癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

200.
RE:198.すごく詳しくありがとうございます!!
投稿者 :CAT投稿日:2005/07/11 12:42

Ryoさまへ、CATです Ryoさまもお父様も非常におつらい状況と思います。
しかし、心身ともにいたわる事も大事にして下さい。

紹介先の医師の言葉は本当であれば、医師として、それ以前に一社会人として思いやりに欠けた言葉だと思います。
医師といってもその医療レベルも人格にも差があります 「外れ」に当たったのだと考えて下さい。
「外れ」の医師もいれば「当たり」の良い医師、良い治療も確かに存在するし、情報を見極めれば辿り着けると信じて歩みを進めていくしかありません。

医師不信、医療不信を強く感じているのでしょう それは当然と思います。
「医師」という存在への信頼を失わないように無理に心や考えを取り繕ったりはしていませんか、医師も人間であり、能力も含めてピンからキリまでいるのは仕方がありません。
がんのような重度の病になれば医師の能力の差も鮮明になります。
平時抱いていた「医師」への期待が打ち砕かれ、落胆も大きかったと思います。

ひとつの提案として、不信感や怒り、失望感などを全て日記に記してみてはいかがでしょうか。
公言する事をはばかるような感情、後ろめたい感情も含めて、ノートに殴りつけてください。
どのような記述をしても誰も傷つきません。ただ、少しだけあなた気持ちが軽くなると思います。
また、状況も記して後に読み返せば、失望や怒りなどの強い感情で当時は見えていなかった事が見えてきます。

余力があればで結構ですので「患者会」という言葉にもご留意下さい。
がん患者本人もご家族も、周囲に共感を得られにくい状況と思います。
また、人間関係も閉じ勝ちです 近い境遇の人間同士で語り合うことでしか出来ない心のケアがあると思います。

丸山ワクチンについてです 私が主治医に相談した時は混合医療になって治療費が全額負担になる事と、ワクチン自体に懐疑的であるという見解でした。
自分で調べる限り科学的な裏付けが乏しいと思います。「患者の期待と噂」が生んだ産物と割り切って、私は使用していません。

この判断はあくまで私自身が下した事です。
何かを「行わない」というのは治療を受けると同じく勇気が必要です。しかし、「もしかしたら」という可能性も含めてそれを断じる事もどこかでしないといけません。
丸山ワクチンであれば、最終的には「自分の性にあわないな」という見解に至って私は使用はしませんでした このような判断は最終的には患者本人が下すものと思います。

>何か私の悩みをグチグチ書いてすいません。
Ryoさまとのやりとりをする事で、私自身も患者として救われる部分もありますのでお互い様です。 Ryoさまの述べられる言葉はとても誠実な心情から来るものだと思います。

Ryoさまのお父様が今後よい治療に辿り着けるか、そして治療が進むのか、率直に申して楽観視が出来るものでないと思います。
病、生、死は人の力を超えて人間と関わっていると思います。
しかしそれでもなんとか向き合おうとする努力が、医療であったり、それに関わる患者や家族などを含む人間の、さまざまな生き方なのだと思います。
どうかRyoさまやお父様が、ご自身なりに精一杯に病を生きられる事を私は願います

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
199.
病気を甘く見すぎてる
投稿者 :サッチー投稿日:2005/07/11 07:30

胃癌で全的 その時腹膜に転移してると言われ年内にも危ないと言われています。
本人は知らないのです。手術の前から酒は浴びるほど飲むし、タバコは吸うし、手術してからも同じ状況を続けています。胃癌であることは知っているのだけど、転移のことは知らないのです。 投稿者si-zuさんと病状がまったく同じなんです。

歳は52歳 si-zuさんはまだ子供さんが小さいといわれています。
本当に生きていてほしいと思います。子供も成人してお父さんの跡継ぎをするように成っています。 教えてください これからお腹の中に水がたまって苦しい思いをするのでしょうか?本当にあと命わずかなんでしょうか?

酒もタバコも止めて長生きするって分かってたら止めるでしょうけれど・・・短い命でも好きなように生きて悔いが残らないかも・・・頑張ります。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
198.
すごく詳しくありがとうございます!!
投稿者 :Ryo投稿日:2005/07/11 02:50

今なにをしたらいいのか、調べる糸口も分からなかった私でしたがCATさんに色々お知恵を頂きとても助けられました。
ほんとご親切にお返事頂きまして感謝しています。今ほんと私ひとりもがいてるって感じでなにもまえにすすんでなくて、、、。3日前父と別の病院に紹介状とMRIの結果を持って何か方法がないものかと行ったのですが、言われた最初の言葉が今日は何しにきたの?何を求めに。舌をとっても助かるか分からないよ。って。で動注化学療法のことをきいても無視でした。

せっかく前向きになった父だったのですが少し期待もしていたのでとてもショックな回答でした。
CATさんのメールをみて色々調べ、動注化学療法はまだ限られたところしかされていないとしりました。父は56歳で舌をとって生活するのはハンデが大きすぎるが手術以外で少しでも可能性がありそうならその可能性にかけて見たいといってくれたのですが、私たちは大阪に住んでいましてどこもすごく遠くて迷っています。
しかも父は2年前に初めて癌になった時放射線治療を受けるために2ヶ月入院したことで、環境の変化と癌に対する恐怖で医者の診断を受けるくらいのきついうつ病になって、今まで働いていた会社もやめました。今なお続いてるので大阪を離れて治療となるとうつ病がどんどんすすむかもと。母はリュウマチで身体がとても不自由ですし私は4歳と1歳の子供をかかえたシングルマザーなので父に付き添って一緒に行ってあげれないと問題は山ほどで、、。

でも、CATさんに医療コーディネーターというひとがいるとおしえていただいたので今一人で悩まず早速調べて相談してみることにします。
後、丸山ワクチンというものも癌の治療法であると聞き、気休めかも知れないですがそのことも相談して、父にとって今できることをゆっくり考えていきたいと思います。

何か私の悩みをグチグチ書いてすいません。とにかく私に色々おしえて頂いた事におれいがいいたくて。ありがとうございます!!CATさんもがんばってください!!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
197.
医師について
投稿者 :那央投稿日:2005/07/08 10:05

はじめまして。宜しくお願い致します。 父が3年前に肺癌となりました。
その時に第二期だったとの事で、手術をし、右側の肺を切除しました。それから3年。何事もなくきましたが、今年再発が確認され、現在抗がん剤治療中です。

医師から私たち親族に満足な説明がなく、母が切望し説明を願うと、肺だけではなくリンパ腺に転移しているとの事で、抗がん剤は効いているとのことで二度目の抗がん剤を先日投与しました。
医師は後何ヶ月と考えておいて欲しいと言います。父はその事は知りません。(現在第四期とのことです。) 私たちは今後の治療にまだ希望を持っておりますが、医師は希望を持ってもらっても困ると言う様な言い方をします。
私たちもただただ待っているだけではいられず、知人の話などを参考に他に何か出来ないかと考え、他の治療方法や体にいい薬や栄養剤などを知り、医師に相談した所、「治療は任せてくれ」と言われるばかりです。 質問はいつでも受け付けると言われるが、説明を願っても忙しいと言われるだけです。

父が再入院してから一ヶ月と少しですが、母が切望してやっと説明を受けた事態にも、私達の質問に答えてくれない事にも、医師に対する不信感と不満が募る一方です。
最初の入院時の説明ではリンパ腺に転移があるというのも聞いてはいませんでしたが、医師は「聴いていないと言われても困る」と言うだけです。

このままこの医師に父を任せていっていいのかどうか、この抗がん剤治療を終えると父は通院での治療となるのですが、その治療で大丈夫なのかがどうしても不安でしょうがなりません。
この様な状態でこの医師を信じていいのかどうか。。。
また、関西の方がいらっしゃいましたら良い医師をご存知ではないでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
196.
80.上咽頭癌治療後 しゅんたさんへ
投稿者 :投稿日:2005/07/09 17:21

私の主人(35)が上咽頭癌で治療を受けました。
ハードな治療でしたので、お父様ご本人はもちろん、ご家族の苦労もいかばかりかと拝察します。
薬と放射線で、味覚がなくなる、のどの激痛、唾液が出ない、また手術後には患部周辺の痛みや不自由も加わって大変な思いをしました。
何をすすめても味がなく、むせて食べられない時期は本当にかわいそうでつらかったです。
でも前向きな気持ちで病気を克服し、ゆっくりですが元気を取り戻してくれていますよ。

食事に関しては、慣れるまで、主食はゆるめのおかゆ、おかずもやわらかく煮てあんかけや葛をあしらったり、とにかく飲み込みやすい物をつくりました。冷たい麺を短めに巻いて、あんをかけたりするのもいいかも知れません。味気なくてご本人もつらいと思いますが、おいしく食べられる喜びを味わえる日がきっと来ると信じて頑張ってください。

放射線による唾液障害は必然的なもので、回復にも残念ながらかなり時間がかかってしまうそうですが、漢方で身体全体を潤してくれるやさしい効き目のもの(うちでは麦門冬湯をのんでいます)、また烏梅といういぶした梅のお茶や葛には、肺や喉の辺りを温める効果もあるようです。
夫に付き添って思うことは、身体によいもの、病気に効きそうなものを、心を配って用意してくれているのかな?という安心をあげることが見守る側にできることの一つなのかな・・と。

当事者でなければわからない無力感、いろんな苦しみもあると思います。うまく言えませんが、希望をもって頑張りましょう。ゆっくりお元気になられるよう、お祈りします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
195.
癌患者が伝染性ウイルスを撒き散らすと誹謗をうけています
投稿者 :じょんがら投稿日:2005/07/09 09:50

現在マンション住まいですが、隣の部屋の住人より誹謗・中傷をうけています。
私の妻が癌再発で治療中ですが、癌ウイルスを撒き散らすから窓を開けるなと、文句を言ってきております。隣人の妻(御本人が文句を言っているのですが)、最近白血球が上がってきたりしていると主張しております。

私がウイルスによって癌になることはあっても、癌患者が空気中に癌ウイルス、まして伝染性のものは発散しないといっても、国立がん研・アメリカでも発表されていると言って譲りません。
また、私が大学も出て居らず頭が悪い、馬鹿だからと言われてしまいました。
何か、癌患者が伝染性ウイルスを発生すると言う実体があるのでしょうか、教えて下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
194.
ありがとうございます
投稿者 : yuki投稿日:2005/07/09 02:37

H様、かたやん様 貴重なご意見をありがとうございます。
是非参考にさせていただきたいと思います。 検査の結果、外耳道癌(扁平上皮癌)とのことで、転移は無く、中耳にも側頭骨にも浸潤はないだろうということでした。
手術はせず、抗がん剤と放射線療法を行う事となりました。手術と言う事になると、かなりリスクが伴ってくる様だったので、心配しておりました。
本人も家族も、主治医の方針や治療方法には納得し、信頼出来そうな方なので、お任せする事にしました。 治療の成果が思わしくなかった時、改めてセカンドオピニオンを考えることにしました。
放射線療法はかなり有効な様なので、今後に期待したいと思います。

ただ、本人は2度の検査で癌だと駄目押しをされたことから、相当落ち込み、弱気になっています。元々我慢強く、あまり感情を表に出さない性質なので、心の方も心配です。
家族がしっかり支えて行かなければ…と思います。 補足になりますが、外耳道癌は、耳掃除のし過ぎが原因の一つだそうです。
本人も年中耳かきや綿棒で、掃除をしておりました。にわかには信じがたい事ですが、本当なのですよ。どうか耳掃除のし過ぎにはご注意下さい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
193.
どうしたらいいのか
投稿者 :SI-zu投稿日:2005/07/08 10:05

はじめまして、お邪魔します。二年前に噴門癌で胃の全摘をした夫ですが、そのときに腹膜はしゅで余命一年との宣告を受けました。
いろんな治療に挑戦し、一年前後と言われながらもこの夏で術後3年目になるのですが、先日「この夏は越せないだろう」と担当医の方からお話がありました。
まだ子供も小さく、どうしても彼が必要です。 どうしたらいいのか解からず、悲しみだけが襲い掛かってきますが負けるわけにはいきません。

いまは腹腔内に水が溜まり始め、腎臓も機能しなくなってきました。胃を取ったあと、小腸を繋げてバイパス状になっているのですが、そこも詰まって恐らく水ももうすぐ摂れなくなるだろうとのことです。

食事は2月から、殆ど経口での摂取は出来ていません。
それでもなにか、効果の期待出来るものはないのでしょうか。もし同じような経験をした方や、それを身近で見てらした方がいらっしゃいましたらアドバイスお願い致します。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
192.
Re:188.CATさんありがとうございます。
投稿者 :CAT投稿日:2005/07/07 21:42

Ryoさま、CATです。

私は動注化学療法を受けていません、以下は私の治療についてです。
・外科手術(頚部リンパ節郭清術)を行い、手術の傷の回復のため二週間経過観察
・放射線治療、抗がん剤による化学療法(週一回点滴)を6週間行いました。

私の場合は外科手術(頚部リンパ節郭清術)を治療の柱として行っています。
私が治療した病院でも動注化学療法を行った事があると主治医に聞きましたが、主治医の所見では治療成績がほぼ同じ事と治療の負担を総合して上記の治療方法を選択したとの事です。

私の主治医自身が外科手術による治療実績や経験のある方だったためもあるのでしょう Ryoさまのお父様の主治医が舌の全摘を提案したことも先生の実績や経験の中でお父様の病状に対応する最善の治療方針を提案したのだと思われます。

他の医師への紹介に関してですが、動注化学療法による治療実績の多い病院はまだ少ないです 「抗がん剤・放射線「頭頸部」に併用」をキーワードに検索エンジンの「google」で検索し、一番最初の記事をご覧ください。

治療のデメリットですが、最大の問題は、世界的にも10年余の経験しかなく、長期的な安全性が不明な点だ。治療後に下あごが壊死(えし)した重大な副作用の例があった。
「治療の対象は慎重に選ぶ必要がある」(YOMIURI ONLINE 医療と介護 2004年12月6日記事より一部引用) との記事があります。

お父様はがんによる身体的な苦痛と平行して精神的な苦痛にも苦しんでいるのでは、と思います。
お父様がうつ病となっているとの事ですが、実際に医師により診察されたのでしょうか うつ病的(一時的な強い憂鬱感)である事と、うつ病(疾患)である事は大きな違いがあります。精神科医など専門家の診察が必要です。がん再発時はうつ病を併発する方も多いとの事です。

もしお父様の精神的な不健康、異常が数週間以上継続しているようでしたらうつ病の可能性もあります うつ病はご本人の頑張りやご家族の励ましは逆効果になる状態です 精神的な苦痛が続く→頑張ろうと励ます、心が弱いと責める→状態が悪化する という悪循環を引き起こす可能性もあります。

うつ病に対しても、がん治療に当たっても、周囲のご家族は患者本人に対して「頑張らせる」のでなく、弱音なども含めて「否定しない」という態度である事が望ましいと思います。
例えば、お父様は当初治療を拒否していたとの事ですが、「だから今度からは頑張ろう」と励ます前に、まず「つらかっただろう、そのような行動をするのも当然だったのだ」という言葉と気持ちをまず先に持ってくるよう心がけてはいかがでしょうか。

積極的な努力や行動を促すだけが周囲の人間がとるべき支持方法ではないと思います。
がん治療は終わりのないマラソンのような面もあります。真面目で努力する方ほど「頑張りすぎる」傾向があります 患者ご本人も支持者もがんを出し抜こうと無理に疾走しようとせず、途中で倒れたり治療の歩みを止めたりしないようゆっくりと歩く事が大事ではないでしょうか。

これまで素人の聞きかじりや体験からお節介を述べましたが、治療の選択やうつ病や不安などの心のケアも含めて、「医療コーディネーター」へご相談なさるのが一番良いと思います 相談料も必要ですが、効果が期待できるかわからない治療方法に時間やお金や労力を割くよりも、現実的な治療方法へ辿り着けると思います

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
191.
こうじさん ありがとうございました
投稿者 :noah投稿日:2005/07/07 14:04

正直に告知して数社の銀行でトライしてみましたがやはりダメでした・・・。
ほぼ無理だとは覚悟していたものの即答で「手のほどこしようもない」とまで言われ、正直少し凹んでしまいました。

病気が原因で住宅ローンが組めないということは致し方ないことなのですね、悔しいけれど・・・。
でも「生きてるだけで丸儲け」こんなことで簡単にへこたれず、前向きに頑張っていこうと思います。
情報ありがとうございました。
ちなみに私の主治医も名前が”こうじ”先生なんです(笑)

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
190.
黄疸がでると
投稿者 :RIN投稿日:2005/07/07 00:36

どなたか、肝臓ガンに詳しい方はいらっしゃいますでしょうか・・・。 肝臓が悪いとどうしても黄疸がでてくるものですが、黄疸がでると抗がん剤が打てないと言われました。

はっきり言ってそれはただただ死を待つだけだと言われているようなものです。
となれば、肝臓ガンの人は抗がん剤が打てないということになってしまいますよね、そんなはずはないと思うのですが・・・。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
189.
エストロゲンが数倍
投稿者 :tomopi投稿日:2005/07/06 23:58

初めまして。26でチョコレ−ト膿胞で右卵巣を取っています。47歳ですが生理が2週間もあり、更年期突入かと思いつつ産婦人科に行き一応血液検査を受け、結果エストロゲンの数値が通常の数倍、再監査中です。3ケ月前にけい・体ガン検診を受け卵巣の腫れもなく異常なしと言われました。

先生は、更年期ではこういう事もありえるとのことで心配しないで...と言っていますが、バツイチ、大型犬3匹と暮らすわが身を考えたら不安でしょうがありません。
いい年したおばさんですが、検査の結果が出るまでは不安です。
悪い方向につい考えてしまいますね。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
188.
CATさんありがとうございます。
投稿者 : Ryo投稿日:2005/07/04 23:53

バタバタしていてなかなかみることができなくて。わざわざメールくださってるのに返信遅くなりましてすごくごめんなさい。漢方のことばかりかんがえていて動注化学療法などあることにきがつきませんでした。周りから漢方に対して良い答えが返ってこなくて私自身あきらめていたやさきCATさんのメールにきずき少し希望が見えてきた気がします。

詳しい事がまったくわからないので今必死にしらべてます。CATさんはこの治療はされなっかのですか?今分かってるなかでなにかデメッリトがあるんでしょうか?
今の父の状態が少しでもましになる何かがないのか一度他の先生にも見てもって転移の状態もしらべてほしいと父を説得したら何もかも拒否していた父が行くきになってくれました。

すこし前進です。紹介状をかいてもらって明後日行くことになりました。そのときに動注化学療法のことも相談してきます。ほんとありがとうございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
187.
教えてください
投稿者 :54才の男性です投稿日:2005/07/06 02:04

昨年の十月に『肺ガン』と医師に宣告され、3ヵ月間入院しました。肺ガンの進行度はステージVbです。 何度か抗癌剤を打ったのですが、今は頭の方に1ヵ所、肺の方に2ヶ所転移をしています。

担当医いわく「あなたの場合、腺ガンだから手術は出来ない、それともう手の打ちようがが無く、かなりのスピードで進行している」といわれ、かなりのショックを受けました。又最近では食事がのどに詰まる様な感じもあります。
食事が詰まった時の対処方などこの私の肺ガンに対する何か良い知恵を教えていただければ幸いです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
186.
卵巣がんについて
投稿者 :とんちゃん投稿日:2005/07/04 23:53

母が今年初め、卵巣がんの手術を受けました。2割ほど腸に癒着していたため、今、抗癌剤治療を行ってます。

今現在、2回終了しましたが、マーカー数値がかなり高いらしです。先生に何クールですか?
と聞くと、分からない。元気な間は打ちましょう。との事です。
卵巣がんには、何回クールとかは分からないものなのでしょうか??

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
185.
>>178 融資について情報をください
投稿者 :こうじ投稿日:2005/07/03 23:06

某都銀に勤めているものです。一年前まで、半年間だけ住宅ローンの担当をしていましたので、私の知っている限りでお答えします。

プロパーローンといって、団体生命保険無しで、貸し出す方法があります。但し、金利は通常よりも2%程高くなります。(現在3〜4%程だったと思います。)通常より審査が厳しくなりますが、担当者に相談されてみてください。当然その他の条件(頭金、年収、職業、過去の借金暦等)は問題ないことが前提になります。通常の手続きと異なるので、担当者は「出来ない」という可能性もあります。

「出来るはずです」と粘ることも必要かもしれません。これはあまり大きな声では言えませんが、私が担当者だったときに団体生命保険に入れないお客様に、入れるように画策しましたが、上司に「あまり積極的にやらないこと」と釘をさされました。生命保険等の相談も乗っていたのですが、何か問題が起こったら責任を取らされるのは銀行側で面倒くさいことはするないう考えなんですね。

最悪ですが。 またご法度ですが、うそを告知する方法で住宅ローンを引き出すことはできます。但し、ご本人が亡くなった場合、保険が出ないので、担保である家を売却の上返済にあてるか残されたご家族が一括で支払いを行うことになります。
また法律的に詐欺罪等の適用になる可能性もありますが、こちらはどうなるかはわかりません。(もちろんお勧めもしません。)

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
184.
胃がんの病後の不調
投稿者 :kamakura投稿日:2005/07/03 23:50

はじめまして。81歳の母が3年前に胃がんで全摘の手術を受けました。
いまだに食が細く、時々食事中に食べ物がつまって辛そうにしています。
最近またその症状が多発しており、食欲も落ち、年齢からいっても体力が落ちることが心配で仕方ありません。

食事がつまってしまった時の対処法など、胃がんの病後の症状の改善について、何か良い知恵を教えていただければ幸いです。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
183.
ニッキさんありがとう
投稿者 :23歳娘投稿日:2005/07/02 23:50

こんにちは、お返事有難うございます。
私は福岡に住んでいます。家族は北九州市というところ(結構田舎です)にいます。 福岡にも九大大学病院や国立がんセンターはあります。特に九大大学病院は歯科学関係には強く私も父にそこに行くように薦めました。しかし父は拒むんですよ。。結局北九州の市立病院に居ました。

私は出来るだけ永く生きて欲しくてお願いしましたが、父は地元から離れたくないらしいです。その気持ちを分かろうとは思っていますが娘としては複雑です。。

お母様は精神ともに元気ですか?もちろんニッキさんも元気ですか?
どうぞヨロシクお伝えください。
そしてお母様と過ごす時間を大切にしてくださいね!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
182.
Re:東洋医学教えてください
投稿者 :CAT投稿日:2005/07/01 14:33

CATと申すものです 私は舌癌のステージV(T1N1M0)です 舌部分摘出、頚部リンパ節郭清、放射線治療、化学療法による2ヶ月の治療を行いました 経過観察が始まり1年経ちました。

Ryoさまへ 舌癌末期のお父様がおられるという事だそうで 外科手術による全摘出という事は言葉と食事という人間の生活の基本となる行為に対して重い障害を負うことになります。ですからお父様の気持ちは非常に理解できます。

それでRyoさまは外科的治療以外の方法として東洋医学による漢方によっての治療をお探しなのですね 私が知る、外科的手術以外の進行舌癌への治療方法として「動注化学療法」があります 以下はRyoさまが動注化学療法をご存じないことを前提に述べます。

比較的新しい治療方法で、5年生存率や副作用などの長期的な観察結果が乏しいのですが、進行した症状への適応も十分に可能ということで、根治の可能性もあるということです なにより、舌機能(形状、味覚、発声)を損なわずに治療できる可能性があります

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
181.
東洋医学教えてください。
投稿者 :Ryo投稿日:2005/07/01 03:02

父が二年前に末期の舌癌と診断されましたが奇跡的に助かりました。
でも再発と舌を取らなくてはならないといわれその後うつ病になりなした。

そして、今年の3月に再発し父は家族にその事実を隠し、手術も治療も転移の検査も拒否し一人で死を覚悟していました。母が気づき最近私は知らされとてもショックで。父は舌がなくなって話ができなくてたべることもできないなら手術をうけないといっているみたいだけど、それでも私は父に生きていてほしいと思うことは私のエゴなんでしょうか?
色々調べると東洋医学では舌をとらなくても漢方の抗がん剤を投与することで痛みがなくなるとか癌が小さくなるとかの効果があるときいとんですがほんとうですか?

日本では認可されてないみたいで高額ときいたんですが父が今の状態より少しでもよくなるならためしてみたいいんです。二月に作られたばかりの漢方があるときいたんですがご存知の方教えてください。おねがいします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ