癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

癌治療(がん治療)の三大療法

癌治療(がん治療)の三大療法とは : 【外科療法】 : 【化学療法】 : 【放射線療法】

■ 問題残す現在の癌治療(がん治療)

お医者様から「あなたは癌(がん)ですよ」と診断されたら、きっと多くの方が病院に入院して癌治療(がん治療)を受けることになるでしょう。
しかし、患者さんが自ら癌治療法(がん治療法)を選ぶことはほとんどありません。病院毎に設備も治療方法も異なります。 外科療法化学療法放射線療法といった癌治療(がん治療)を行う上で、医師の専門分野によって癌治療法(がん治療法)が固定されてしまう例が少なくないのです。

■ 癌治療(がん治療)には腫瘍科?

また、現在の日本には内科、外科、消化器科という診療科はあっても「腫瘍科」という診療科は確立されていません。欧米ではメディカルオンコロジー(腫瘍医学科)、サージカル・オンコロジー(腫瘍外科)、ラジエーション・オンコロジー(腫瘍放射線科)、ジャイネコロジック・オンコロジー(腫瘍婦人科)など、腫瘍専門の診療科が独立していて癌(がん)(悪性腫瘍)のみならず良性腫瘍であっても、すべて腫瘍専門医や腫瘍専門病院で診療が受けられるようになっています。最善の癌治療法(がん治療法)として集学的治療がシステム化され、実施できる体制が出来ているのです。その点では日本の癌治療(がん治療)体制は欧米に比べて若干遅れており、こうした体制の強化が今後の課題ともなっています。

■ 癌治療(がん治療)の主軸となる「三大療法」

皆さんは癌治療(がん治療)の「三大療法」という言葉をご存知ですか?
現在日本で主流の外科療法化学療法放射線療法は、「癌治療(がん治療)の三大療法」とも呼ばれ、癌(がん)にかかってしまった場合の一般的な治療法となります。

また、一般的には複数の癌治療法(がん治療法)を組み合わせ、それぞれを補い合い治療を行うという集学的治療が現在の癌治療(がん治療)の方針と言えます。集学的治療は外科療法化学療法放射線療法が主軸となりますが、近年第四の癌治療法(がん治療法)と言われる免疫療法なども注目を集めています。

次に癌治療(がん治療)の三大療法と呼ばれる代表的な癌治療法(がん治療法)の詳細を見ていきましょう。

外科療法
化学療法
放射線療法
癌治療(がん治療)の三大療法とは : 【外科療法】 : 【化学療法】 : 【放射線療法】
※参考資料・・・・「がんの早期発見と治療の手引き(小学館)」

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック - 自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療)
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | がん治療の三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ