癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

220.
今日も抗がん剤できず・・・
投稿者 : れもん投稿日:2005/07/20 22:28

今日、母の病院でした。昨日、言っていた、抗がん剤を辞めて気功にする。と言う事は結局、話し合いの結果、抗がん剤をやりつつ、気功もやる。と言う話し合いになりました。

でも、今日も、白血球が少なく、抗がん剤を打てませんでした・・・ これで、抗がん剤ができなくなって1ヶ月です。 しかも、あと、1ヶ月は抗がん剤を休むと言うのです。
後、6回の治療が残っているのに・・・ 母も、ショックだったらしく、先生に色々と相談したそうです。

このまま、抗がん剤ができなかったら・・・ 私も悪い事ばかり考えてしまいます。
これから、抗がん剤休憩中の1ヶ月間は気功に専念してみる!と言う母の言葉に私は協力します。
抗がん剤は回数が多くなると、体へのダメージも多くなってくるんですね。
今、そのことを、とても痛感しています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
219.
副作用
投稿者 : tukutuku投稿日:2005/07/20 20:30

骨肉腫(34歳女性)と診断され、現在抗がん剤治療をおこなっています。
アドリアマイシン・メソトレキセート・シスプラチンです。抗がん剤の副作用は、体質など人によってさまざまだとは思いますが、私の場合、爪もみ療法が効いているのか、何とか乗り切っています。

現在2クール目で、1回目は5kgの体重減少、倦怠感、食欲不振、口内炎、味覚障害などいろいろありましたが、その間、爪もみだけはかかさず毎日していました。
2クール目の抗がん剤治療は、食欲も少しあったほうだし、体のだるさがありませんでした。
2クール目ということで、体が薬に慣れてきたということもあるのかも知れません。
でも、病院での治療以外に自分ができることとしての爪もみが効いているのだと私は信じています。

また、治療の合間には食欲増進の漢方を飲んで、体重も治療前に戻っています。
抗がん剤治療は副作用がかなりきつく体重も減少すると聞きました。逆に薬が効いていないのでは?と不安になるときも正直あります。
どなたか抗がん剤治療を受けたときの副作用を教えてください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
218.
あまりにも
投稿者 : RIN投稿日:2005/07/20 02:34

以前に少し書き込みをしていたものです。
姉は先日、あんまりにもあっけなく逝ってしまいました。
検査して、入院してからたったの二ヶ月あまり。 若かったこと、ガンがわかった時にはもう手の施しようがなかったこと、黄疸が出たことが原因で抗がん剤もろくに打てずじまいでした。

治療をすればもう少し長生きできると先生は仰っていましたが、それは健康な人間には到底想像できない痛みを伴うということでした。
それで助かるならいいけれど、それはありえないとなれば、痛みを抑えて少しでも楽にしてやりたいと思って、治療を断念しました。

ここにいらっしゃった親切な方にメールを頂いて、今月の末には仕事を休んでその方がお勧めしてくださった病院へ行こうとと思っていたのですが、それすらできませんでした。
私は何もしてあげられないとずっと嘆き、毎日泣いて過ごしていました。
しかし本人はこうやって病室にきてくれればそれでいいとだけ言うのですから、そういう方もいらっしゃるとおもいます。
歳の離れた妹への単なる気遣いだったかもしれませんが、交代で24時間付き添い続けたことは自分でも少しはがんばれたかもしれないと思っています。
Ryoさんの書き込みを見て、私はまだ幸せなんだろうとますます思いました。まだ独身で、会社も一応良心的なところなので、仕事は好きなだけ休みを取り、好きな時に復帰すれば言いとのことで、姉に自分の生活の全てを注げたからです。

ニッキさん  お母様の調子はいかがでしょうか?
姉はたった一月でそれまで何もなかった子宮にガンが転移したくらいです。
詳しい検査をされるにこしたことはないでしょう。
悪性でなければいいのですが、こちらでお話するだけでも励みなりませんか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
217.
気功とは?!
投稿者 : れもん投稿日:2005/07/19 22:52

始めまして。母が3年前に卵管癌になってしまいました。
それからの3年間は年に1度という回数で再発、抗がん剤、の繰り返し・・・と言う治療をしてきました。

今も、週に1度、計9回の抗がん剤の治療をしている最中ですが、今日、母が友人の進めもあり気功の先生の所に行ってきました。
帰ってきて話を聞いたところ、このまま抗がん剤をやっていくと、3ヵ月後には体がボロボロになってしまう。と言われたそうです。
確かに、抗がん剤は良い細胞も殺してしまうのはわかっていますが・・・ 母は今、明日の抗がん剤治療をやめてみようかとも言っています。

今回の治療を始めて、3回。その後、3週間、抗がん剤が出来ない状況で、今までにはない副作用もあるようです。
わたしは、気功の事はまったく解かりませんが、今までの、治療をやめて気功にした方のお話を聞いてみたいです。 宜しくお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
216.
Re:214.CATさんへ
投稿者 : CAT投稿日:2005/07/19 21:35

Ryoさまへ CATです 気温も上がり疲れやすくなっています、空調などにはお気をつけ下さい。
お父様の治療の進展について RYO様でなくお母様が治療の先生への取次ぎをなされたという事で私は少しほっとしました。
いままでのRyoさまは、「自分が助けなければならない」と半ば強迫的のようですら私には思われていましたから。わが身すべてを失っても、という強い思いであっても、命、体すべての運命を左右する事は出来ません。
しかし、それを知りながらなお一片の可能性までも求めようとする気持ちもまた私は強く理解できます。 湧き出る気持ちを否定なさることはありません。
ただ、「私が見放せばもう命を守る人は誰もいない」、と思い込んでいませんか?
私が思うに、命を最後の最後で繋ぎ止められるのは、危機に瀕した本人だけです Ryoさまのお父様は自分の再発に対して沈黙を続けた時期があったということですが、もしかしたら、それは自殺的な心がさせたのでなく、どうしようもない自分の中の現実から目をそらすための行為だったのではないでしょうか。 あまりのショックを回避するための行動であり、確かに他者から見れば「こんなに病状が悪いのに死にたいの?」と思うかもしれません。

しかし、病への恐怖と治癒への希望の狭間にあってはその矛盾をすぐには表現できません。
おそらく心のバランスを辛うじて保つためにお父様は「病を口に出さない」事で事実が他者に共有されて再確認されるのを阻止したのでしょう。
現実(病状)とは矛盾しており、生存本能とは逆行する行為です。

しかし、「心が死なない」ためにそのような行動を半ば自動的に行ったのでしょう。
いまだに鬱状態である理由の一因として、心が疲れきっていることと、上記にあるように、病が他人に共有される、つまり事実として再確認される事をおそれるためかもしれません。

入院患者を対象として心のケアをする「リエゾン外来」という科があります。(主に精神科)
お父様が入院という行動は希望されるなら、院内でリエゾン外来でのケアを受けられる病院であれば良いのですが(もちろん、負担をかけない治療ができるかどうかを優先するべきです)。

丸山ワクチンに関してですが、補助的な治療として考えるならとにかく、外科治療や動注化学療法などがだめな場合の選択肢として考えるのは非常に危険と思います。
手術、抗がん剤、放射線による三大がん治療自体が完全なものではないのは確かです。
特に治療が厳しい場合は他の療法と三大療法もおなじくらい「あてにならない」と思うかもしれません 。 たしかに医師が行う三大治療やそれに派生する新しい治療、新薬は科学的に考えても野蛮とすらいれる粗い部分があります。
それはその治療の臨床経験やさらなる研究がまだ初期段階だからです。

そもそも、現代医療が重い病すら有効なのは、その治療方法が医学理論的に完全であるからではありません。理論上、動物実験、さらに臨床実験を考えうる限りの思考と試行を重ね、それが承認され、さらにそれぞれの医師が個々の患者とのケースを積み重ね試行錯誤しまた理論を重ねた結果のはずです。
つまり、「治療」へ注ぎ込まれた労力やお金や知識や情熱を積み重ねる経験として医学が存在しています。他の療法の力を否定する根拠はありませんが、世の中に溢れる「すごい治療法」の背後にある根拠の薄さを思えば、私は現代医学の治療の全くの代わりに他の治療を行うことは進められません。ながながと現代医療への支持と相対的に他の療法への批判を行いました。

しかし、私自身が患者である実感として、心のケアなどによって日々の疲労を緩和したりする事で蓄積される疲労を緩和したり、または微々たる回復が積る事で治療の行方すら左右するほどの成果をあげる可能性は十分あると思います。
現在経過観察中の私は漢方薬を処方していただいています。がんの治療を受けた同じ病院内に「漢方外来」という科があり、そこで相談し、日々のストレス(いらいら、不安)を和らげる薬と抵抗力(胃腸などの保護)を高める薬を飲んでいます。
最初は神経の症状(不安など)について相談したのですが、漢方外来の先生は「抵抗力を上げて再発しない体をつくり、実際に再発しない事実を続ける。
それが結局一番の安心」とおっしゃり、抵抗力(実際は風邪の予防などに使う漢方です)を増進する薬も処方して頂いています。

ただ、注意として漢方の効果は魔法ではありません。「西洋医学」の領域でない面(習慣、予防医学)での効果は、魔法的ですが、漢方薬というものも「西洋医学」と同じ成分が主です。
精製の方法や診察や処方の観念は違いますが、薬でありますし、大量に服用すれば「西洋医学」の薬と同じように副作用も起きます。効能が弱い分定期的な服用が可能で、「西洋医学」では認識されない日々の病への対応(熱さまし、整腸など)が出来るのです 丸山ワクチンですが、他の治療の代替として行う事は私は強く反対します。

「後悔しないよう」にという考えであっても丸山ワクチンが最後の砦という考え方は治療への戦略としてあまりに心細いです。 あくまでも「補助的な効果」を期待して、治療(病院探しも含め)平行して行うのだといスタンスが必要です。

話をもどしますが、お父様が社会的に閉鎖的のご様子ですが、人間は自身の心の中に思いをとどめる限り試行は同じところでループします。
可能であればお父様にも日記(またはそれほど筋だったものでなく、ただ感情を紙に書きなぐるなどをさせる)を進められてはいかがでしょうか。
お父様が書いた文章や文字はお父様が望んだり許可されるまで見ないという約束をすれば、安心して自分の深い思いを吐き出すことが出来るのではと思います。

またはもっとも信頼できる人が、拒絶的であった時の状況を少しずつ順を追って聞いてあげるのもよいかもしれません。おそらくお父様は最初のショックなどが鬱積したまま心の中で悪循環していると思います。ご本人も処理できていないのだと思います。 本当は専門家が行うほうがリスクが少ないのですが・・・ 家族も患者も、強い感情に試行がくぎ付けされたり揺さぶられます。自分の頭や心の中だけで処理判断するのは非常に危うい結果になります。

>私が一人で考えているだけで父が受け入れるかが一番の問題なんですけど
RYOさまとお父様がよく生きるという方向に向かって一緒に考えていく、それが大事です もちろん視点が違ったりすれば意見が衝突することもあると思います。しかし、思いが一緒であると信頼を示し合える限り力をあわせていくことができると思います。自責や後悔も当然です、だから責めて、後悔して、するだけしたら、いま自分が出来る現実的なこと(ほんとにささいなことから)から始めましょうよ 死という誰にも訪れます 死はもっとも普遍的な出来事です。

死者は、もう誰とも心を分かち合えない孤独な存在なのかもしれません。
人間は人生という旅をしています。そしてみな最後に死という旅に向かいます。医学、生物的な立場からすれば、お父様、RYOさま、私を含めた生き物は、細胞分裂を重ね衰え活動を停止する。
それだけです。医師が仕事として興味があるのは生ける体だけです。(解剖などもしますが・・・)

しかし、お父様に対しRYOさまは、RYOさまに対しお父様は、ご家族は、友人は・・・、さまざまな、あなた方だけの関係のなかでは、死に向かって生きている今の時間に交わされる言葉、感じること、苦痛、すべてがあなた方だけしか持つことが許されない物事です。
死を恐れること、死から守ろうとすること、その気持ち自体をあなたやお父様が「知っている」、「感じている」こと。そのことを感謝しあったり出来ること。
それ自体もまた病の治癒と並んで価値のあることだと心が向けられるようになれば、回復、または不幸、どのような結果であっても過去が後悔だけで埋め尽くされることはありません 病の間も人は生きています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
215.
Re:何か情報を
投稿者 : たまゴン投稿日:2005/07/19 14:40

お父様が肝臓癌で他に治療法が無いかお探しのようですが、どちらにお住まいかわかりませんが一度「大阪南医療センター」のページを見てください。

外科の先生でマイクロ波を使った肝癌の治療を開発なさった方がいらっしゃいます。
特に肝癌は専門分野の方です。少しでもお役にたてたら・・・と思いメールさせていただきました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
214.
CATさんへ
投稿者 : Ryo投稿日:2005/07/19 00:23

返事頂けるとは思ってなかったのですごくうれしいです。
子供が1週間前にプール熱にかかり40度の熱がやっと今日ひきホットして久々にパソコンに向かいました。CATさんのお言葉はどれもとても説得力がありいつもファイトをもらっています!!

あれから、母が調べ動注化学療法をはじめてされた先生の病院に電話して明日電話で相談に乗ってもらうことになっただけで私が子供の看病に追われていてる間に父の体力はますます衰えてきました。父はパソコンもできないしウツ病ってこともあり他の人と全く触れ合おうとはせずますますひとりで閉じこもってしまってます。
動く事がもうしんどいみたいで母の看病も限界があり父は入院すると言い今病院をさがしてます。
自分の大切な父の看病もしてあげれない私の無力さに情けなくかんじます。
他の病院では動注化学療法は手術と併用しないとできないといわれたので明日の病院の話次第で動注化学療法ができなければ私は丸山ワクチンを父に勧めてみようかと。
もう手立てがないのであれば、後で後悔することのないようにしたいんです。

それでだめなら癌がなくならなくても父が少しでも痛みがましになったりするなら漢方もすすめてみようかと。。1%でも確立があるなら試してみたいんです。
試してみないと何も分からないんでは?とやはり考えてしまいます。
悪魔でも私が一人で考えているだけで父が受け入れるかが一番の問題なんですけど。。

CATさんがおしゃっているようにもしかしたらという可能性も含めて断じる事も必要だとわかっておきながらそうできてない私がいます。。
父の死が迫ってきているのをじっと待つことなんかできなくて。。今の私、焦り過ぎの考えなさすぎで判断能力失ってるんでしょうか?
そうもあって、今日からCATさんに勧めて頂いた日記をつけて見ることにしました!!!
CATさんも無理せずがんばってくださいね!!!!!!!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
213.
80.上咽頭癌治療後 しゅんたさんへ
投稿者 : レイガン大統領投稿日:2005/07/18 17:03

その後お父さんの調子はいかがですか?
僕(25歳)も同じころ上咽頭癌の治療を受けていて、一段落したところで5月23日一時退院しました。
化学療法はその後も定期的に行っていくということで、6月の末からおよそ半月入院してました。

放射線治療が終了して2ヶ月がたとうとしますが味覚はだいたい(7〜8割)戻ったように思います。
残念ながら唾液はまだまだ少ないようで米飯やパンといったものは食べにくい状態です。

また、二重あごもすっきりせずこれももう少し時間がかかりそうです。
同じ病気の方の完治を切に願っています。
僕も家族をはじめ周りの方々に多くの励ましをいただき今があると思ってます。
お陰で前向きに生きてます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
212.
肺炎を起こしているのですが。。。
投稿者 : new_dug投稿日:2005/07/18 00:32

はじめまして。 ご相談があり、投稿させていただきました。
私の父親が先月、癌の告知を受けました。 胃癌で肝臓・脾臓に転移しています。

最初は抗癌剤の治療を行う予定でしたが、転院待ちの 状態で腫れたリンパ節が肺を圧迫していることが原因 で、「間質性肺炎」を発症してまいました。

結局、抗癌剤治療を実施する病院からは「肺炎があ るため治療不可」とのことで転院ができなくなりま した。 肺炎の方はステロイドによる治療を継続していますが、やや改善したものの、治る気配はないと告げられました。

肺炎が治らない人は癌の治療はできないものでしょうか?
どなかたご教授いただければ幸いです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
211.
何か情報を
投稿者 : 何か情報を投稿日:2005/07/16 23:09

父が肝臓癌です。7年程前から持っていましたが、いつも場所がよく消してきました。ところが、今回は場所が悪く、肝臓のかなり上部にでき、しかも下大静脈に突き刺さってしまっていて血管内に腫瘍栓となる可能性が多く、先日、主治医の先生に「抗がん剤を入れますが、10%ぐらいの確立で、静脈内の腫瘍まで届くでしょう。

一番怖いのは、かなり心臓に近いので、腫瘍が破裂して血管や心臓内でふさいでしまう事です」と言われました。きちんと説明できているか自身がありませんが・・・・。
抗がん剤がダメなら、放射線といわれましたが、いつ腫瘍が破裂するかわからないし、腫瘍がなくなることは無いと言われました。

今までは、肝臓内でエタノール注入などですみましたが、今回は場所が悪いそうで、2月にエタノール注入をした時は無かったと言う事。この4ヶ月の間にでき、そこまで大きくなってしまったそうです。
何か、他に治せる方法はないでしょうか?一応、抗がん剤を入れる治療が7月26日から始まります。それまでに、何かいい方法が見つかればと願って、探しています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
210.
すいぞう癌の父 その後
投稿者 : C.I投稿日:2005/07/16 15:23

師から父の病気の告知を受けてから、6週間が経ちました。モルヒネが痛みを静めてくれ、抗癌剤投与の3日目位からは食欲も有ることから、今月4日に退院しました。
医師からは、「今帰らないと家に帰れないかもしれない」とも言われ、通院治療に切り替えました。
退院直後の父は、体力はないものの、大病を患っているなんて思えないほど元気な顔で、量こそ少ないですが普通に食事もとっていたそうです。

しかしそれから5日、抗癌剤投与に出かける前の日からまた元気がなくなり、食事が出来なくなりました。翌日、抗癌剤投与の後、栄養剤の点滴を受け、夕方帰宅しましたが、それから毎日訪問看護師さんに来てもらい、自宅で点滴を受けています。

次回火曜日は検査がありますが、このままではまた、入院となりそうです。腹水もだいぶ溜まってきたらしく、痛くはないけれど、張ってる感じで心地悪く眠れない!と訴え、睡眠導入剤も処方してもらいました。腹水により小腸に影響が出てきた感じです。
まさに一進一退、もう少し元気な日を少しでも長く与えてあげたいと祈って止みません。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
209.
転移?
投稿者 : ニッキ投稿日:2005/07/16 09:47

前、母が上顎ガンだと投稿したものです。 2月に手術をし、4月末に退院しました。
その頃から喉の調子が悪く、声が少しかれていました。その時は入院中に放射線治療をしたのでそのせいだろうと思い、看護婦さんもそうだろうと言っていました。

しかし時が経っても一向に喉の調子が良くならず、悪くなるばかりです。
5月6月の検診にその旨を主治医に言ったところ、ちょっと喉が腫れていると言われただけで飲み薬をもらいました。それでも良くならず、昨日また検診に行ったところ、ポリープができているとのことでした。くわしいことはわからないので内視鏡の検査をすることになりました。

主治医は上顎ガンから喉に転移はないと言っていますが、実際喉にポリープができています。検査の結果次第ですが、絶対転移はないとは言っていないので心配でたまりません。
ポリープは転移でできたのか、それとも単発でできたのかどうなのでしょうか? 検査がまだ先のことなので不安でいっぱいです。また5月6月の検診の時に、鼻からカメラをいれてちゃんと見たのにポリープはわからなかったのでしょうか?
不思議です。 ポリープが悪性だったら・・・恐怖です。 母も私も精神的にまいり、気力もありません。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
208.
ご意見聞かせてください
投稿者 : たいち投稿日:2005/07/15 19:34

私は、背中と胸が痛くなり病院へ行きCTで腎臓癌から肺への転移が見つかりました。
これからは、泌尿器科が担当になります。自分の勝手な考えですが、腎臓は手術で取り除けばなんとかなると思うのです。

しかし腎臓より肺の治療の方がいろいろな情報を見て重要ではないか?と思い、このまま一般的な医療器しかない市民病院で治療を受けてて良いのか、肺に関して先端の医療機器と実績を持ってる病院で治療を受けた方が良いのか悩んでいます。

まだ治療も受けていないので良き情報とアドバイスを宜しくお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
207.
膵臓癌
投稿者 : nagato投稿日:2005/07/15 13:21

先日母のかかりつけの病院から連絡があり、膵臓に癌があるということと、できるだけ早く専門医にみてもらう必要があるという話をききました。
現在母は56歳です。 肺や胃というのはよく耳にしますが、膵臓というのは一体どういった癌でどのくらいの可能性で完治するのか全くわからなかったので少し調べてみましたが、 調べていくうちにショックが大きくなりました。

初期での発見はかなり困難なこと、完治の可能性は低いこと、それとなにより症状の進行した状態の一つに、体重減少というものがありました。
実際母の体重は3月上旬には48キロあったものが、今7月上旬には35キロと減っており、相当進行した状態なのであろうと考えております。
本人に痛いとか、辛いとかという自覚症状はほとんどありません。肝臓の尾部に癌があるということはわかっているのですが、転移は現在わかっておりません。
今日現在造造影剤を使った上腹部CT検査を行っています。

私の場合父を子供の頃に父を肝臓癌で亡くしてており、その時は父が入院してから、1ヵ月もたなかったという記憶もあり今回もそのようになるのではないかと大変不安に思って毎日過ごしております。
母一人、子一人私が頑張らなければ他に頼るものはないのですが、その私自信が落ち込んでいるというのが今の現状です。
群馬、埼玉で良い病院があればご紹介ください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
206.
昔を思い出して
投稿者 : サッチー投稿日:2005/07/15 13:11

日は、この間投稿さして頂いたサッチーです。
zi-zuさんのご主人のことが気になっています。ご主人の容態はいかがですか?
zi-zuさんが元気でいなければご主人の事看護出来ないのでお体を大切にね。 私の話になりまが、私たちは17歳で一緒になって 35年になります。20歳まで働かず暴力はふるうし最低な主人でした。

4畳半1間でトイレも、炊事場も共同で本当に悲しい生活でした。女の人が家にあがりこんできたり、毎日が大変な生活。今は大きな家を建ててもらい庭には花を植え夢見たいです。
ガンにならなかったら2人で楽しい筈だったのにとても残念、遅かれ、早かれ別れが来ると思って開き直っているんです。
息子を跡継ぎにするのが夢、少しずつ叶っています。si-zuさんも頑張ろうね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
205.
膵臓癌
投稿者 : nagato投稿日:2005/07/15 12:25

はじめまして、先日母のかかりつけの病院から連絡があり、膵臓に癌があるということ、紹介状を書くのでできるだけ早く専門医にみてもった方がよいという話を先生の方から受けました。

母は現在56歳です。 何故病院で検査をしたかといえば突然の体重減少があったからです。
3月上旬には48キロあった体重が、今月はじめに34キロ、本人には辛いとか痛いとかいう自覚症状はないようなのですが、私自信で少し膵臓癌について調べてみると症状が進んだ状態のひとつに体重減少というのがありました。

膵臓というのは完治は相当困難で、癌の存在がわかったときには、病状がかなり進行しているケースが多いとききます。膵臓の尾部に癌があるということはわかっているのですが、転移があるかはまだはっきりしておりません。
今日現在造影剤を使ってのCT検査を行っております。

私の場合子供の頃に父が肝臓癌で亡くなっており、その時に入院から1ヵ月もたなかった記憶があり、今回は何としても助かって欲しいと強く願っております。
群馬、埼玉で評判のよい病院があれば是非ご紹介ください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
204.
点滴治療のため入院(大細胞肺がん)
投稿者 : hhitabidati投稿日:2005/07/14 12:18

こんにちは。知人ですが6月8日に手術して,現在点滴治療のため入院中です。
3週間が1クールで6クールの予定です。アメリカでは代価替治療が現在主流と聞きました。

抗がん剤は 正常細胞も攻撃するので体力のある人はいいが、 余計に弱り害を為す事が有るとのこと。それで漢方薬を併用していこうと思います。
これは人体にもともとある免疫力を強化してガンに負けない体力をつけるのが目的です。
難しい種類のガンでリンパに転移があったのですが、現在は目に見える悪いところは取り除いています。再発防止を目指して闘病していこうと前向きに取り組んでいます。

代替療法について皆さんの意見をお伺いしたいです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
203.
がん治療との併用について
投稿者 :かずよ投稿日:2005/07/14 12:11

はじめまして、深刻なご相談があり、ご連絡させていただきました。
私は知人からクロスセロという水素の錠剤をいただき、抗ガン剤治療を毎月行いながら、約1年ほど飲用しております。飲みだしてからは以前にあったような不快感や、脱力症状がなくなり、抗がん剤治療後の副作用が軽くなり逆に不安になってきている次第です。

現在は国立医療センターで治療を受けておりますが、担当医からは薬以外のものは絶対に飲用しないように強く言われ、大幅に改善されたわけでもないのでこのまま飲用を続けていいものなのか深く悩んでおります。
やはり医師の指示に従い飲用は見合わせるべきでしょうか?
お時間があるときで構いませんので、お返事よろしくお願いします。
同じような水素 のものをお飲みの方でおわかりになる方がおられれば 体調などもお教えいただければと思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
202.
>>178 融資について情報をください
投稿者 :もも投稿日:2005/07/13 11:25

7年前に新築マンションを購入した者です。
うちの場合は団体信用生命保険に加入せずに住宅金融公庫から融資をうけることができました。

noahさん同様、十分借入額をカバーできるだけの生命保険に加入していたためです。
その旨を担当者に口頭で伝えたのですが、保険証書の提示を求められることもなく認められ、公庫から融資を受けることができました。
融資金額が比較的小さかったからでしょうか。
参考になれば幸いです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
201.
ガン患者の団体について
投稿者 :岡村道夫投稿日:2005/07/13 11:25

現在私は、胃がんで全摘し、4ケ月目です。

NHKでガン患者の全国集会を見まして、高知県にそのような団体がありましたら、是非お知らせ頂きたいと思いまして投稿しました。
よろしく…。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ