癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌(がん)三大療法

「ガン患者の集い」へようこそ!あなたもここでおしゃべりしませんか?

★ガンに関する情報から闘病生活のことなど、どんな事でもお気軽に書き込んでください。
★掲載に関しては、スタッフが投稿文を抜粋し、随時更新しておりますのでご了承ください。
★実在する団体名や商品名などは、当サイトで一部修正する場合がございますので、予めご了承ください。
★商用利用、誹謗中傷、いやがらせ、公序良俗に反する内容はお断りいたします。

※ご入力頂きました内容はSSLにより暗号化されて送信されます。

下記の入力フォームにて投稿してください。 ※必須入力です。
お名前(ハンドルネーム可)
Eメール
※(一般には公開しません)
タイトル
投稿する文章をお書き下さい

60.
こんにちわ
投稿者 : ぷーさん投稿日:2005/04/13 09:04

はじめまして、今日始めてサイトを見ました。私も癌患者です。
まだ、子供も、小学生2人をもつ、母子家庭です。

去年から3回手術しましたが、病院の選び方は大切と思います。先生に言えなくて、1つの病院で我慢してしまう人も多いと思いますが、自分の命は周りでも大事です。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
59.
大腸がんの再発?
投稿者 : atsushin投稿日:2005/04/13 04:50

結腸癌手術後2年半で、腫瘍マーカーの数値が上がってきたため、胸腹骨盤のCT、頭頚部のCT、PET検査を受けました。
結果は、どの画像に異常は認められませんでした。

医師の指導で抗がん剤治療(5FU+ロイコボリン)をはじめ、平岩先生の本を読みました。
5FUの量を1回目500mg、2回目600mgにしました。一寸体がだるいくらいの副作用なので、3回目は 750mgにしようかと思っています。

同様の病気の方いらっしゃいませんか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
58.
父が前立腺癌に
投稿者 : P3投稿日:2005/04/12 22:28

この間まで元気だった父が少し運動しすぎたのをきっかけに寝込み、病院に検査入院したところ、前立腺癌であることが 判明しました。
しかも、既に末期で手の施しようがないという状態です。

もともと食欲のない人だったために栄養不足で体力不足。色々な合併症を引き起こしました。
合併症の方はひとまず落ち着きましたが、ほとんど全身の 骨に転移しており、ホルモン療法もどこまで通用するのか分かりません。

また、主治医でない診察をしにきた医師がうっかり本人に癌であることを話してしまい、本人はとても大きな ショックを受けました。

これから先、父を見守ることしかできないのが残念です。また看護をしている母も心配です。
しかし、最後まで 諦めずに父を励ましたいと思います。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
57.
えみさんへ
投稿者 : きぼう投稿日:2005/04/12 11:51

初めまして、僕は42歳のときに進行性胃癌で、胃と周囲のリンパ節、脾臓の全摘、すい臓の一部を摘出しました。
人間ドックで胃に潰瘍があると言われ、組織検査したら癌と分かり、直ぐに手術をしました。
自分としては健康体でまさかと思いました。まさに青天の霹靂でした。

しかし、まだその当時は中学生と小学生の子供たちがおり、まだ癌には負けられないという思いで、術後いろいろと出てきた後遺症や抗がん剤の服用にもなんとか耐え、昨年の春に胃の摘出のため出来た胆石の摘出手術を受けたものの、お蔭様で術後から6年が経ちました。

とにかく明るく、楽しく、前向きに自分を大事にして、無理しないでください。大丈夫ですよ。
ある方に言われたのですが『病気は、お医者さんたちの力が30、あなたの周りの方の支えが30、そして残りの40はあなた自身の力ですよ』って。

毎日毎日を大切に慌てず、焦らずに、ゆっくりと進んでください。
必ず元気になれますよ。大丈夫!

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
56.
メッセージありがとうございました。
投稿者 : えみ投稿日:2005/04/12 08:45

フレッシュさんの励ましのお言葉、ありがたくて涙が溢れてしかたありませんでした。ありがとうございます。同じ病気の方からのメッセージは、心に染みます。

私はすごく落ち込みやすい性格ですが、3日くらいとことん落ち込むと、また立ち直ることができるので欝病にもならずに済んでいるのかもしれません。

私はステージVa入ってしまった進行胃癌ですので、フレッシュさんより前途多難です。けれども、医師からは十分生きていかれるし、再手術でより確実になると言われたのです。他の臓器に転移して手術は無理と言われたわけではないので、前向きに考えていこうと思います。

私は癌になったのは不運ですが、やはり幸せ者です。私が良くなることだけを願ってくれる家族、強くて優しい主人がいます。私を失いたくないと言います。まだまだ私を必要としてくれる子どもたちがいます。病気になんて負けていられない。絶対しぶとく生きていくんだって、自分に喝を入れてがんばろうと思います。

手術から1ヶ月と少したち、家事全般はまだ無理なのですが、食事作りと子どもたちのお弁当作りに励んでいます。食事が摂れず体力がないので、すぐ疲れるのですが、家族に甘えてばかりいないで役にたちたいという気持ちがようやく芽生え、早起きをしてがんばっています。

今の私は、家族に「お母さんの料理がやっぱり一番おいしい。」といってもらえることが何よりうれしくて。あとは自分自身の体力回復にも努め、来年の桜を楽しみにあせらず闘病、療養します。

こちらのサイトに出会えて勇気をもらいました。ありがとうございました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
55.
えみさん元気を出してください!
投稿者 : フレッシュ投稿日:2005/04/10 15:38

えみさんの書き込みを何度も何度も読み返し、もしも自分だったらと思うと涙が溢れそうになり、応援のメッセージを送りたいと思います。

私も1年3ヶ月前、早期胃がんで胃を4分の3とリンパ節を切除しています。
幸いにも抗がん剤も使わず半年目、1年目の検査でも異常はなく今は元気です。
手術から2週間で退院しましたが、半年位はダンピング症状がひどく、体重は10キロ減りました。

今は、主治医の先生の薦めでワインを飲みながら食事を楽しめるようになり、体重もわずかですが増えてきています。

1年に2回位の手術は、たいした事がないと言われた医師の言葉には驚きます。
医師にとって手術は日常茶飯事でも、患者にとっては命をかけた一大事。
私も手術の前は怖くて、先生や若い看護師さんの前で、何度も涙を流しました。

私から見ると、えみさんが弱虫なんてとんでもないし、心の整理をつけたいという姿勢自体前向きで、とても強い心の持ち主だと思います。
心の持ち方は自分でどうにでも出来るのですから、とにかく元気を出してください。応援しています。
私は、心が元気だと身体も元気になると信じています。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
54.
さくらんぼさんへ
投稿者 : ゆうゆう投稿日:2005/04/10 01:15

私は、仕事でお世話になっている方の癌を一昨年知らされて、凄く切なく一人になると涙が出て仕方ありません。何で良い人が苦しむのかとか、何の力にもなれない自分にも腹立たしく思います。
その友人にも、メチャクチャかわいいと自慢していた子供と奥さんがいるのに。

認知症で介護状態だった父が短期で介護施設に入ったので時間もでき、またインタ−ネットを始めることができたので、私にできるなにかが見つけられればと思い検索しました。

そこでここを知り、さくらんぼさんにその友人がダブってしまいました。
私には頑張れとしか言えず、薬だけでなく他にも試してと前に言ったことがありましたが、あまり信じていないようで。

私も色々あったとはいえ、連絡もしてないんです。
さくらんぼさん、こんな無能な私からですが、色んな面で大変だと思うので、さくらんぼさん自身が体を壊さないようにしてくださいね。
こんな事しか言えないでごめんなさい。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
53.
現在
投稿者 : ゆきえ投稿日:2005/04/08 20:26

末期ガンの祖母が1日2回のモルヒネ投与になりました。
もう目はうつろで、会話があまりかみあわなくなりました。

でも・・・正気の時は辛い辛いといっていただけに正直ほっとしました。
このまま訳分からなくなって最期を迎えるのかと思うと、痛み苦しみながらよりもいいかと。

最期の日まで現実を受け止め、見守り続けようと思います。
もう前の様な祖母には会えないけれど。。。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
52.
胃癌の手術をして間もないのに
投稿者 : えみ投稿日:2005/04/06 12:23

私は、41歳の主婦で、2月に進行胃癌が見つかり、3月上旬に胃癌の幽門側3分の2切除の手術を受けた者です。
病院は手術待ちの人でいっぱいだったため、若いからということで術後1週間で退院させられました。退院して1週間くらいは傷もまだ癒えずつらかったのですが、家だと安心してよく眠れるのが救いでした。病院では夜まったく眠れず昼間うとうとするくらいでしたから。

昨日が退院後初めての外来だったのですが、医師にいきなり細胞病理検査の結果が悪かったので、再手術であと少し取った方がよいと言われ、大きなショックを受けました。
手術後の医師の説明では、悪いものはすべて取れたので、再発の心配もほとんどないでしょう。と言われていただけに、ショックで倒れそうでした。
術後やっと1ヶ月、ちょっとずつ傷の痛みも和らいで、初めて昨日、外出が出来たというのに。
毎食後ひどい早期ダンピング症候群に苦しめられ、それでも家族のために少しずつ食べて、一日でも早く元気になろうとがんばってきた矢先のことで、悲しくてたまりません。
早くて夏か秋、私の体力が戻った時に、また同じところを開腹する予定です。

元気になった頃に、また1から出直し、振り出しに戻ると思うとたまりません。
また、家族に大きな心配と迷惑をかけると思うと、押し潰されそうです。
幸い私は早く子どもを産んだので、娘、息子は高校生で頼りになります。
母親想いの優しい子どもたちです。
小さな子どもたちだったら、もっとつらいし主人の負担も大きすぎたでしょう。

そして、再手術は医師が念のため残ってるとあとで後悔するから、体のダメージは大きいけれど、早期癌がまた見つかったと思ってやりましょうということなので・・・。もう手術は無理です。と言われるより私は幸せ者なのかもしれないと思ってみたり。
でも手術は正直怖いのです。
今回、体重が一気に10キロ減り、もともと低血圧症のため、衰弱して思い知らされました。
けれでも、ドクターにいわせれば、1年に2回の手術くらいたいしたことないそうです。

やはり私は弱虫でしょうか。一番いい方法を選んで痛みと苦しみに耐えて、三歩下がっても前に一歩ずつしか進むしかないのは分かっています。
ここに書き込みさせていただくことによって、心の整理をつけたかったのかもしれません。
もっと厳しい現実に苦しんでおられる方もいらっしゃるのに、ごめんなさい。
長々と失礼しました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
51.
末期の前立腺癌
投稿者 : まこ投稿日:2005/04/05 22:32

父68歳が一昨年の冬に前立腺癌の告知を受け、ホルモン剤等で治療しておりましたが、今年に入りPSAが44まであがりホルモン治療が手詰まりになったため、抗がん剤(副作用ほとんどなかったようです)を週一回6回打ちましたが、一旦下がったPSA値が上昇し、現在29になりました。

来週これからの治療について主治医と相談するのですが、前回の相談の時に今の抗がん剤が効かない場合、もう一つの強い抗がん剤を試すと言われており、以前本で前立腺に抗がん剤はあまり効かないと書いてあり、今後どの様に対応すべきか、悩んでます。

代替療法としては、三月中旬からアガリクス(1か月五万円程)のみ試してます。
尚、父の癌は末期で、骨転移があります。現在まで非常に元気で末期とは思えないほど、普通に暮らしてます。
どなたか、同じような経験をお持ちの方アドバイスください。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
50.
鍼灸、自然療法の手当ても有効です
投稿者 : 聡哲投稿日:2005/04/05 18:43

鍼や灸、自然療法の手当てでも、癌の痛みを軽減することはできますよ。
昨日も東京広尾の日赤病院の緩和ケア病棟に、患者さんに往診を請われて行ってまいりました。
私が患者さんの臀部の皮内鍼を貼り変えている最中に、主治医の先生がいらして、私の手元を観察しながら「鍼が痛みを抑えてくれているようですね」と、言っていました。

その方は大腸がんで肺、腰椎、骨盤にも転移がある方ですが、腰から太ももにかけての激痛がある時は立ち上がることができないのですが、皮内鍼を貼った後は痛みが軽減されて自立歩行でトイレにも行かれています。

このように緩和ケア病棟の医師には、鍼灸に理解のある先生も多いです。
また、皆様には国立がんセンター(東京・築地)麻酔科では鍼灸治療が行われており、鍼灸師が癌の痛みや諸症状の緩和の為に勤務していることも知って頂きたいと思います。

決して宣伝で書いているのではありません。ここに書かれているような皆様の症状の緩和には、現代医学と併用できる信頼できる伝統医学があること、そして実際に効果を上げていることを知っていただきたく、投稿させていただきました。

皆様の症状が早く良くなられるよう、お祈り申し上げます。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
49.
東洋医療も試してみては
投稿者 : Coco投稿日:2005/04/05 16:37

はりや灸ががんに効くとは思えませんが、胃腸の調子や足腰の痛みにはかなり効果が期待できるようです。
私自身も常々、3日おきくらいにしか便通がなかったものが、針治療をうけてから安定しています。

骨盤内の血行不良からくる痛みには、なかなか効果的な治療法がないと聴いたこともありますが、確か(記憶違いだったらごめんなさい)、順天堂の泌尿器科には、そういう場合にも対応してくれる先生がいると聴いたことがあります。

鎮痛剤のように眠くなることともありませんし、試してみては如何でしょう。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
48.
転移はなかったらしいのですが…
投稿者 : サンシャイン投稿日:2005/04/04 21:03

私の会社の社長は、膵臓癌で3カ月程入院し、鼻からはチューブを通して袋の中に茶色い体液を絶えず出していました。

入院中はピンポイントの放射線治療と抗ガン剤治療を受け、今後は通院しながら抗ガン剤投与を1年間は受けなければならないと聞きました。
ご家族の話によると、膵臓の腫れが強く、大動脈に近いために、手術はおろか生検さえできなかったそうです。
その件は、告知を受けたと言う社長本人は知らないようですが、本人は他に転移はなかったと語っています。

今、社長本人が一番悩んでいるのが、尾てい骨の痛みや足の痛みに加え、陰茎も痛いとのこと、便秘3日下痢3日で、夜も眠れない程つらく、四六時中腹痛があるとの事です。
病院では、鎮痛剤を毎食後3錠ずつ処方されているようなのですが、それを飲み続けていると、痛みは和らぐものの倦怠感が強く、「覚醒剤でもあればスッキリ するかもしれん」などと言うほど、悩んでいます。

その辛さは本人にしかわからないし、何もしてあげられずもどかしく思っています。
具体的なことを聞くには、病気が病気なので、慎重にならざるをえず、「大変ですね」と話に相づちを打つくらいしかできません。

どなたか、同様の体験ならびに、よきアドバイスをお願いします。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
47.
診断結果
投稿者 : かたやん投稿日:2005/04/04 18:41

投稿しようかどうしようか悩んだ結果、こういうこともあるのだと、皆さんに知ってもらいたく、カキコさせてもらいます。

私の母は3年ほど前、自転車に乗ったとき、右のおしりにしこりのようなものがあるのに気付きました。 しかし、腫瘍にしては、かなり固かったこと、丁度その時期に、糖尿を患って体重が減ったことから、骨ではないかと思い、そのまま放置していました。

すると、昨年右足の内側のリンパに、 腫瘍のものができて、足が腫れはじめ むくんでくるようになりました。

さらに、今年の1月血痰がでたので、近くの病院にて診察を受けました。
すると、X線の結果、左肺に影が見られるので、大きい病院に検査入院して下さい。と言われ、 大阪市内の某総合病院に検査入院しました。

3週間弱入院し、医師から告げられた結果は、肺ガンステージ4でした。
私が”ではどこの臓器に転移しているのですか?” と尋ねると医師は、 ”右足のリンパに転移してるんだから、全身に転移しているに決まってます。”と言いました。
それって検査してないってことですよね??
更に、いくら患者が希望しているからといって、いきなり家族になんの説明もなく、ステージ4を宣告することはない。と聞きました。

そこで私たちは、違う学閥の病院へセカンドオピニオンで行き、診察を受けました。 肺ガンということで、胸部外科を受診したのですが、 その先生は

1.肺ガンに特徴的な転移(肺のリンパ等)が見られないこと
2.右腹部のリンパが腫れているので、婦人科系統もしくはその周辺が原発である可能性が高いということ
3.前の病院では、細胞診のみで、生検を行っていないこと
4.婦人科を受診した形跡がないこと
5.整形外科も受診していないこと
6.最初に症状の見られたおしりは、触診のみで終わっていること

以上の点から、肺が原発であると現段階では判断できないと言われ、すぐに婦人科と整形外科の診察、おしりのMRI、右足リンパの生検を行いました。

すると、肉腫の可能性があることから、PETの受診をすすめられ その結果を今日聞いてきました。

やはり、線癌ではなく肉腫であると 判断され、さらに大きな病院に 移ることになりました。

前の病院の医師が告知の際、この病理の結果は、とりあえずのものだから、詳しい結果がわかったら連絡すると言ったのに、 一ヶ月以上経った今でも連絡がなかったので、今日行って話を聞いてきました。

病理の検査の結果が癌とでているので、癌に間違いない。肉腫はありえない。の一点張り。他の可能性について話すと、うちの病理は優秀だから。とのこと。 では、肺の内視鏡検査と足の細胞診だけで、 どうして3週間近くも入院したのかと いうことに関しては、 ”肺梗塞のおそれがあったから。” じゃあどうして今母は退院しているんでしょうか? 検査結果の通知が1ヶ月こなかったのは、特殊染色をやっていて時間が掛かったから。セカンドオピニオンというのは、普通、診断結果をもとの病院にまた持ってきたり、向こうの医師から病理に関するデータの問い合わせがあるものだから、それを待っていたとのこと。

全て言い訳がましく、納得できません。

ちなみに兄は、その病院で16年近く糖尿で通っていました。 通院を辞めたきっかけは、処方されたある薬の副作用を訴えているにも関わらず、さらにその薬を 増やし、インスリンを人の4倍近く使用させていたため、副作用で腎機能が弱り 水が40kgもたまったためでした。

立て続けに同じ病院でこのような事がおき、病院は一つではいけないということを、痛感いたしました。 また、同じような診察を受けている方がいるかと思うと、矢も楯もたまらず投稿させていただきました。 長々とすみませんでした。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
46.
かたやん様
投稿者 : 東投稿日:2005/04/04 17:49

ありがとうございました。
肝動脈塞栓療法(TAE)を薦められ、同意致しました。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
45.
はじめまして ミーさんへ びわ温灸を主人にしてます
投稿者 : さくらんぼ投稿日:2005/04/04 01:09

主人が1年半ほど前に腎臓がんのため、腎臓の摘出手術を受けました。

すでに、肺に転移をしていたため、インターフェロンを1年ほど注射をしていましたが、去年の秋に肺に水がたまってしまったため、インターロイキンの点滴に変えて治療を続けていました。

そんなときにびわの葉温熱療法を見つけまして、2ヶ月くらい続けてます。
肺の腫瘍は点滴も効いているのでしょうが、大きくはなっていないという感じです。
本人は体を温めるので気持ちはいいようです。
ただ、先日脳への転移が見つかり、近く放射線治療もする予定です。

癌の治療は経済的にも精神的にも、本人もまた家族も 大変です。
主人と私は子供(8歳、6歳)に苦労はかけたくないということを1番に、継続してできることをやっています。 例えば食事の内容に気をつけたり、びわ温灸をしたり・・・あと、アガリスクとプロポリスを飲んでます。

運良く主治医の先生も何でも話してくれて、また、こちらの言うことも聞いてくれて、一緒にがんばっていきましょうと言ってくれる信頼できる先生に出会えたので、あえてセカンドオピニオンは受けていません。 ただ、そんな私たちに批判的な親戚もいて・・。

いろいろ、HPを見たつもりでしたが、今日始めてここを見つけました。
みんながんばっているんだなって思って、転移の話を聞いてへこんでいた気分がちょっと元に戻りました。子供のためにも、同居している主人の両親のためにもそしてもちろん主人のためにも私がくよくよしていられません。

明日からも笑顔でがんばります。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
44.
父の闘病とつのる不安
投稿者 : 下の娘投稿日:2005/04/03 01:07

どうしようもなく不安で、いろいろ調べているうち、ここにたどり着きました。

癌患者は私ではなく、父です。先月半ばに直腸癌と診断され、絶食と点滴の日々を経て、30cm弱も腸を回りのリンパ節とともに切りました。

術前、手術方法は3通りあり、開腹後どの方法になるか決定されると言われました。

1.患部並びに回りのリンパ節を一緒に取り除き、その後残りの腸を肛門付近まで引っ張りつなぎ合わせて、後も自分の肛門からの排泄が可能な方法。
2.1.の方法で手術するも、後にそのまま自分の肛門からの排泄がしばらく難しい場合、一時的に人工弁を腹部に装着し、可能になるまでは人工弁での排泄。
その後、自分の肛門からの排泄が可能になった時、あらためて人工弁を取り外す方法。
3.永久的に人工弁の使用となる方法。この説明を聞いて、本人は人工弁になることは避けたいと考えていました。

実際、手術の結果は、父や家族の中では一番の希望の方法1.の手術方法で、先生曰く「成功だった」ようである。 が、それから何日かして父の具合が悪くなり・・・。
肛門と腸のつなぎ合わせの部分から内容物(食事はとっていないので、薬の成分の様な物なのか、分泌物の様な物なのか・・・、よくわからないのだけど)が漏れていて、急遽、2.の手術をしなければならないという事態になり、即、手術。

手術の際、腹膜炎を起こしている事が判明し、腹部の中を洗浄する、点滴をするなどの処置をされるも、血圧が安定しないからと、人工呼吸器につながれ、投薬にて眠らされている状態。

さらに、血圧が翌日には安定するだろうから、その時はすぐに人工呼吸器は外されるという説明を受ける。が、しかし安定せず、そのままの状態が続き、さらに何日か経ってから、肺にタンがたまっていて、それが血圧の安定しない原因だということで、そのタンを取り除きやすいように、また、たまりにくくするために、気管切開をして、喉に管を装着し、そこからタンを吸引するというので、今度は喉にメス。

それから、父はまるで植物状態のような感じ・・・。
薬で眠っているとはいうものの、機械や、たくさんの点滴、寝たまま反応もないし・・・。
「安定すれば」とそのつど説明されるが、変わりの無い状況に先生にも不信感がつのって。

実際、この様な状況というのは起こりうる状況、さらには考えられる処置なんでしょうか・・・。

病院を変えたいという気持ちもあるのですが、今の父の状況で転院は、やはり無理な事なんでしょうか。 付き添っている母の話しでは、日に何度も内視鏡検査をしているらしく、その検査の度に血圧が不安定になったり、熱が上がったりするらしく。
日に何度もの内視鏡検査は必要なんでしょうか。

しかも、検査を違う医師がしていくらしく「先ほど別の先生が検査していきました」と母が言うと、それならばということで、何もせず退室するそうです。
検査結果はそのつどカルテに記入するなどして、患者に余計な負担がかからないよう配慮はされないのでしょうか。いくら、寝ているからと言っても、父は辛いらしく涙を流したりするらしいのです。

実際、検査と涙は無関係なのかもしれないのですが、状況だけを見ている母には、とても父がかわいそうでならないようなのです。

術後2週間の間にあれよあれよという間の出来事にとまどいも大きくて・・・。術前はあんなに元気だったのに。 すでに実家を出ている私は、離れた場所にいるので、思うように病院に行く事もできず、母に任せっきりになってしまって、毎日変わらない状況を電話で確認する日々です。

病院での対応に不信感を持ち、どのように対処されたか、どなたかお聞かせ下さいませんか?
また、同じ様な状況になった方いらっしゃいませんか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
43.
よしこさんへ
投稿者 : かたやん投稿日:2005/04/02 21:25

正直言って、手術できるできないというのは、専門医でないと判断できません。

他の治療法で、癌が縮小されれば、手術するというものかもしれませんし・・・。
こればかりは何とも・・。

もしも、どうしても違う治療法をということであれば、下にカキコしたのですが (何度も同じコメントで申し訳ないです。)、セカンドオピニオンはどうでしょうか?

その際、違う学閥の病院で、受診されることをおすすめします。
同じ学閥の病院だと、所見が同じになる可能性があるからです。

ただし、セカンドオピニオンでは、手続きや診察、追加検査などで、時間が掛かる場合があります。
緊急性を要するのであれば、事前に受け入れや対応等可能か、問い合わせされれば良いかと思います。

あまり参考になるような情報がなくて、申し訳ありません。

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
42.
ミーさんへ
投稿者 : かたやん投稿日:2005/04/02 21:10

私自身は、癌患者ではないのですが、ゲルマニウムに通ってます。
まだ行き始めて間がないので、効果の程は何ともコメントしずらいのですが(踵のガサガサがなくなったくらいでしょうか? 新陳代謝が良くなったのかな??)、免疫力を上げるということなので 悪くはないと思います。

私の母(現在原発不明癌)は、足にしこりが出来ているため、むくみと座ったときの痛みに悩まされています。ですから、定期的にゲルマに通うのはつらそうでした。
そこで、ネットで見つけたラジウム温泉器を購入しました。 使い方は簡単。自宅の湯船に入れるだけです。 癌に対して、即効性があるかどうかはともかく、痛みが随分楽になり、死人のような色をしていた手足がきれいなピンク色になって、肌荒れも 改善されました。

価格は40000円ほどでした。 半永久的に使えるそうですよ。

ゲルマは、お店によって料金が違います。 私の通っているところは、1回20分で1000円。 2ヶ月使える回数券と 、1ヶ月何度でも使えるフリー券があります。

複数の店舗をピックアップして、通いやすいところを探されてはどうでしょうか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック
41.
はじめまして
投稿者 : ミー投稿日:2005/04/02 12:42

私は、昨年5月に大腸癌の手術をしました。
その時すでに、脊柱に転移しており、場所的に手術はできません。現在は、抗癌剤のみの治療をしています。放射線治療もしましたが、いい結果は得られませんでした。

姉が心配して、色々調べて、くれます。ゲルマニュウム温泉、びわの葉温シップ、びわの種、しかし、何が良いのかわかりません。

年金暮らしには、薬代金も大きな負担です。どなたか、温泉、びわ等試された方いらっしゃいますか?又は、試した方をご存知の方はいらっしゃいますか?

当掲示板は提携医療機関からの賛助金で運営されています。
自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療) − 免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | 癌(がん)三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ