癌治療(がん治療)の不安・悩みを克服
特集:最先端の免疫療法(免疫細胞療法)

ガン患者の集い

代替療法について

代替療法とはなにか?
代替医療とは、現代西洋医学が切り捨ててきたすべての治療法を指します。
代替医療には、以下のようにさまざまな治療法があります。

@伝統医学
漢方薬・鍼灸・気功・ホメオパシー・アーユルヴェーダ(インド医学)・チベット医学・ユナニ(ギリシャ医学)・自然療法・温泉療法…
A整体療法
マッサージ・指圧・柔道整復・カイロプラクティック・オステオパシー・リフレクソロジー…
B食物療法
ライフスタイル改善療法・食事療法・ハーブ・アロマテラピー・健康補助食品・機能水・ビタミン・ミネラル…
C心身療法
精神療法・心理療法・催眠療法・バイオフィードバック・瞑想・カウンセリング・サポート療法・芸術療法・音楽療法…
Dそのほかの療法
磁気療法・気功・ヨガ・エネルギー療法…

これらにほぼ共通する発想こそが「自然治癒力」です。
自然治癒力とは、人間に備わる治癒力でからだのバランスを取ったり、足りないものを補ったりすることで免疫力を最大限に引き出し、病気を治すことです。
また自然治癒力とは何かと突き詰めていけば、答えとなるキーワードには「免疫」が考えられます。
病気を治そう、異物と戦おうとする体内の一般的な機能を通常、免疫機能と呼び、さらにこの免疫機能を利用した免疫療法は現在、代替療法だけではなく医学にも応用されています。

一般的な代替療法は、原因がはっきりしないケースや病人にあまり体力が残っていないなどの症例の治療として用いられ、多くの方にその効果を発揮します。
特に、伝統医学では、からだをひとつのつながったものとして全体の調和を重視することが治療の基本であると強調してきました。からだの守備カを高める=治癒力・回復力を高めるということは、すべての病気に対して成果の大小はありますが必ずプラスになるといえます。

現代病などは、元々の原因が食生活などにあることが多く、医食同源という考えのある東洋医学的な治療法・代替療法が思いのほか効果的である場合が多いといえます。
ホルモンや自律神経などのバランスが崩れることで起こる病気にも、バランスをとることを得意とする代替療法が向いている場合が多いといえます。

すでにアメリカにおいては、ガンなどの現代病治療の現場では、現代西洋医学が弱点としている部分を代替医療によってカバーする「統合医療」の試みが行われ、大いに成果を挙げています。しかし、日本の医師教育の現場では、いまだにかえりみられることはありませんでした。

医師免許取得の国家試験では、西洋医学以外の出題はなく、保険適用になって久しい漢方薬でさえも最近まで試験問題に出なかったのが実情です。
試験に出ないものは勉強しない、学校で教えてもらわなかったから知らない……このような代替医療への認識が低い医師が少なくありません。
また、残念なことに日本の保険医療制度では現代西洋医学を中心に認められてきた経緯から、代替医療には同制度が適用されず実費での負担増が問題となっているようです。

当サイトは提携医療機関からの賛助金で運営されています。
免疫療法専門の日比谷内幸町クリニック - 自分の血液で副作用なく癌治療(がん治療)
日比谷内幸町クリニックはこららのページをご覧ください。

 トップページ  | 特集:免疫療法 -  @はじめに  A免疫とは何か   B免疫療法について   C高度活性化NK細胞療法 |
 癌(がん)と向き合う  | がん治療の三大療法 | 代替療法について  | 掲示板  |  こころの手紙 | 当サイトについて |  お問合せ