癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

三大療法について

化学療法について
■ 化学療法とは?

癌(がん)の化学療法は化学物質(抗がん剤(抗癌剤))を用いて癌細胞(がん細胞)の分裂を抑え、癌細胞(がん細胞)を破壊する治療法です。化学療法とは20世紀初頭に近代治療学の天才といわれるドイツのエールリッヒ博士がはじめて使った言葉といわれています。抗がん剤(抗癌剤)は静脈に注射するか、内服すると血液中に入り、全身の隅々まで運ばれて体内に潜む癌細胞(がん細胞)を攻撃し、破壊します。全身のどこに癌細胞(がん細胞)があってもそれを全滅させる力を持っているので、全身的な治療に効果があります。
癌(がん)は全身病と呼ばれるように、早期にはある部位に限定している局所の病巣が、しだいに全身に広がって(転移)いき、全身的な病気となってしまいます。
三大療法と呼ばれるがん治療(癌治療)のうち、外科療法放射線療法は局所的な癌(がん)の治療には非常に強力なのですが、全身病を治すということからすると化学療法は最適ながん治療法(癌治療法)です。
化学療法の効果のほどは、現段階では癌(がん)の性質や病期によって異なります。たとえば急性骨髄性白血病・悪性リンパ腫・小児悪性腫瘍などは効果が非常に高く、乳癌・卵巣癌・肺小細胞癌などでは症状の緩和が期待できます。しかし甲状腺癌・大腸癌・腎臓癌・肝臓癌・膵臓癌などは化学療法単独ではあまり効果を期待する事が出来ません。こういった場合には化学療法と外科療法放射線療法などを組み合わせて治療を行う「集学的治療」が適しています。

■ 化学療法の役割は2つある

化学療法における抗がん剤(抗癌剤)はあらゆる癌(がん)の治療に用いられますが、特に次のよう場合に使用され、効力を発揮します。
@術前・術後の補助化学療法
外科療法放射線療法の前後に、全身に転移している可能性のある場合等、その病巣を根絶して治癒力を向上させるために用いられます。
A全身的な癌(がん)の治療
最初から全身的に発病する白血病等の癌(がん)に使用されます。また、外科療法放射線療法のあとに再発して全身に広がった進行癌(がん)にも使われます。進行がんで抗がん剤(抗癌剤)が十分に有効で、その副作用が治療できると判断された方法が@の術前、術後の補助化学療法として用いられます。

「新薬の誕生には10年以上かかる」
最初の抗がん剤(抗癌剤)が発見された1930年代以来、約60年の間に、60種類以上の新薬が開発され、現在治療に用いられています。抗がん剤(抗癌剤)は科学的な手法で合成した物質や、植物の成分、最近の培養液等多くの資源から発見されます。
新しい抗がん剤(抗癌剤)が発見されると、人の癌細胞(がん細胞)や人の癌細胞(がん細胞)を植え付けられた動物に対しての有効性が研究され、次にその副作用が研究されます。さらに十分な効果と、人が耐えられるかどうかその副作用はどの程度なのかなどが判断された後に、実際のがん治療(癌治療)における有効性を知るために欠かせない臨床の研究へと進むのです。
人での臨床研究では、まず、副作用、血中濃度、有効性などの研究(第一相研究)が行われます。このとき、安全な投与量が決定されます。次にこの安全な投与量を用いて、薬の有効性と副作用が研究されます(第二相研究)。以上の結果から市販する価値を認められた薬のみが広く治療に用いられます。一般に新薬の発見から市販までに10年以上かかるといわれるほど、長い慎重な研究を経て新しい抗がん剤(抗癌剤)が誕生するのです。
これらの抗がん剤(抗癌剤)のそれぞれの長所を活かし、いくつか組み合わせて併用する事で、手術が不可能な進行癌も治療できるようになりました。これからも新薬の開発とあわせて、併用療法の研究が重要になります。

■ 副作用について

「避けられない、副作用」
抗がん剤(抗癌剤)には癌細胞(がん細胞)を破壊するだけでなく、正常な細胞も損傷させてしまうという作用(=副作用)があります。現在用いられている抗がん剤(抗癌剤)は、癌細胞(がん細胞)だけに作用して、正常な組織には作用しないという選択毒性はありません。この選択毒性をなるべく高める為の研究は現在も行われています。しかし、今のところ副作用の無い抗がん剤(抗癌剤)はありません。副作用を防止するための決定的な方法も無いというのが現状です。

「副作用は治療できる」
抗がん剤(抗癌剤)の主な作用には多種多様なものがあり、抗がん剤(抗癌剤)の副作用も様々です。実際の治療では、患者が副作用に十分に耐える事が出来、そして十分効果的に癌細胞(がん細胞)を破壊できる抗がん剤(抗癌剤)を医師が選択し利用しています。また近年では副作用の異なる複数の抗がん剤(抗癌剤)を同時に用いて副作用を分散させ、癌(がん)に対する効果も増強させる多剤併用療法が行われています。この療法では全ての副作用が軽くすみ、軽い副作用なら副作用防止剤でコントロールできます。その他免疫療法などと組み合わせて、体内の免疫力を高め抗がん剤(抗癌剤)の副作用を少なくしながらも、抗がん剤(抗癌剤)の効果を高めるという方法も用いられています。

※参考資料・・・・「癌(がん)の早期発見と治療の手引き(小学館)」

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック - 自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療)
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | がん治療の三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ