癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

240.
お母さん頑張って!!
投稿者 : 柴犬投稿日:2005/08/03 12:59

私の母は今から9年前初期の胃癌で胃の四分の三切除しました。そのことは私は胃潰瘍だと聞かされていたので最近まで知りませんでした。
そして今年の六月、母が体調も悪く痩せてきたので検査をした結果癌が再発し少し転移もしているとのこと。六月末には手術を受けることができました。再発とゆうこともあって現在抗癌剤の点滴をしています。

どれくらい病状が悪いのかは私にもわかりません、私自身も体調が悪くて自宅で静養中だから。
私は現在19歳、母は46歳。母子家庭で今までいろいろ大変だったのに、いろいろ心配かけてごめんね。ふたりにとってこれから不安なこと一杯あるけど絶対頑張って負けないようにしようね。

私も家事とか頑張るし、だからお母さんも病気つらいだろうけど頑張ってね、そしてしんどかったら何でも言ってね。退院してお互い元気になったらどこか旅行行こうね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
239.
メンタルケアー
投稿者 : LuvndPce投稿日:2005/08/02 12:10

みなさん、はじめまして。 先日付き添いで東京にある某○○病院へ行き今後のメディカルアドバイスを受けていた時のことです。

カウンセリングの場所は狭く薄暗く、床にはゴミがそこらじゅうに落ちており衛生面でも環境面でもとてもカウンセリングをするに相応しい場所ではなくあきれました。
それでもなんとか立ち直り、カウンター越しに(まるでどこかの旅行代理店のような作りの)担当医から話を聞いていると、後ろにたむろっているアシスタントらがケラケラと笑いながら座談しているじゃないですか!これにはハラワタが煮えくり返りましたね。

こちらは家族一丸となって病気と闘っているんです!本人にとってはほんの些細なことでも気落ちしたり憂鬱になる原因だったりするんです!
そんなこともわかってあげられない人間が医療に携わる資格あるのでしょうか?
どんなに最新の医学を修得し医療技術を持っても心のケアーが出来ないのなら人の命を預かる資格ゼロだと思います。

非常に気に障ったので、この様な書き込みをさせていただきました。
気分を害された方がいましたらお詫びします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
238.
癌患者に悩む癌看護師
投稿者 : KITT投稿日:2005/08/02 02:57

現役の看護師です。今年の4月乳癌を宣告され、摘出術と抗癌剤治療中です。
勤める病棟では癌患者が多く、転移が方々始まり、抗癌剤治療で神経麻痺を起こしてし、体力的にも治療困難な患者に対して、医療者に望むことはないのか?
じっと天井を見ての生活でストレスはないのか?などなど聞いたら、病院から追い出される。
邪魔なのか?癌患者の気持ちがわかってないと非難されてしまった。

自分も抗癌剤を使用しながら頑張っているからこそ、こんな大部屋のプライベートもない部屋での生活を希望に沿って変えれたらいいと思ったけど。
結局自分の辛さも吹っ飛ぶほどショックだった。
希望を持つことは大切。でも今この時を大切にしてあげたい。

もちろん自分も。子供がまだ2歳なので頑張れるだけ頑張ろうと思うけど、この患者の対応には夜も眠れない日々が続く。
いっその事私も癌だから言っているのと言いたい位。私って変?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
237.
里芋バスターって???
投稿者 : あゆみ投稿日:2005/07/30 21:06

内に癌を告知したらあれこれ情報収集してきて知り合いに「里芋バスター」がいいらしいと聞いて試したいとのこと  いったいなんなんですか「里芋バスター」ってほんとに効くのですか? どなたか回答お願いいたします

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
236.
直腸癌再発 骨盤内転移
投稿者 : ひまわり投稿日:2005/07/29 10:18

広島県に在住しています。
今は抗ガン剤治療しかなく(5月よりオキサリプラチン点滴治療中)opeは6年前癌が発覚以来3回うけ放射線 治療もしほかに治療法はなく出来る範囲の延命治療しかないと宣告されています。

年令61歳広島県内集いのグループがありましたら教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
235.
今日母が癌と宣告されました
投稿者 : よつば投稿日:2005/07/27 21:44

本人も今日知ったらしいですが、 B型肝炎のキャリアを持っていたらしく、 糖尿の検査入院のレントゲンで発見されたみたいです。

私は一人っ子で、母の体が心配でなりません。
詳しい方がいたら、どなたか良いアドバイスを 教えて下さい!!
肝臓癌にいい食品などでも何でもいいので 教えて下さい。  

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
234.
とても気になっています
投稿者 : サッチー投稿日:2005/07/27 15:55

この間投稿させて頂いたサッチーです。si-ziさんのことです。
投稿を見ても載っておりませんし、大分悪い状況と言われてましたので、気になっているのです。 主人もsi-ziさんのご主人とまったく同じ病気なんです。

主人は4月12日胃全的をしてその時腹膜に転移していたのです。
司会者の逸見さんと同じと言われました。逸見さんは10年前まだいい抗癌剤がでてなかったのですぐ亡くなってしまわれたそうです。

いまはいい抗癌剤が出来ているので長生きすらしのですが、他の臓器が駄目になるらしいのです。
夜になるとお酒を凄く呑みます、呑んでる姿を見ると元気なので本当に病気なのかな?と思います。si-ziさんまた投稿を寄せてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
233.
アガリクス等のこと 教えてください
投稿者 : C.I投稿日:2005/07/27 15:43

父が、6月上旬に膵臓癌と診断され、7月頭に退院はしましたが、抗癌剤の副作用なのか、吐き気が弱まらず、先日の診療時に抗癌剤を拒んで帰ってきました。

最初からある腹水がだいぶ溜まり、モルヒネ貼付に加え別の痛み止めも処方してもらっています。 食事がとれず、見るも気の毒なほどやせ細ってきてしまいました。
これで抗癌剤を止めたら、せっかく留まっているであろう悪細胞がまた増殖してしまうのではとたまらなくなってきました。

アガリクスの効能の話を聞きましたが、検索すると情報量が多すぎ、高価過ぎるんではないかと思えるものまで出てきて、逆に怖くなりました。
どなたか、ここのものなら安心できそうだとか、何か情報はございませんでしょうか。  どうか教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
232.
iihitabidati様
投稿者 : sea投稿日:2005/07/26 23:00

私も便秘で悩まされました。今まで順調だったモノのリズムが狂うって大変です。
私は病院で便秘薬を処方してもらってます。腸の動きをよくするものと、便を軟らかくするものとがあり、私は後者を飲み続けています。

それから、費用の件ですが、私も毎月かなりの出費です。給料の支給もなくなり傷病手当と生命保険特約で賄っています。
生命保険にもいろんな特約があります。とてもシビアーな話で申し訳ないと思いますが、一部解約も含めてあらゆる角度から費用の捻出について検討されてみてはいかがでしょうか。

それから、手術が受けられてよかったですね。私も、今でこそこんな風ですが、手の施しようがないと言われた当時を振り返ると、正直にそう思います。頑張って下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
231.
224sea様へ
投稿者 : iihitabidati投稿日:2005/07/25 20:42

sea様へ。お返事有難うございます。
抗がん剤の点滴治療のため入院、点在週1回を2回しました。
便秘に悩まされています。後手術の創が痛み呼吸が苦しくなる時が有ります。

血液検査の結果は今のところ正常だそうです。
今している事は病院の処置のほかに漢方薬2種類を服用しています。
一つは肺に酸素を供給する,もう一つは腸の動きを活発にする、どちらも免疫力を高めるものだそうです.費用も結構高くかなり負担です。

でも良くなれば減らす事が(半分から3分の1)出来るからといわれました。
兎も角再発しないよう頑張っているところです。他の方々もそれぞれ願い、頑張っておられる事と思います。結果はまだ分りませんが、先の事をくよくよ悩まず精一杯努力したいと思います。
また報告させていただきます。有難うございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
230.
やすやすさん・yamahiさんありがとうございます。
投稿者 : UMITARO投稿日:2005/07/25 11:46

励ましのお言葉、ありがとうございます。

先日、セカンドオピニオンで診ていただいた先生も、高齢のため手術は体力的にも、無理があるのでやめましょう。と言われましたが、とても分かりやすく絵に描いて説明して下さり、母も「この先生にお任せしたい。」と言いましたので、翌日無理を言って入院させて頂きました。

もう、黄疸が出てきて体がだるく、お腹が張ってきもちが悪いと言っていますので、一日も早く処置をしてくださるのを待つばかりです。
この先生なら、手術をしてくれるだろうと言う方を、サードオピニオンに考えておりましたが、何度もまた病院に通って、あっちで待たされこっちで待たされでは母も疲れてしまうので、これで良かったと思っております。 NHKの連ドラじゃないけど、フャイト!フャイト! 皆さんもがんばって下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
229.
UMITAROさんへ
投稿者 : yamahi投稿日:2005/07/23 17:38

決して諦めない、という事です。 私は2年前に肝臓ガンで、肝臓半分と膵臓の切除手術を受けました。幸い腕のいい外科医師だったのでなんとか助かりましたが、そのときに医師の話を聞いて感じたことは、一般的に医師のいう事をそのまま信じてはいけないという事でした。

例えばある医師や教授から「もう手術できません」とか「治療できません」と言われて、諦めてはいけないという事です。手術や治療ができない、という言葉の前に、「私の現在の技術では」「私の現在の治療知識では」という言葉が省略されているからなのです。

私の場合も「これだけガンが大きいと、よその病院だったら、もう手術できないと言われたでしょうね」ということでした。技術不足を認識して、技術力の高い病院を紹介する医師がいますが、これは良い医師だと思います。
しかし大学病院ではプライドが高いので、よそに紹介することは考えられません。 せめてあと2軒、専門病院で診察を受けられてはいかがでしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
228.
悩んでます
投稿者 : テリ投稿日:2005/07/23 13:36

はじめまして。 私の従兄が舌癌でこの1年間で手術を3回して部分切除をしました。
しかし、舌根部分に再発してしまい、お医者さまから舌の全摘出をするか、まだ1/3を残した亜全摘出かの選択を迫られます。
本人は、これ以上、手術を重ねるストレスと再発の不安から全摘出を選択した方が良いと思っているようです。

しかし、私は全摘出をするということは話をすることができなくなるという、おおきなリスクがなり、全摘出を100%受け入れることができないところもあります。 1/3切除でも大大丈夫かもしれないという可能性があるのであれば、今回を最後にその可能性に賭けてみたいという気持ちもあります。
こういう時、どうしたら良いのでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
227.
重なるときは・・・
投稿者 : 下の娘投稿日:2005/07/23 09:50

5月に書き込みをして以来、2ヶ月以上もたってしまいました。アッという間に過ぎました。
あれから、長時間に及ぶ担当医の説明、話し合いを持ったりなどしましたが、こちらの疑問は結局「わかりません」、「今となっては調べられません」という言葉で、何の解決も見いだせないまま、今に至っています。

父は、栄養と血圧の安定をはかる薬の点滴をしているまま、なんら状況は好転せず・・・。
眼球に炎症を起こし、見るに耐えない状態にまでなりました。それも軟膏を塗るだけという処置だったために、悪化するだけして、今ではどうにもならない状態。再三の軟膏以外の処置方法はないのかと言うこちらの訴えは「軟膏意外の手だてはありません」という言葉に退けられ。
もう、片方の目はダメになりました。ついこの間、病院へ行くと、担当医ではなく眼科の医師が目の処置をしていました。眼球に注射していたのです。

「なかなか炎症が治まらないので、直接眼球に抗生剤を注射し、さらに点滴も入れ、最後の手段に出ました」と・・・。愕然としました。父の目はもうすでにダメになってしまっているのに・・・。
炎症による腫れもほとんどひいてきているのに。
注射や点滴という方法があるならば、目がダメになる前にどうして処置してくれなかったのか!?疑問をぶつけました。ただ、やるせない気持ちに拍車がかかっただけでした。

病院への不信感はつのる一方です。

そんな中、病院側からある提案を持ち込まれました。通常あり得ない、展開です。驚きました。ある意味、病院側の不手際の悪さを認めるような対応なのですが・・・・。
だからといって、何かがあったと認めたわけではありません。こちらが大騒ぎする前に先手を打ってきたという感じでしょうか・・・。
病院側の真意を測りかね、提案をのめずにいます。母が真実がわからないのでは納得行かないと、強気にでる構え、私たち子供は、そうなることの時間的、金銭的、精神的、さらにはそれぞれの家族への負担等考えると、とてもそれに心から賛成も出来ず・・・。
その態度が母には、とても親不孝に思えるのでしょう。母は、医者にも子供達にも信頼をおけなくなっているようです。家族内に不協和音が響き渡ったいます。

重なるときは重なるもので、父がかけていた保険の入院費の費用の請求をしたところ、父に意識が無いのを理由に拒否されました。
請求を可能にするには裁判所に申し立てをしなければならないそうです。病院にかかる費用のほんの一部にあたる金額を受け取るのに、弁護士や申し立てにかかるお金を支払わないとならないこの現状。何のための保険なのか・・・。
この先、父を始め私たち家族に希望を見いだせる日は来るのでしょうか・・・。
とても不安で、不安で。会いに行くたびに、見せてくれる父のちょっとした反応だけが、心の救いです。気丈に頑張っている方がいらっしゃるなか、このような内容で書き込みすることを許して下さい。 

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
226.
乳飲み子連れ
投稿者 : 妹投稿日:2005/07/23 02:19

闘病中の姉(39)の介護を仕事を持ちながら毎日かかさず続けている母(61)。
先日、先生から現状の説明 があった後、姉の目の前で涙してしまった母。
母はもう気持ちがいっぱいいっぱい過ぎると思い、代わりに 妹の私が4ヶ月の子を連れて先生からの説明を受けようとしたら、「はじめから説明を受けているお母様で ないとだめだ」と言われました。

看護婦さんは心よく OKしてくれたのに。はじめから説明を受けている母で ないと・・・というのは少しはわからないでもないけれど、妹の私だって説明聞いたっていいでしょ(怒) 看護婦さんもいいじゃないね。って言ってくれていて、なんだか、今、手術が終わったばかりだとか。

それは確かにご苦労様だけど、自分が疲れてるからって患者の家族への態度をもう少しどうにかしてほしい と強く思いました。お母さんから後で話し聞いてね。 って、母が頭真っ白になって泣いてしまうから私が代わりにって思っていたのに。
先生も人間だから仕方 ないと思いたいけど、説明の時って何を言われるか わからなくてただでさえ神経がはりつめているのだから、もう少し説明を受ける側の身になってほしいものです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
225.
UMITAROさんへ
投稿者 : やすやす投稿日:2005/07/23 01:32

こんばんは。初めてメールいたします。 私の父も今胆管ガンで入院中です。
25日に手術する予定で、いまはただ祈るのみです。 家族で初めてガン患者が出て、長期入院も初めてなのですが、大学病院の対応には驚かされるばかりです。
もちろん、良心的なお医者様もたくさんいらっしゃると思いますが、とにかく大学病院は人でが足りなくていつもいっぱいいっぱいという感じがしてなりません。
検査も日程がいっぱいらしく、何週間も待たされます。ガンと診断されてからも手術まで1ヶ月以上待たされました。手術の日程もなかなか決まらず、家族もやきもきの毎日でした。

内科の先生に「手術を早くしてください。いつになったら日程が決まるんですか?」と聞いたところ、廊下で声をあらげ、威圧的な態度で「順番なんで仕方ないですよ。そんなに手術の日程も遅いとは思わないですけどねえ。外科が決めることなので、内科は口を挟めません。もう少ししたら外科につつきますから。」と言われました。

こちらはただ聞いただけなのに、あんなにおこられるとは思いませんでした・・・ さらに食止めの父のところに、看護婦さんが食事を運んでくること一ヶ月間に4回。 外科に移ってからは先生からも、「お食事はおいしいですか?」と聞かれたそうです。
食止めということが、うまくチーム内に伝わってないようです・・・基本的なことすらなっていません。 しかも、病棟を移るとき、「荷物が多いので台車持ってきますね。待ってください」と言われ、40分以上待たされました。「なかなか台車が来ないので手で運びますね」と言ったら、「忙しいんで、仕方ないんですよ。」と言われました。それなら最初から台車持ってくるなんていわなければいいのに・・・ 結局お医者さんにとって、患者はお客さんの一人なのです。

私たち家族はかけがえのない家族に長生きして欲しいと思うし、できる限りのことをしてあげたいと思います。しかし、お医者さんは、家族ではないのです。
私はあまり病院を信用していません。 家族で一丸となって、最善を尽くしたいと思います。 UMITAROさん、一緒にがんばりましょう!!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
224.
iihitabidati様へ・・・になるのかな?
投稿者 : sea投稿日:2005/07/22 16:22

お知り合いの方のおかげんその後いかがですか?ご心労察します。
私、昨年暮れに膵原発がん、肝多発性metaで、余命半年を宣告されました。
どのようなものかを調べるべくネットを駆使しましたが、得られた情報は絶望の上塗りにしかなりませんでした。歴史の浅いがんで、発見された時は手遅れ・・・ということで、この日よりパソコンは封印。そして今日、何気に開いて立ち寄りましたので、少しでもお役に立てればと書き込みます。

ほぼ元気に社会復帰しています。抗がん剤をやめて3ヶ月あまり、谷はありましたが、過去のものです。抗がん剤休止は私の判断です。QOLは非常に高いです。膵と肝の機能はほぼ正常。γGTPは高めですが、GOT、GPT、ALPはほぼ標準。腫瘍マーカーもやや高い程度です。
恐ろしく進行の早いがんとの認識でしたので、現状で満足です。膵は尾部に5センチ(膵部1/3)、ERCPにて発見。肝は多発性転移。CTで発見されました。今も、影は写ります。あくまでも『影』です。私の思いです。

当初のネット検索により、「西洋医学からは見放されてしまったがん」というのが、私の判断です。ですから、私も、西洋医学全てを受け入れる事はやめようと思いました。人づての話、単独のお医者様が綴った治癒本、業者さんが書いた体験談も対象から外しました。
開業医さんだろうが複数の医師が、複数の改善例を載せた、ある程度根拠のあるものを書いた本を探し、また探してもらいました。
今では健康機能食品2種類と丸山ワクチンだけです。業者さんに間違われるのは嫌なので、商品名は伏せさせてください。すみません。
それから、外科療法は最初から選択肢にありませんでした。主治医は何も言いませんが、今の私の状態は不可解なはずです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
223.
癌の告知の仕方について
投稿者 : UMITARO投稿日:2005/07/22 00:47

私の母「86歳」についてです。
主治医より、「胆の うと肝臓が弱っているので、○○大学付属病院で詳しく検査をして頂きなさい」と言われ、7月13日に外科の○○○先生に診ていただきましたが、胆・肝・膵外科のほうが良いと言うことで、翌日改めて○○教授に見ていただきました。

先に行なった検査でエコーの写真を10枚以上プリントしていたので、それを見ながら説明いただけると思っておりましたら、名前を呼ばれ、診察室に入ったとたん、「胆のうと肝臓に癌が出来ていて、末期症状です。」と言われ呆然としてしまいました。
「手術も治療もしません。」と言われ「それではこれからどのようにしたら良いでしょう?」と聞きましたら、「私は外科なので手術をしない以上後は、症状が出たら内科で処置してもらって下さい。」以上と言う感じでした。

「先生、入院はしなくて大丈夫でしょうか?お酒は駄目ですか?」などと聞きましたら、「もう帰ってお家で好きなことをなさって結構 です。
あとは、天に召されるのを待つだけです。あな たは、神様に近い方ですから・・・」と言われまし た。
診察の時に、研修医の方だと思いますが、6、7人の方が後ろにいらっしゃいましたが、その方達が、 お医者様になられて同じようにがん告知をいきなりす るようになって、それが良いことだと思ってしまうのもどうかと思います。

告知をすることは、悪いことだとは思いませんが、86歳の高齢で、心臓も悪いのに、もっと他に方法が有ったのではと腹立たしさでいっぱいです。
帰ってからもショック状態で、家族も何と言ってよいやら、気まずい雰囲気です。患者の精神状態や年齢を考慮したうえで、まずは家族に言ってほしかったです。

聞いてしまったことは、もう聞かなかったことには出来ないので、いくら偉い教授とは言 え、配慮のなさに愕然としております。抗議文を病院のホームページよりメールいたしましたら、その教授から謝罪の電話がございましたが、広報担当や、お客様相談室のほうで大騒ぎになっているのでお電話しましたと言われて、電話を受けた妻も誠意が感じられなかったと言っておりました。

患者の精神状態や年齢をも考えずにこんな告知の仕方をしても許される物なのでしょうか?
腹立ちは治まりません。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
222.
皆様へ
投稿者 : かたやん投稿日:2005/07/21 21:11

母(57歳)類上皮肉腫のため 7月17日亡くなりました。

発見された当初は肺ガン(ステージ4) との診断で化学療法をするかどうかの 選択を医師に問われたとき母は 「一日でも長くお父さんと生きたい。 治療がつらくても頑張る。」と言い 私たちもその気持ちを最期まで 尊重すると決意しました。

その後セカンドオピニオンで訪れた 病院で精査の結果本当の病名が判明しましたが、その時には右足から左肺へ転移した腫瘍が 突然変異を起こした後でした。

あっという間に右脳へ転移し さらに腫瘍が風船状にふくらみ その内部で出血し、それが脳を圧迫して 左半身が完全に不随になりました。
すぐに放射線の全脳照射を行いましたが その治療中にも左脳へ転移しました。

抗ガン剤も白血球が低い間は 腫瘍の縮小や胸水の減少がみられましたが 白血球が上昇した次の日には 腫瘍マーカーの値が倍に跳ね上がり たったの3日で縮小していた腫瘍が 右脳の半分を覆ってしまっていました。
治療も相当つらいもので 母は「痛い、しんどい」という言葉を 繰り返していましたが、ただの一度も 「もう治療をやめて家に帰りたい。」 とは言いませんでした。

結局脳に転移した腫瘍が脳幹を圧迫し 入院してからたったの3ヶ月で この世を去りました。
幸いにも、脳のダメージが大きかったため 痛みも苦しみもなく旅立つことができました。
暗い話題で申し訳なかったのですが このサイトで知り合った方々をはじめ 多くの人に支えていただくことができ 母は今きっと喜んでいるだろうと思います。
本当にありがとうございました。

RINさんへ
お姉様亡くなられたのですね。 本当に残念です・・・。
私たちも今はただただ呆然とするばかりですが いつかはこの悲しみを乗り越えられるように 残された者みんなで力を合わせて頑張りたいと 思っています。 またいつでもメール下さい。
お役に立てずに申し訳ありませんでした。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
221.
紅豆杉を服用の結果はどうですか。
投稿者 : アドラー投稿日:2005/07/21 17:51

家内が乳ガンで昨年1月に手術し、現在闘病中です。

放射線は24回照射。抗ガン剤は3回で中止。それからは免疫療法を通しております。
乳ガン特有の抗体薬・ハーセプチンを週1回の点滴を今年2月から投与しています。タキソールという抗ガン剤を併用すれば効率が上がると言うのです。
だけど抗ガン剤は良性の細胞をも殺してしまいます。だから抗ガン剤は受けません。

タキソールに匹敵する紅豆杉があるというので2ヶ月服用しましたが芳しくありません。
どなたか服用された方がありましたらその効果のほどをお聞かせくださいませんでしょうか。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ