癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

<strong><big>高度活性化NK細胞療法</big></strong>について

免疫療法の中でも「副作用の無い療法」としていま注目を集めている養子免疫療法
その中でも最近特に人気の高い「高度活性化NK細胞療法」を特集します。

NK療法とは?

ナチュラルキラー細胞とは、その名の通り生まれながらに殺傷能力を備えている免疫細胞(リンパ球)の一つで、他の免疫細胞とは違い、誰の命令も受けずに体の中を幅広く行動し、癌(がん)細胞に対して攻撃が出来る非常に優秀な免疫細胞なのです。そしてそのNK細胞を用いた養子免疫療法が、現在注目されている「高度活性化NK細胞療法」です。

高度活性化NK細胞療法とは?

高度活性化NK細胞療法とは、がん治療(癌治療)によって弱ってしまった自分のNK細胞を抽出(採血)し、それを専門の培養機器で培養・活性化させたものを再び体内へ戻すことにより、癌(がん)細胞を殺傷していく免疫療法です。攻撃能力に優れ、癌(がん)細胞に対しての殺傷性が高いNK細胞を利用したこの療法はがん(癌)に対して非常に効果も高く、QOLの維持という点でも非常に優秀ながん治療(癌治療)法といえます。

<strong><big>高度活性化NK細胞療法</big></strong>で免疫を活性化

もちろん、免疫が活性化されたことによる効果はそれだけではありません。
例えば癌(がん)を完治された方にとって一番重要な問題に「再発」がありますが、これはNK細胞を活性化させることにより防ぐことが可能です。
他にも「体が軽くなった」「元気が出てきた」という体験者の報告があるようですが、これは免疫が活性化されることにより、いちばんわかり易い「体感」だといえるでしょう。
いままでの辛い闘病生活で身も心も疲れ果ててしまい、治療に対しての意欲が無くなってしまった方の場合でも、体が軽くなったり元気が出てくると、自然とがん治療(癌治療)に対する姿勢が前向きになることができます。もちろんその時からだの中では、実際に免疫が元気になり、癌(がん)細胞も活性化されたNK細胞によりどんどん消滅させられているのです。

<strong><big>高度活性化NK細胞療法</big></strong>の特徴

1.殺傷能力が高い2.副作用がほとんどない3.どんな<strong><big>癌(がん)</big></strong>細胞にも攻撃

高度活性化NK細胞療法には次のような特徴が挙げられます。
@癌(がん)細胞に対しての殺傷能力が非常に高い
A自分の免疫を使用して行う療法なので副作用が少ない
B抗原抗体反応※が無いのでどんな癌(がん)細胞にも攻撃が出来る  
※抗原抗体反応・・・一度認識した相手を攻撃することが出来るが、逆に認識の無い相手には攻撃ができない。

第4の治療法の<strong><big>高度活性化NK細胞療法</big></strong>

このようにNK細胞を利用した免疫療法は、いま非常に注目されています。中には健康食品などを使った免疫を強化する代替療法もあるかと思いますが、副作用の無い反面、効果の面では即効性の期待できない点も否定できません。しかし高度活性化NK細胞療法はこれらを克服しているがん治療(癌治療)法ですので、初めて利用する方や不安な方でも安心して治療を行うことができます。

苦痛を伴わず、その効果も認められてきている「免疫療法」 、それはがん治療(癌治療)における「第四の治療法」となり、癌(がん)患者に新たな希望が増えたといっても過言では無いでしょう。

高度活性化NK細胞療法の詳しい情報についてはこちらの日比谷内幸町クリニックをご覧下さい。
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | がん治療の三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ