。幸い、他の家族は私も含め健康ですここにきて夫の抗ガン剤の効き方が悪くなり、あとは分子標的薬しかない状況です。

ご存じのように混合診療はききません  最近、いらいらするようになってきて困っています 原因はむろんお金です 誰かがいずれは鬼にならねばならない とすれば、私以外にありません 「薬がきかない」あるいは「薬がない」のであれば まだしも「薬はあるが、またお金もあるけどそれは子供にとっておく」わけなので、やっぱり夫にとっては鬼ですよね。

いずれ私が決断するんです 夫は決断から逃げちゃっています。
まあ無理ないか 覚悟はできてるんですが、やっぱりこんな役回りはいやだなあ

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
306.
ゆうさんへ − セカンドオピニオン
投稿者 : ちびがん 投稿日:2005/09/13 12:49

まず担当医に申し出て、紹介状やあればCT等の記録をもらって下さい。今時は当然のことですから、紹介状を求めて医師が嫌な顔をすることはまず無いでしょう。
もし卵巣癌だとしたら、退院後のフォローアップ外来を含め、病院とは長〜いお付き合いになりますから、信頼できる医師を選んで下さい。勿論転勤で主治医が変わることもありますが、少なくとも入院期間中は医療レベルは勿論、主治医の人柄も大切です。病院仲間が「あんたの主治医は優しくて良い先生だ。私の先生は冷たいよ。」と涙をこぼして亡くなっていったのを思い出します。

そんなことにならないように納得できるまで(でも迅速に)選んで下さい。
また、他の癌も大抵そうですが、卵巣癌は本人を騙し通して治療することは不可能で、告知するのが主流だと思われます。本人と家族で腹を括って乗り越えるしかありません。

お母様の病状が少しでも軽いようお祈りしています。 御参考までに国立がんセンターのH.P.から卵巣癌の頁のURLをお知らせします。http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010222.html

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
305.
パパさんへ
投稿者 : きょう 投稿日:2005/09/13 11:35

肺がん手術後にユーエフティE顆粒を飲まれるそうですね。私は胃がん手術後、TS1を最初飲んでいましたが副作用で肝機能の低下がみられ、しばらく休薬、そのあと飲んだのがユーエフティE顆粒でした。TS1の時は味覚異常がおき、食べるもの全てがおいしくなく食事になるとゆううつでした。

でもユーエフティE顆粒は副作用もでることなく、順調に薬を飲むことができました。飲む量にもよるかもしれませんが、私の経験では余り副作用がでることなく飲める薬ではないかなと思います。
薬のことはよくわかりませんが、おそらく抗癌剤のなかでは軽い方なのではないでしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
304.
UFT飲んでます。
投稿者 : G−パパ 投稿日:2005/09/13 7:21

UFTのみ始めて8ヶ月、今の所副作用はありません。私の場合幸運なのでしょうかねー? 英語版を含めUFTのデーターはネットでかなり取れますよ、又癌友達にも服用中の人がかなり居りますがあまり重篤な副作用の話は出ておりませんでしたので報告します。

酒好きの私には、肝臓と飲めなくなるのが心配でした が、Dr.から”たしなむ”程度ならとOKが出て 勇躍のんでます。 所が、薬剤データーでは薬効に影響するので、 OHつまり(酒)は飲むなと書かれて居りましたので 節酒、から禁酒すべく、努力中です。 以上報告まで

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
303.
卵巣癌
投稿者 : ゆう 投稿日:2005/09/12 23:54

初めまして。母が3日前病院の検査をし、その日8cmの卵巣腫瘍があることが分かりました。そのために腹水がたまっていたようです。 ”CT検査”と”血液検査”をしたと聞いています。もしかしたら他の検査も行っているかもしれません。

医師は、母と父がいる前で「悪性でしょう」あるいは「悪性の可能性が高いです」と話しており、本人がいる前で発言しているので、病気と対応に家族共にショックを受け戸惑っています。医師の説明では、胃には転移していないようですが、胃からの転移も考えられるので、5日後”胃カメラ”と”CTR検査”をすることになりました。取り除くために手術も必要のようです。

病院に通うことが少なかったので、突然の状況に家族全員が驚いて悩んでいます。 些細なことでもいいので、皆さまの意見を伺えたら本当に嬉しいです。 一つの病院だけでは不安があるので、他の病院へセカンドオピニオンをお願いすることを考えています。

その場合は担当医に申し出ればよいのでしょうか。アドバイスを頂ければ幸いです。 みなさま、どうぞ宜しくお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
302.
アドバイス有難う
投稿者 : ごろうさん 投稿日:2005/09/12 17:20

2281りんさん、83G-ババさん、アドバイス有難うございました。セカンドオピニオンを受けさせました。

今は検査診療中です。 私自身2年前に、胃がんの手遅れと言われながら何とか手術受けその後、順調に日々を過ごしていますが、妻の肺がん場合、酸素吸入していても、苦しそうでかわいそうです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
301.
G-パパさんへ
投稿者 : ちびがん 投稿日:2005/09/12 16:05

冷静に御自身の先を見つめておられるのですね。難しいことだと思います。ところで自宅での終末をお望みなのですね。可否は御家族の気持ちと実力次第でしょう。御家族に囲まれて「騒々しく賑やかに行きたい」という気持ちは痛いほどよくわかります。

私の場合、意識が混乱しつつも家に帰りたがった父を連れて帰ることは出来ませんでした。全身の骨に転移して骨が脆くなり、既に肋骨や脊髄も圧迫骨折していたので、本人は寝返りもうてず、そうっと手を添えて体位を変えさせたつもりでも悲鳴をあげていましたから。

そうなる以前にも精神の混乱による徘徊がありました。痩せていても寝たきりの男性を動かすのは訓練を受けていない女性には困難で、拭清やオムツ替え、24時間の痰の吸引など様々な問題がありました。恥ずかしながら人手と根性が足りませんでした。

患者本人が望むなら、家族の手に負える範囲の状態で家で逝くのが一番かも知れません。ただ病気の進行状況は選択出来ませんので、とりあえず私は病院での最期を覚悟しています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ